ブラジルW杯代表メンバー決定

GK: 川島・西川・権田
DF: 今野・伊野波・長友・森重・内田・吉田・酒井宏・酒井高
MF: 遠藤・長谷部・青山敏・山口
FW: 大久保・岡崎・本田・香川・清武・柿谷・齋藤・大迫

 以下、感想。

 伊野波の選出は意外。ザッケローニ監督が10日に広島-清水戦を見に行っていたので、塩谷を選ぶつもりかと思っていた。見に行ったのは青山敏のほうだったのか。
 伊野波は代表戦に出た時に今ひとつで、それに昨年の磐田でのパフォーマンスも良くなかった。今年の磐田の試合は全く見ていないが、選ばれたということは今年のパフォーマンスは良いのだろう。
 個人的に選んでほしかったのは鈴木大輔。理由は「俺は絶対に点をやらないぞ」という面構えをしているから。鈴木大は4年後に期待しよう。なお面構えと言う意味では、伊野波のほうが吉田や今野よりよっぽど良い。

 駒野の落選は順当だが好きな選手なので残念。
 細貝の落選は一番意外だった。彼は勝っている時のクローズ役として、W杯のキーマンになると思っていた。ザッケローニ監督は、攻撃的な選手を選んだ、と言っている。細貝か大久保かという選択があったのだろう。
 細貝が代表のピッチにいた時はボールの動きが滞っていた。ボランチの三番手にしては信頼が無かったか。

 乾は仕方ない。クラブで試合に出ていないし。
 ハーフナーマイクはとにかく残念。日本代表選手達がマイクの高さを利用しようとしてこなかった。なぜあれほどかたくなだったのか。
 清武はクラブで不調らしく危惧していたが選ばれた。監督の信頼が厚いということだ。
 憲剛がいないから、本田にもしものことがあったら香川トップ下でいくのだろう。大迫トップ下もあり得る。

 最後に大久保。サプライズがあって、マスコミも嬉しかっただろう。
 大久保をこれまで呼ばなかったことについて、監督は彼以外の選手を成長させることが大切と考えてきた、と語っている。一般論としては若い選手の方が伸びしろがある。しかし大久保が川崎Fに来てからの一年半、彼以外の選手以上に大久保が成長していた。ベテランの成長のほうが早い、ということもあるのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック