柏1-0新潟 好勝負の最後は鈴木大輔

 柏は代表候補の鈴木大と工藤が、新潟は川又がいる。代表選考前の最後の試合でアピールは出来たのか。
 そんなのはどうでもいい。
 選ぶのが自分なら個々のアピール云々にも意味があるが、選ぶのは自分ではなくザッケローニ監督だし。
 私が見たのは個々の選手ではなく、柏-新潟戦だ。

 試合開始から激しいボールの奪い合いになった。中盤でのつぶしが激しく、なかなかシュートに至らない。なかでも目立っていたのは新潟のレオシルバで、ボールを奪っては攻撃に参加していた。一家に一台レオシルバ(by宮沢ミシェル)。
 形勢はやや新潟有利。シュートの少ない展開ながら、川又や成岡の決定機があった。しかし惜しくも入らず。

 後半、しだいに展開は柏優位に変化してきた。新潟のボランチに自由にさせないよう修正したという。どんな修正か自分の目にはわからず。
 得点は73分。田中順也の右からのフリーキック。ゴール右上隅を襲ったシュートはポストに弾かれたが、ボールがこぼれたところにいたのは鈴木大輔。右足で押し込んだ。

 その後も鈴木大は守備で活躍。川又らの攻撃を防ぎ続けた。彼にしてみれば古巣との対決で期するものがあっただろう。
 柏が守り切り、1-0の勝利。見応えのある好勝負だった。柏は4位、新潟は8位。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック