G大阪3-0徳島 順当なのだろう

 G大阪は宇佐美が初先発。やっと点の取れるフォワードが帰ってきた。
 試合は守る徳島のゴールをG大阪が攻めきれない展開が続いた。決してG大阪にとって簡単な試合ではなかった。
 しかし37分、藤春のクロスに宇佐美が飛び込む。相手に当たるなどして綺麗なゴールではなかったが、先制点はG大阪。

 後半開始から徳島は小暮に代えてアレックス。しかし守らざるを得ない徳島の状況は変わらない。62分、コーナーキックからあわやの場面もあったが、東口がセーブして同点には追いつけない。
 すると75分。ペナルティエリア内で囲まれた二川が阿部にパスして阿部がそのままゴール。2-0と突き放した。
 93分には、途中出場の倉田が左サイドからファーサイドに綺麗なシュートを決めて3-0。終わってみればG大阪が圧勝したかのようなスコアになった。

 惜しい場面もあったが徳島はシュート3本。この結果は順当なのだろう。徳島は厳しい。書くのが辛くなってきた。
 一方のG大阪は宇佐美がいることで他の攻撃手も生きた。反転攻勢がようやくはじまりそうである。中断前にあと二試合しかないのが残念だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック