日本4-2ニュージーランド こんな微妙な代表は初めて

 試合前に何を思っていたかと言うと
 過大な期待はしないでおこうと
 ザッケローニ監督も言っていたけれども
 シーズン開始直後の日本代表というのはまともに体が動かなくて
 週の合間だから海外から来た選手もろくな動きができないのが普通で
 だから3月の代表戦にあまりいい思い出はないから
 大したことにはならないだろうと想像していたわけで

 それがパカパカと4点取ったから驚いた
 岡崎好調だね9得点伊達じゃないねなんで二桁手前で止まってるのかね
 香川PK自分で蹴ってそんなに点を欲しかったか
 本田何アシストだ
 森重も攻撃でアピールしなくていいからなどと
 長友カピタンも何かほめないといかんのかねと

 前半20分過ぎまでだね
 それから何だか違うゲームになった
 試合前の予想からしたらそこから先のほうがイメージに近い
 大したことにはならない代表になった

 ニュージーランドが日本の動きに慣れたのと
 クラブでレギュラーじゃない本田や香川とかのスタミナとか
 欧州から来た人たちの時差ボケとかJリーグの人たちのコンディション不足とか
 4点取ってどっかが弛緩してしまったんじゃないかと
 ああ、2失点目の森重はなんだか情けなかった
 点を取ったのがチャラになったからそこは猛省しよう

 このニュージーランドは仮想ギリシャなんだそうで
 だからギリシャにもきっと勝てるよ
 開始17分で4点取れれば
 2点くらいギリシャに取られるかもしれないけど、へーきへーき

 それにしてもこんな素直に喜べない笑えない怒れない悲しめない
 微妙な代表は初めてだな

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック