日本3-1ガーナ(生観戦) ホームで勝ってハッピー

 関東から夏は去りつつあるのだが、夏のほうでは去り難くも思っているらしい。曇りで気温は高くないが湿度は高い。横浜国際競技場は蒸し蒸しだった。
 横国をバックに記念写真を撮る女の子を複数見かけた。Jリーグでは見かけない光景で、代表戦なのだな、と改めて思った。長い階段を上って私の席はカテ2バックスタンド2階席アウェー側、目の前にはペナルティエリアライン。座ってキリン一番搾りを飲んでいたらほどなくして代表選手らの練習が始まった。

 日本
GK: 川島、DF: 内田・長友・今野・吉田、MF: 本田・遠藤・清武・長谷部・香川、FW: 柿谷

 負傷の岡崎が清武に変わっただけのレギュラーメンバー。

 ガーナ
GK: ブライマー、DF: インコーム・キッシ ボアテング・スマイラ・ボイ・アッフル、MF: アツ・チブサー・アチェアンポング・アドマー、FW: ワリス

 報道の通り、プリンス・ボアテング、アサモア・ギャン、マイケル・エッシェンらは不在。もっとも、出る気のないレギュラーに比べたら出る気満々の控えのほうがいい試合になるかもしれない。
 殿堂入りの方々の紹介、審判の紹介やガーナ国歌、ガーナ来賓の紹介などで拍手。観客は親善試合にいちいち親善していた。

 試合開始。

 代表戦なので悲鳴や歓声が入る。ちょっとしたチャンスやピンチでキャーだのヤメテーだの。
 ガーナはアフリカ三次予選を戦って日本に来て二日後という。当然コンディションは良くないだろう。だからボールは持たせてくれるだろう。そう思って見ていたが、実際にボールを持たせてくれた。序盤から何度も日本に好機があった。
 23分、ロングフィードが清武に。清武はこのボールをナイストラップで止めた。相手GKと一対一。しかしセーブされる。
 絶好機を逃すと痛い目に合う。24分、香川のミスパスを奪われた。ガーナのカウンター。長友がカットしたかに見えたボールは、たまたま、アチェアンポングの前へ。内田が飛び込むがシュートはその内田に当たってコースが変わりゴール左隅に吸い込まれた。ガーナ先制。

 29分、柿谷にスルーパス。柿谷は本田にボールを入れた。本田は押し込むだけだったがボールを宙へ。「あー」とため息。
 ボールを持たせていたガーナは元気が出てきた。何度か日本ゴールに迫る。44分、右サイドに侵入して中央に戻したところに長谷部がカット。あわやオウンゴール。
 二点目を取られなくて良かった。前半は0-1で終了。

 観客64545人。日産スタと違って横浜国際はずいぶん人が入る。

 後半開始時、ガーナは一人代えた。
 香川は失点の起点になった。好機がいくつかあったがキレが良くないようだ。マンチェスターUで干されている影響があるのかな、などと考えていた。それが50分、長友のゴールを受けて左サイドから横へドリブル。誰かにパスを出すのかと思ったら、そのままカットインシュート。ゴール左隅に決まった。
 私の頭の中でクルリと手の平が返った。香川偉い。

 55分、ガーナはまた一人代えた。後半、時間が経つごとにガーナの動きは鈍くなっていった。コンディションの問題はあっただろうが、人を変えるごとにパフォーマンスが落ちていったようにも見えた。普段、出ていない選手が出て連携がどんどん悪くなっていった面はなかったか。
 55分、日本は内田に代えて高徳。早い。内田は前半に警告一枚もらっていたので、ザッケローニ監督はそれを気にしたのかもしれない。

 56分、ガーナGKがボールをペナルティエリア外でキャッチ。ハンドでFKを日本に与える。球場内の空気が和んだ。本田のFKは得点に繋がらず。
 60分、本田が香川の浮き球パスにオーバーヘッド。GKセーブ。場内、「本田、かっけぇ」「かっけぇ」の声あり。
 64分、本田のヒールパスを受けた遠藤がミドルシュートを決めた。逆転。
 遠藤はこの試合、何分だったか忘れたがスライディングタックルで危機を防いだ場面があった。正直、遠藤のゴールよりも、スライディングのほうが驚いた。このところの代表は守備に批判があったので、期するものがあったのかもしれない。
 72分、日本フリーキック。珍しく本田はボールから離れペナルティエリア内に。蹴るのは遠藤。そのボールは本田の頭にぴたりと合った。日本3-1。

 二点差がついて、前半の緊張感がうすれ、場内はまったりした雰囲気に包まれた。あとは誰が出てくるのかな、などと考える余裕が出てきた。75分、柿谷に変わって大迫。
 79分、清武に代えて森重。3バックに変更。この日の3-4-3はグアテマラ戦に比べたらスムーズだったような気がする。82分、長谷部に代えて螢。この日の蛍はパスミス多し。
 85分、香川に代えて学。考えてみれば、横国は齋藤学のホームである。だが活躍するのは時間が足りない。一度ボールを持ったがガーナディフェンダーに囲まれていた。
 アディショナルタイム1分。槙野登場。高橋先生の代わりか。ほどなく試合終了。

 テレビで見ていたら勝ち方が、とか、相手のコンディションが、とか思ったかもしれない。
 だが現地にいると、とにかく勝てばいい、と思う。

 日本の勝利。満場の観客は、私を含め、幸福感満載で帰途につくことができた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック