フランス0-1日本 まさかの勝利、まさかのカウンター

 試合前に本田の怪我と前田遼離脱のニュースがあった。サッカーに怪我はつきものだが、悪い知らせだ。前でボールを収められる人間がいないから、ビルドアップに苦労するのではないか。
 試合が始まってみたら、苦労するどころか、全然攻撃が出来なかった。

 日本の先発には本田の代わりに憲剛、前田の代わりにハーフナーが入った。右サイドバックは内田ではなく酒井宏。酒井宏はガタイが良く高速クロスが武器だが、ビルドアップと守備は内田よりも難がある。この先発はどうなのかな、と思われた。
 始まってみると右サイドよりも、長友のいる左サイドのほうがメネスらの対応に苦しんで機能不全を起こしていた。
 ここでフランスの先発メンバーを記しておく。

GK:ロリス、DF:クリシー・ドゥビュシ・コシールニー・サコ、
MF:カプエ・マテュイディ・シソコ、FW:ベンゼマ・ジルー・メネス

 知っている人が少ない。監督のデシャンが一番の有名人ではないか。リベリとエブラはベンチスタート。
 出だしから日本はフランスの圧迫を受けて、最終ラインが下がりっ放しになった。中でも外でもボールが取れない。たまにボールを持っても出発点が低い上に、ボールキープ出来る人間がいないから楔が入らず押し上げが出来ない。
 ハーフナーはフランス人のディフェンダーの前にいても背が高かった。ロングボールに競り勝てなくても相手がヘディングしたボールをコントロールできなくなるので、日本はそこからセカンドボールを拾えていた。守備時にもその高さは有効だった。しかし、彼はボールを収めるのは得意ではなく、ビルドアップ時に役に立たない。期待されたヘディングシュートは前半一回きり。
 憲剛がボールを持ってもキープは難しい。パスを回そうとしてもなかなか周りが上がってこないから出しどころに苦労していた。試合勘の不足が懸念されていた長谷部は案の定テレビになかなか映らない。
 かくて日本は攻められっぱなしとなった。しかしディフェンダーばかりでなく香川や清武までも下がってフランス選手ひとりひとりをゴール前で自由にさせなかった。だから攻められている割にはフランスの決定機は少なく、31分のベンゼマのシュートが川島の手とゴール右ポストをかすめた場面と、38分ベンゼマがフリーキックをゴール右隅に放って川島がセーブした場面くらい。
 前半は0-0で済んだ。幸いに、という表現が適当だろう。

 後半、フランスはドゥビュシ、ベンゼマ、マテュイディに代えて ジャレ、ヴァルブエナ、シャントームを投入。フランスとしては親善試合であるし、デシャンも監督になってから日が浅いし、多くの選手を出しておきたいところだっただろう。
 後半もフランス優位の展開だったのだが、いくらか圧迫が緩んだ。最も恐いベンゼマがいなくなったこともあるだろう。日本もある程度ボールを持てるようになってきた。
 62分、長谷部・憲剛に代わって細貝・乾。
 細貝もレバークーゼンでそれほど試合に出てはいないのだが、長谷部よりはましか。3シャドウに乾・香川・清武のセレッソトリオが並んだ。この日の乾は良かった。香川・清武との距離感が良く危険な位置に入りこめていたし、守備時にもさぼらなかった。また、前半圧迫されていた長友は次第に積極的に上がれるようになっていった。
 サッカーは面白いもので、日本がボールを持てるようになってからのほうが、一点ものの危機は多くなった。
 68分、リベリ登場。74分、そのリベリが酒井宏と清武の間を抜いてシュート。吉田と川島で何とか防いだ。
 78分、ジルーがオーバーヘッドキック。そのボールに飛びこんだゴミスがヘディングシュートを決めた、と思われたがオフサイド。
 86分、酒井宏に代えて内田。リベリ対策か。ハーフナーに代えて高橋。ザッケローニ監督は中盤を厚くして敗北を防ごうとしたのだろうか。これでゼロトップ。
 87分、ジルーが左足一閃。川島が右手一本で防ぐ。コーナーキック、ヴァルブエナがシュート。また川島セーブ。

 そして88分。いったい何本目かのフランスコーナーキック。跳ね返したボールを今野が持って走りだした。走る。どこまでも走る。まさかの今野ドリブルカウンター。右を走っていた長友に開く。クロス。倒れ込みながら香川がシュート。
 入った。
 勝った!

 今野は攻撃センスもあるし得点能力もある。しかし、
「ジャポンのあのドリブラーは誰だい?」
と聞かれたらどう答えよう。あんな今野を見た記憶は無い。

 前半からの試合展開を見たら、まさかの勝利だった。苦労した時間が長くほめられた内容ではないが、我慢して耐えて抑えていればこんな結果になることもある。
 それにしても気分がいい。なにしろフランスホームで場所はサンドニだ。これは将来、日本がサッカー一流国に踊り出た日と記憶されるかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 本田の伝説のフリーキックをもう一度

    Excerpt: 本田の伝説のフリーキックをもう一度2010年W杯南アフリカ大会にて、日本が3-1でデンマークをくだし決勝トーナメント進出を決めた歴史的試合。試合の流れを決めた、本田圭佑選手の伝説的な無回転フリーキック.. Weblog: 映像トピックス【バックナンバー】 racked: 2012-10-15 12:02