日本1-3メキシコ 残念でした

 残念だ。
 ただ、勝てたゲームか、というとそうでもない。弱いほうが負けた。

 永井があまり役に立っていなかった。
 無理して出さなくても良かった、あるいは交代時に彼と交代するべきだった。

 一失点目。
 立ち位置がおかしい。コーナーキックは相手攻撃選手よりも少し前に出るのが理想。しかし、相手より少し後ろに立っていた。
 ファビアンのシュートはスタンディング。誰も競っていない。競られる場所に立っていない。

 二失点目は権田と扇原のミスだが、時間的余裕があったので扇原のほうが責任は重い。
 そのうち取り返してくれ。ブラジルW杯メンバーに選ばれて、ピッチに立ったら相手がメキシコ、ということがあるかもしれない。

 杉本・宇佐美・学を入れるのは良い。
 だがそれなら杉本に宇佐美に学に、どうやって点を取らせるのかを考えなければならない。東、清武、扇原。点を取らせるパスを出せる選手が、交代の度に消えていった。

 ここが通れば好機になるというところでパスミスが多かった。
 パスの精度が落ちたのも、ボールが来るところまで走れなかったのも、疲労が関係している。
 スペイン戦にピークを合わせていただろうから。
 グループリーグなら当然抜けられる。トーナメントに入った所にピークを合わせよう。そんな強豪国なら良かった。

 三位決定戦の相手は韓国。
 しょうがない。でもわざわざイギリスでやらんでもいいだろう。大分でどうか。それなら見に行ける人間が沢山いるし。釜山あたりでもいいが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック