U-23 日本1-1ニュージーランド ひどい試合

 ひどい試合を見た。
 5-0ぐらいで勝ってもおかしくない内容で、いったいなんでこんなことになるんだ。

 失点場面を何度か見なおした。
 パスを出した山村が悪い、とか、村松がボールを受けてからディフェンダーがボールを受けるべく動いていない、とか言っている人がいるようだ。
 しかし村松がボールを受けてからこねている時間が長い。ツータッチ以内でボールを離せば何も問題はなかった。これは村松のプレーだ。責任は明確。当たり前すぎて書いていて嫌になる。

 鈴木は前半、山村へのパスがカットされてあやうく失点するところだった。それ以外はそれほど問題はなかったが、要反省。
 山村は概ね問題なし。一度セットプレーでフリーのヘディングを外した。勝敗にかかわるプレーだから練習しよう。ディフェンダーだから点を取らなくてもいいという法はない。

 酒井宏。レアンドロドミンゲスはU-23にはいない。自分がどんなボールが欲しいのか、自分はどんなボールを送りたいのか、理解してもらわないといけない。時間はあまりない。
 徳永。好選手だと思ってはいたが、これほど素晴らしいとは思っていなかった。守備は盤石。ドリブルは効いているし、得点につながったミドルシュートは迫力があった。彼が素晴らしく見えたのは、周りのレベルが低いからか。

 扇原は可も不可も無し。
 蛍が良かったように見えたのは代わりに入った村松があまりにあれなことをしたからか。

 前の選手たちはたくさん好機を作り、たくさんシュートを外し、たくさんの好機をフイにした。
 なかでも清武が気になる。シュートが全然枠内に行かない。フリーキックの精度もない。今年ずっとそうなので、オリンピックはもちろんだが、ドイツで大丈夫か不安だ。
 大津は試合勘の問題でもあるのか。本番前の試合で合ってくればいいのだが。関塚監督が出してくれればの話だが。

 永井はキレキレなんだが、なぜシュートが入らないのか。
 東は良いボールを供給するのもいいが、3回に1回くらい自分で打ってみたらどうか。

 杉本はもちろん、なりそこねたヒーロー。ただ、ごっつぁんゴール以外には何も無かった。
 学は可哀想だった。ラスト10分以外使わないよと言われたようなものではないか。

 関塚監督には、学を放っておいたのはあれだが、他にはそれほど不満はない。
 攻撃を常に急ぎすぎて単調になって相手が慣れてしまう悪癖は全然治っていない。しかしそれが今さら劇的に改善することもあるまい。
 誰より誰を呼ぶべきだったという話はもちろんある。例えば大迫がいれば勝ったかもしれない。しかし詮無い。
 あとは最終チェックをしつつコンディションを上げつつ選手のモチベーションを高めてもらえればいい。
 もっとも学の起用法を見て、モチベーションコントロールが関塚氏に出来るのかなという疑問はある。


 女子のほうも何か書こうと思ったけど、ふっとんでしまった。
 うまくいったチームのほうはいいだろう。大儀見さん、遅れたけど結婚おめでとう。ABBAの「Gimme! Gimme! Gimme!」が脳内にこだまして困ったよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック