現時点でのロンドンオリンピック予想

 この予想は直近の試合の結果から、代表選手の人的変化を組みいれて考えているものだ。潜在能力の話をしているのではない。

 まず男子。
 トゥーロン国際の結果を見たら、グループリーグ最強と見られるスペインはもちろん、ホンジュラスとモロッコに勝てるかどうかも危うい。地力のあるスペインは、オーバーエイジなどを見れば日本よりも本気度が高い。このグループで一位は難しい。二位狙いとなるだろう。
 二位も危ういと言っているのだが、首尾よく二位になるとどうなるか。トーナメント初戦はグループC一位。恐らくブラジルだ。ここも初のオリンピック優勝に向けて日本より本気度が高い。
 グループリーグを抜けてベスト8なら御の字。ベスト4以上なら関塚監督は名将認定。ごめんね岡ちゃんならぬ、ごめんねセキさん、ということになる。

 次に女子。
 メンバーはほぼW杯と同じ。人的上積みはなし。W杯と比べて大儀見(旧姓永里)が日本代表にフィットしてきたことだけがW杯以降の一年間で向上した点。
 スェーデン遠征はコンディションが酷くハイプレスアメリカに大敗した。この女子代表がこのままロンドンにいったらどうなるか。グループリーグはスウェーデン・南アフリカ・カナダが相手。二位以上、ベスト8は間違いない。問題はその後のトーナメント。
 一位なら、相手はG組2位。恐らくアメリカはG組一位だから二位はフランスか。北朝鮮の可能性もある。
 二位なら、相手はE組2位。たぶんイングランド(W杯で日本が唯一負けた相手)。ブラジルの可能性もある。
 このベスト8で負けるかもしれない。ここは抜けてもベスト4も大変。アメリカには別の山に行ってほしいが、スェーデン遠征の日本ならアメリカに当たった所で終了。金メダルなどとてもとても。
 日本のコンディションがどれだけ本番トーナメントまでに上げられるか。スェーデン遠征でアメリカが日本に対して行ったハイプレスに、日本がどう対応できるか。それが鍵になる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック