オーストラリア1-1日本 腹立たしき審判と、

 中東には、まっとうな審判はいないのか?
 日本にとってもオーストラリアにとっても酷いものだった。

 さて、
 勝てる試合だった。
 いや、負けそうな試合だったか。どちらに転ぶか難しかった。

 前半開始後しばらくはオーストラリアが圧倒した。
 ホームでもあり、オマーン帰りでもあり、早いうちに点を取っておきたいという心理はあっただろう。
 前半途中から案の定オーストラリアはラッシュがかけられなくなっていた。この前半を0点で乗り切ったのは幸運もあった。日本にこの段階では運が味方していた。

 ミリガンの警告二枚は、審判の基準としてあり得るものだ。天秤は日本に傾いた。流れが日本に来た。
 本田のサイド突破から栗原のゴールは素晴らしいものだった。

 審判は前半からチャージに対して細かく取るところがあって、会場の不満を受けていたようだ。そして会場のプレッシャーを浴びた主審は審判基準がどんどんずれていく。
 内田のプレーは、微視的にはファウルを取られてもしかたがない。だが大抵は見逃す。微視的には、とは、誰か日本がファウルをしないかという目で見られたら、引っかかるという意味だ。
 最近ネット上では反内田の人が湧いているので厄介だな、と思った。内田はそういうのを気にする人ではないと思うが。
 内田→酒井宏への交替は妥当だ。懲罰ではなく、落ちつけということだろう。

 同点になって、オーストラリアが元気になってしまった。
 ロングボール対策が日本はしっかりしていた。結果としてどうにか抑えた。
 荒れたピッチで日本はゴール前でのパスワークがいまひとつになり、何度か好機をフイにした。しかしオーストラリアもまた、なんで外すのかというシュートがいくつかあった。日本にだけピッチの悪影響が響いたわけではない。
 なんでラグビーの試合直後のピッチを使うのだろう。オーストラリアのサッカーの立場がここに垣間見える。

 酒井宏は上がってもまだ内田ほど信頼がなくてボールを出してもらえないことがあった。それから上がった後に戻るのが遅いことがある。このあたりは経験が必要だろう。次のイラク戦で内田は出られない。練習で連携を深めてもらいたい。
 栗原と今野も次戦は出られない。9月だから麻也は回復している。麻也・伊野波でいくのだろう。

 それにしてもなんで最後にフリーキックを蹴らせないのかね。それならボールをセットする前、ファウルの直後で笛を吹いたらどうかね。
 サウジアラビアは最終予選に出て来れなかった。プレーヤーの質が下がれば審判の質も下がるのだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック