スウェーデン女子0-1日本女子  収穫があったか

 スウェーデンはオリンピックのグループリーグで戦う相手になる。日本代表はレギュラーの多くを引っ込め、あるいはポジションを変更して先発メンバーを組んだ。手の内をいくつか隠したということだろう。

・W杯レギュラーでポジションも同一
 鮫島サイドバック、熊谷センターバック、永里フォワード
・W杯レギュラーでポジション変更
 宮間ボランチ、安藤二列目
・W杯非レギュラー
 福元ゴールキーパー、有吉サイドバック、明日菜センターバック、上尾野辺二列目、高瀬ボランチ、大瀧フォワード

 田中明日菜は代表ではボランチが多く、高瀬は本来フォワードの選手。代表生き残り、あるいは複数ポジションの適性があるか。オリンピック前に最後の試合で、最後のテストとなった。

 日本はかなり守備が危うかった。ただ、前半の危うさと後半の危うさは少し質が違う。前半はディフェンスで入れ替わられたり、裏を狙われたりした時に、不慣れあるいは不用意なプレーで危機を招いていた。
 後半はディフェンスをすること自体に慣れては来たが、一点ビハインドのスウェーデンに圧迫されて押し込まれ危機を作られていた。
 どちらにしても、相手のシュート精度の不足に助けられて、どうにかこうにか無失点で済んだ。
 スウェーデンがアメリカのように厳しいプレスに来なかったので、そこは助かった。私個人としてはスウェーデンにも厳しく来ていただいて、欠点と対策をあぶり出してほしかったところだが。

 日本の動きはアメリカ戦よりはましという程度で鈍かった。ただ、永里だけは別で、安藤のスルーパスにオフサイドぎりぎりで飛び出し、ボールをしっかりコントロールして右隅にシュート。
 他の日本選手の動きが重そうなだけに、今これほど調子が良くていいのかと不安になるほどだ。

 W杯非レギュラー選手の出来はどうだったか。
 福元は安心して見ていられた。ロンドンではこちらがピッチにいる可能性もある。
 明日菜は最初は不安定だったが、センターバックでもそこそこ出来るだろうという目処はついた。有吉も戻りが遅かったきらいはあるが、良しとしよう。高瀬はなにか迷っている風だった。上尾野辺と大瀧はあまりこれといったプレーが無かったように記憶する。途中出場の丸山は、この試合でも見せ場がほとんどなかった。
 ここではっきりしたものが無かった選手は、18人の中に入るのはつらいかもしれない。ただし、これからですよと監督も言っていたので、まだ決定ではないのだろう。

 勝ったのは良しとして、アルガルベ杯からの積み上げは感じられなかった。
 本番ではコンディションを合わせてくるだろうから、違う日本女子代表が見られるだろう。そこに期待する。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック