日本2-0アゼルバイジャン 良い調整試合

 最終予選への調整が主体の試合と見なされていたようだが、思っていたよりも有益なゲームだった。まずアゼルバイジャンがわりと手強い相手だったことがある。一人一人のモチベーションが高くて、ゴール前では何度も体を投げ出していた。彼らは彼らで日本相手に期するものがあったのだろう。有名な選手はいないが、フォクツは規律あるチームを作っていた。
 そして日本側には、収穫と反省点が見えてきた。

 川島・長友・内田・長谷部・本田・岡崎・香川といったレギュラーは連携もよいし、彼ららしいプレーを見せてくれた。出場時間内ではコンディションにも問題無いように見えた。
 栗原・伊野波・細貝もスムーズに試合に入っていた。遠藤がいないために緩急がうまく使えなかったが、それはいたしかたない。ただ、栗原は一度オズカラに振り切られていた。これは相手がスピードに乗る前に潰さないといけない。
 森本は……持ってない。普通の表現を使うと、運がない。代わりに出た前田遼が点こそ取らなかったものの繋ぎやポストでいい働きをしていたのでなおさらそう感じる。重傷でないことを祈る。

 宮市は噂通りのスプリント力を見せていた。前へ行ってクロス、の他に切れ込むプレーが見られればもっと良かった。
 酒井宏は柏で見る通りの正確なクロスを披露した。本田あたりと連携が深まればさらにいいプレーが出来るだろう。
 高橋秀はマークしていた相手を離して危うく失点という場面があった。出しどころを探してボールを奪われたこともあった。及第点とは言い難い。

 香川の先制点。本田の繋ぎと長谷部のスルーパス。相手が香川なら飛びこんではいけない。動画でよく見た切り返し。サイドネットを狙ってサイドネットに突き刺せるシュートの正確性。
 二点目は岡崎。香川のクロス、本田の落とし、そして岡崎らしい、全然格好良くないシュート。勝負としてはここでほぼ決まった。
 もっと点が取れるかとも思ったが、調整試合である。そう贅沢は言えまい。

 キャプテンマークは長谷部、本田、岡崎と渡った。ふむ、最後に巻いた人がキリンの看板を受け取るのか。岡崎がやると違和感があるな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック