U-23 日本2-0バーレーン 関塚監督の話

 私は関塚監督を、Jリーグでもっとも成功した日本人監督だと思っている。
 J2にいたクラブをJ1で優勝争いをするまでに育て上げた。これは岡田監督でも小林監督でも出来なかったことだ。この点で関塚監督を越える実績を持つのは、J2にいた柏をJ1で優勝させたネルシーニョ監督しかいない。
 オリンピック代表監督の関塚氏を批判する人がいるのはわかる。しかし、川崎F監督時代の関塚氏の実績まで否定する人がいるのは理解できない。
「憲剛とかの個人の力に頼ってただけだろ」
 その個人能力は関塚監督抜きで開花したものなのか?

 川崎F時代の関塚監督は、特異な戦術を駆使する監督ではなかった。
 オシム・ミシャ・大木、強固な哲学と特異な戦術を駆使する監督がJリーグにはいたし、現在もいる。そんな監督の率いるチームは選手の名をあげなくても、どんなサッカーをしているのか説明できる。それは掛け算のサッカーだ。はまれば選手個々の力以上のものを集団として発揮することが出来る。
 関塚監督のサッカーは違う。川崎F時代のサッカーを思い出してみよう。
 箕輪・周平・伊藤の山脈トリオがハイボールを跳ね返し、右サイドを勇介が駆け上がり、憲剛がタクトを振るい、谷口が唐突にゴール前に現れ、ジュニーニョが爆走し、我那覇が泥臭くボールを押し込む。
 個人名を並べただけで説明が終わってしまう。戦術と連携による掛け算というよりも、個々の能力の足し算で成り立っていたチームだ。
 個々の能力の足し算であれば、個々の能力が高くなければ勝てない。関塚氏が就任した時、川崎FはJ2にあり、選手個々の力も当時はそれなりではなかったかと想像される。それがJ1で優勝を争うまでに成長した。関塚氏はクラブの中で個々の選手の力を引き上げることに長けた監督だと言えるのではないか。

 そうした監督がセレクト型の代表監督をするのは難しかったかもしれない。選手の力を引き上げている時間が無いからだ。
 例えば清武が呼べれば点が入るが、いないとなかなか入らない。呼んだ選手に結果が依存してしまう傾向は否めない。
 ホーム・アウェイのシリア戦ではともに、慌てて攻めては逆襲を食らう場面が目立った。ボールを落ち着かせるべきときにスローダウンさせる、そんな当たり前の戦術を浸透させるのに時間がかかった。戦術に長けた監督ではない所以だろう。

 それなら関塚監督の長所は発揮されなかったのか。
 マレーシア戦、このバーレーン戦を経て、ようやくそれは見えてきた。
 例えば比嘉。彼はテクニックに秀でた選手ではない。しかし、上下動を繰り返し、時には敵のシュートを体で防ぎ、先制点の起点にもなった。この代表にいる間に成長したのではないか。
 例えば山口螢。献身的な「潰し」は何度もこの代表の危機を救ってきた。それはセレッソよりもこの代表のタスクの中で培われたものではないか。

 紆余曲折を経て選手個々の成長もあって、オリンピック出場権を得ることが出来た。
 ひとつ不安がある。下手にオーバーエージ枠を使うと、このチームがリセットされてしまうのではないかということだ。
 私としてはOA枠に関塚監督のサッカーを良く知る人物が選ばれることを望んでいる。

 その名前を、特にここで書き記す必要はないだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック