U-22 日本2-1シリア ここでも遠藤が足りない

 遠藤が、と言ったのは、ゲストの岡田氏であったか。

 前半終了近くになって、日本は濱田のヘディングシュートにより先制した。
 かするようなヘディングはシリアゴールキーパーの逆を衝いた。あれがどこまで意図的に方向をコントロールしたのか聞いてみたいものだ。

 後半勝っていたのは日本だが、オープンな展開になってしまった。オープンな展開、とは殴り合いのことだ。
 日本はボールを持つとまっすぐに相手ゴールに向かってしまう。
 シリアはボールを持つとまっすぐに日本ゴールに向かってくる。
 勝っているのだから、落ち着いて回せばいい。だが、スローダウンさせる選手がいない。
 遠藤が足りない。

 遠藤がいなくてもチームとしてやり方はある。
 ポゼッションしつつ時計を進める鹿島的な方法。
 前が詰まったら平気で後ろに戻す仙台的な方法。
 だが、このU-22代表は、ただ前へ前へと進んで逆襲を浴びた。

 試合後、試合運びのことよりも、失点場面の反省のほうを指揮官や選手達は口にしたようだ。

 この試合を「負ける流れ」と言ったのは長谷川解説者だったか。
 その流れを、試合後になっても読めていなかったのか。

 この代表は危うい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック