ウズベキスタン1-1日本 全然良くないが悪くない

 よもやの阿部スタメン。監督には監督の考えがあるのだろうが、せめて阿部ボランチの練習をある程度やってから実行してくれないだろうか。 
 狙いは長谷部をトップ下にして本田の代わりにすることだったらしい。らしい、というのは全然代わりになっていなかったからだ。
 阿部を入れた理由としてもうひとつ、守備を固めて失点を防ぐぞ、というメッセージがあるだろう。ザッケローニ監督は時々こういうことをする。アジア杯の韓国戦、勝っているから守備的采配。今回はアウェーだから守備的采配か。だが、そうしたものはなかなかうまくいかない。ザッケローニ采配の中でうまくいかない数少ないパターンだ。

 日本は誰が誰を見る、という点に混乱が見られた。
 失点はフリーだったジェパロフの前にたまたまボールがこぼれてきたことが原因。ボールがこぼれてきたのは偶然で事故的失点ではあるが、ジェパロフがフリーだったのはたまたまではない。マークの混乱があった。
 川島の反応が遅かった。ゴール裏からの映像が無かったからわからないが、シュートの瞬間が見えなかったか。
 マークの混乱は前半ずっと続いたようだ。ゲインリヒがしばしばフリーになっていて日本は苦しんだ。

 ウズベキスタンの深くて柔らかくて凹凸の激しい芝にも日本は苦しんだ。しかし、ホームのウズベキスタンは苦しんでいなかった。普通に走って、シンプルにパスし、普通にドリブルしていた。いつ2点目が入れられるかひやひやものだった。しかし、シュートが不正確。踏み込んで打つ動作にはホームのウズベキスタンでも芝の影響があったのではないか。
 日本は左サイド駒野を起点に何度か好機を作った。その後、監督から右サイドを使えと指示があったらしい。内田が攻撃に参加するようになった。
 岡崎が誰にも触っていないのに倒れた場面。シミュレーションが取られなくて良かった。あれはわざと倒れたかそれとも単に足を取られて転んだだけか。
 前半終了間際、李が裏へ抜けてシュート。打つ瞬間、軸が斜めだな、と思った。それも足場の影響があったかもしれない。シュートはポストを叩いた。

 後半、阿部に替えて清武。通常の遠藤・長谷部ボランチ。今度は香川がトップ下に回った。ここから日本の攻撃がスムーズになった。
 この布陣がやはり良い、という評判だが、ウズベキスタンに川島と1対1の絶好機を二度作られてしまったのはこの後半だ。攻撃はうまく回ったが、守勢の時、一人が抜かれるともう川島しかいない状況になっていた。もちろん1点先行されているのだからリスク覚悟は当然ではある。
 ヘディングなら芝の影響は少ない。右サイド内田のクロスから岡崎ヘッドでゴール。ザッケローニ監督の右サイドを使えという指示が生きた。

 同点後ハーフナーマイク登場。彼は目立つから、当然ディフェンダーは警戒する。警戒される、というだけでもマイクは役に立っている。相手の攻撃がそのぶん鈍くなるからだ。
 後半30分台にウズベキスタンは二人交替。ウズベキスタンがそこから盛り返してきた。引き分けで済んだのは川島のセーブのおかげ。
 後半37分、駒野に替えて槙野。はて意図がわからんと思ったが、ベンチに戻る駒野の顔色が変だった。消耗は明らか。

 そのまま同点で終了。勝てたかもしれない試合だが、負けた可能性のほうが高かった気がする。
 全然良くない試合だったが、勝ち点1は悪くない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック