U-22 日本2-0マレーシア いらいらした試合

 この試合を報じたマスコミの中に、マレーシア相手に快勝、的な見出しをつけたところがあった。勝てばなんでもいいと能天気なのか、締め切り時間が迫っているから東の得点直後に記事を書きあげてしまったのか、あるいは私と違うゲームを見ていたのか。
 攻め続けていたのになかなか点が入らず、いらいらした試合だった。

 場所は鳥栖。Jリーグ開催時は、ベストアメニティスタジアム、略称ベアスタと呼ばれている。立地、スタンドともに良いと噂には聞いていたが、評判にたがわず。テレビで見ただけで行ってみたくなるスタジアムだ。
 良いプレーのたびに、「おー」という感嘆の声が入り、音響もなかなか。

 さて、清武。
 この年代では一歩抜けた存在になってしまった。清武がいなければあれだけ好機が作れたのか。もちろん彼が決めていればもっと楽に勝てたし、これほどいらいらすることもなかった。つまり依存度が高い。
 これは清武にとってもよくない。チーム・A代表・U-22と、過重労働が続けばどうしても壊れる。足を痛めた時には冷や汗が出た。シュートが決まらなかったのも、連戦でキレがなくなっていたからだろう。
 清武はもうU-22に呼ぶべきではない。彼抜きでも予選を勝ち抜けるようにしなければならない。それはできるだろう?

 ところで大分出身の清武。会場が鳥栖なので地元九州でプレーと言われていたが、彼の心情としてはどうなのだろう。宮城県出身者が青森でプレーしたら地元と思うか? 茨城県出身者が群馬でプレーしたら地元か? それは違うんじゃないか?

 攻めながらシュートが入らない攻撃に対して、守備は良かった。左サイドの酒井高を除いて。いや、酒井高が対応したザカリヤが良かったというべきか。ザカリヤ、どこかJチームが呼ばないだろうか。
 中央の鈴木・濱田は危なげがなかった。
 セレッソの扇原が山村とボランチを組んだが、行く所戻る所の判断が良かった。清武らとの相性も良さそうだ。

 攻めあぐねたのはマレーシアのブロックがきっちり二列で前後サンドも効いていたため。どこぞのJチームのブロックよりよっぽどいい。もっとも守ることに専念せざるを得ないほど日本に押されていたのだが。

 つまり、日本が強いからこそ、いらついたのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック