U-22 クウェート2-1日本 貴重といえば貴重な経験

 最終予選進出を決めた成功体験と同時に、逆転負けを喫した失敗体験を得た。なかなか貴重な経験だったのではないか。
 クウェートの暑さが問題だったが、その暑さでもある程度動けた選手、動けなかった選手、その前に体調を崩した選手がそれぞれいたようだ。動けた選手は今後も中東との対戦で戦力になるだろうし、動けなかった選手は反省して次回は動けるようにしてほしい。
 動けない順に交替するなら真っ先に替えるのは永井かと思ったが、最後までピッチにいた。監督の信頼が厚いんだろう。

 このU-22はやはり守備がよろしくない。一点目はボールウォッチャーだった。失点後、「お前が行くんだろ」「いやお前が」みたいな雰囲気だった。
 二点目は鈴木大のポカ。あそこでトラップするのもいいけれども、それなら後ろのナセルを抑えながらボールコントロールする技術を身につけてほしい。身につかないならセーフティーに蹴りだすしかない。その判断があの暑さの中でも出来るようになればいい。

 あとはJリーグでの経験だ。濱田も鈴木大も、特に濱田はレギュラーで出た試合が少ない。就職に失敗してJリーガーになるとかいう有力なディフェンダーが明大にいるそうだ。U-22のレギュラーを奪われないためには、Jリーグでレギュラーになって研鑽を積むことだ。

 日本代表が決定力がないのは毎度のことなので、そっちをどうこう言うつもりはない。でも東はつくづく運を持っていない。貯めた運をロンドンの準決勝あたりでドンと吐き出す、ということがあるかもしれないから今後に期待しよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック