本田のMVPについて

 出遅れの感はあるが本田のアジア杯MVPについて。
 候補の選出は決勝の前であり、ベスト4各チーム1名ずつが候補となっていた。準決勝の前後で候補を決め、優勝チームを見て決定した、と考えるのが自然だろう。
 本田自身は、自分でいいのか、と話していたようだ。遠藤のほうがふさわしいという意味のことも言っていた。また、優勝という結果には満足しているが、自分自身のプレーには満足していなかったとも言っている。

 このアジア杯、本田の調子はよくなかった。パスミスが多かった。危険な位置に入っていってシュートを放つという彼のやりたそうなプレーもなかなか見られなかった。
 プレースキッカーはフリーキックとピッチ上での調子がほとんど連動している。俊輔もロナウジーニョも、ピッチ上で調子が悪そうな時はフリーキックが枠に行かない。本田はどうだったか。枠に行かないフリーキックが多かった。
 どこか痛んでいたのかもしれないし、単にコンディションが悪かったのかもしれない。

 ならば本田は役に立っていなかったのか。とんでもない。
 例えば走り回っての守備。さっきまでゴール前にいたと思ったらいつの間にかバイタルエリアでボールをクリアしている。あるいはそのキープ力。苦しい時間帯に本田が3秒間ボールを持っているだけで、どれだけ後ろが助かったか。

 今回の日本代表をコンダクト(指揮)していたのは明らかに遠藤だった。ペースを速め、あるいは整え、敵の弱点を見切ってそこを突き、時には自ら切り込んで決定機を作った。
 長友も川島も重要な仕事をしたが、グループリーグの初戦から調子が良かったわけではない。失点につながるミスもあった。そうした意味では本田の言った通り、MVPに最もふさわしかったのは遠藤かもしれない。

 しかし、MVPに選ばれたのは本田だ。なぜか。
 本田は目立つのだ。
 ドリブルしてもキープしてもシュートしても、パスがミスになっても、とにかく目立つのである。

 そうしたわけで。
 本田MVPでいいのではないの、と私も思うのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック