韓国0-0日本 東アジアの日の出

 日本サッカー界で、韓国はこれまで忌々しい隣国だった。
 だがその隣国との対戦を見て、この両国、東アジアは、これからとんでもないことになっていくかもしれないと感じた。

 韓国がラッシュをかけるが、日本がいなす。
 日本がボールを持つが、韓国が決定機を作らせない。
 韓国が押し込むが、日本が跳ね返す。
 互いに打ち合う。

 試合はこうした経緯を辿った。テクニックで日本は上回り、韓国はフィジカルで上回った。それだけを取ればこれまでの両国の対戦と同じに見える。
 しかし、ワンプレーワンプレーのレベルが確かに上がっている。
 ディフェンスの集中は切れず、だからこそスーパーなシュートでなければ入らないという状況で、本田の優れたミドルシュートだの韓国の高さだのがゴールを脅かしたのだが、それがまた素晴らしいディフェンスで入らない。

 特に驚いたのは終盤だ。日本は走りつかれて間延びし集中が切れる。韓国は足を攣らせて階段状にレベルが落ちていく。両国ではそんな試合がこれまで多かったが、この試合では走力も集中も最後まで切れなかった。

 日本に関して言うなら、岡田監督時の守備意識が、さらに発展したと言えるだろう。恐らくはポジショニングの改善によって、無駄な体力消耗が防げた。同時に、最後までコンパクトにとザッケローニ監督が意識付けしたことで、間延びが避けられたのだ。
 韓国の事情はよく知らないが、W杯を経て新監督になり、そちらもさらに一段レベルをあげたようだ。

 そう、レベルが上がっているのだ。
 この日韓両国は、W杯以前よりも明らかにレベルを上げている。ワールドカップ決勝とまでは言わないが、準々決勝あたりのレベルにまで達してはいなかったか。

 このまま伸びていけば、近い将来のワールドカップ決勝は、この両国かもしれない。
 そんなことを感じさせるほど、素晴らしい0-0だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック