スペイン「も」真似たらいい

 猛暑来る 死なないように 生きている

 皆さまは、いかがお過ごしだろうか。家の中で、熱中症で倒れる人もいるらしい。テレビでサッカーを夢中になって見ていたらいつのまにか意識がなくなって、ということがないように。

 さて、サッカーの話。
 W杯でスペインが優勝したことで、またスペインサッカーを見習おうという意見が多くなっている。見た目も面白いし、体格も日本人とさほど変わらない。原技術委員長がスペインサッカー贔屓であることも加わっているか。

 日本人は海外の真似が好きだ。
 私も学生の頃、日本の歴史を習った。
 稲作の伝来、仏教の伝来、白紙に戻そう遣唐使、中国風建築の流行、和風建築の流行、鉄砲伝来、鎖国、黒船、坂の上の雲、敗戦、高度成長、石油ショック、バブルとその崩壊。
 なんとなく思った。どうも日本は、海の外に何か素晴らしいものがある、と言っている間は上り坂らしい。そして、海の外から学ぶものはないなどと言いだすと、衰退が始まる。

 欧州や南米に素晴らしいサッカーがある、と言っている間は、日本サッカーは進歩するのではないか。
 ドイツの規律と走力は素晴らしい。ブラジルのテクニックはどうだ。オランダのトータルフットボールは革命だ。イタリアの守備戦術に学べ。フランスの育成機構を取り入れよう。そしてスペインのパスサッカーこそ日本が目指すべきものだ。。
 日本サッカーは様々な国のサッカーを取り入れて進歩してきた。日本人は確かにドイツ人でもスペイン人でもない。しかし、真似られない部分はどのみち残らない。残るのは日本人が真似られるところだけだ。
 日本オリジナルのサッカーは、その中から出てくるのではないか。

 真似たらいい、と思う。真似できる部分は。日本は真似ることで進歩してきたのだから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック