オランダ1-0日本 この悔しさには覚えがある

 とても悔しい敗戦だ。
 ただ、この悔しさは手も足も出なかったから生じたものではなく、力を出し切れなかったから感じたものでもない。
 監督も選手達も手を尽くした。それでも手が届かない。
 力の差を痛感した。これはまったく惜敗ではなかった。

 序盤から日本代表は丁寧にチェックを続けた。だが、親善試合のオランダ戦のような無謀なプレスではなかった。試合が90分であることを配慮し、行く時、行かない時を冷静に判断した。
 勝ち点を取る確率を高める、というミッションを遂行するにはベストな策であろう。岡田監督が現実路線に転換したことを思えば、予想できる作戦だった。前半45分は0-0で終わらせることが出来た。ここまでは成功した。

 だが、後半スナイデルに一発を決められてしまう。
 日本は勇気を持って攻撃に出た。オランダはデンマーク戦では二点目を取りに行った。だが、この試合では日本の攻撃を受け止めて、隙を突く作戦に出た。
 守るオランダから日本は点を取れない。シュート数は10とオランダの9を結果として上回ったが、枠内は3。精度がなくゴールキーパーにとって難しいシュートはほとんどなかった。長友が倒されてもPKの笛は吹かれなかった。
 途中出場の俊輔は、――私は俊輔が重要な選手と思い彼の活躍を願っている者だが――、あまり有効ではなかった。
 闘莉王を上げたパワープレーも結局弾かれた。
 守備陣が奮闘してオランダのカウンターを防いだことは良かったが、どうしても1点は取れなかった。

 これは惜敗ではない。
 1-0になったあと、日本の同点弾が入る可能性とオランダの追加点が入る可能性、どちらが高そうだったか? 後者だ。
 日本は持てる力を尽くして、それでも敗れたのだ。相手の壁のほうが厚かったのだ。

 この悔しさには覚えがある。
 フランスW杯だ。持てる力の限りを尽くして、それでも敗れたアルゼンチン戦、クロアチア戦と同じ思いだ。
 何度、この悔しさを味わえば、このレベルの相手に勝てる日が来るのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

デニス
2010年06月21日 01:16
こんばんは。日本代表がこの戦い方をするなら平山と石川を入れておいた方が良かったかもしれません。
メンバー選考の失敗で敗れるのは残念過ぎます。デンマーク戦、何か策を練ってこの2戦と変えてきますかね?岡田監督。
水谷秋夫
2010年06月21日 17:54
誰を呼ぶべきだったかという議論は終わってからにしましょう。
3戦目誰が出てくるか? 変えるのも変えないのも勇気がいりますね。怪我・体調不良や疲労の蓄積が激しい選手がいなければ変えないような気がしますが、さて、どうでしょう。

この記事へのトラックバック