日本1-0カメルーン 勝利とはなんと嬉しいものか

 これはネタで書いた通り、神様以上だと岡田監督を崇め奉らなければならないかなと思った。
 いや、本番まであとわずかという時期にスタメンもフォーメーションもコンセプトもガラガラポンした岡田監督、まるでマリノス監督時代末期みたいだったが、それによくぞ選手達がぶち切れずについていったものだと。そちらを褒めるべきかもしれない。

 岡田監督が舵を切った現実路線とは何かといったら、勝っていた頃のマリノスに近い。
 技術の高い中盤がゲームを作り、安や久保がどうにか点を取ったら、屈強なディフェンス陣がボールを跳ね返し跳ね返しして逃げ切ってしまうという、勝利至上主義のサッカーだ。
 当時の安や久保みたいな決定力の高いフォワードが日本代表にはいない。エトーもロッペンもドログバもいない。そこで本田ポストですばしこいやつを周りに配して、そこでなんとかしろと。なんとかして1点を取ったら、あとは守りきった。
 決して面白いサッカーではない。たぶんこの試合を見て喜んだのは日本人だけだろう。しかし、実際に勝ったのだから文句は無い。
 個人的には、残留争い中の大宮のサッカーにも似ていた気がする(これとか)。決定力がなくても勝ってしまったところが特に。

 カメルーンは相当状態が悪かったようだ。内紛があった? ソングが出て来なかったのは体調不良? しかし、団体競技であるサッカーはそうしたことも実力のうちだ。
 4年前の日本も雰囲気が悪かったらしいが、選手たちは今回同じ過ちはご免だと団結したようだ。協会は4年前の失敗を反省していなかったようだが、選手たちはしっかり反省した。実に頼もしい。

 オランダ戦はなんとか勝ち点が欲しい。デンマーク戦は引き分けでもトーナメント出場、という状況に持ち込みたい。
 いや、こんな話が書けること自体嬉しい。
 強敵のオランダ相手の試合を恐怖ではなく楽しみにして待つことができる。勝利とはなんと良いものであろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック