横浜M 1(PK1-4)0 G大阪 藤ヶ谷の試合

 フジテレビの録画を見た。
 PK戦までやった試合を2時間に編集したものだから、どうも感覚が狂ってしまう。雨中の死闘なのだが、感情移入することなく、さらっと見てしまった。

 藤ヶ谷の試合だった。
 今年ガンバの試合は何度も見たが、これまでこのキーパーは全然印象に無かった。ガンバは良く点を取られるチームだ。GKの彼は、いつの間にか点を入れられていた人という印象しかない。
 しかし、このG大阪戦は藤ヶ谷の試合だ。いったい何本マリノスの入るべきゴールを止めただろう。マリノスの試合を藤ヶ谷が堰き止めた。PK戦も見事だった。
 マリノスは悪い日に当たった。

 J2札幌から今年移籍したばかりの24歳。Jリーグでは8月20日、第19節から怪我の松代に代わりゴールを守っている。
 これを境に藤ヶ谷は化けるかもしれない。これが毎回なら日本を代表するキーパーだ。

 この日のことを覚えておこう。藤ヶ谷が飛躍した記念日として。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック