アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「日本代表」のブログ記事

みんなの「日本代表」ブログ

タイトル 日 時
ベルギー1−0日本 散文的な感想
 ベルギーはFIFAランキング5位という。日本は44位だ。いつの間にそれほど差がついてしまったのだろうか。  ベルギーがそれほど強い国という記憶は無かった。この試合より以前、日本はベルギーと4戦して2勝2分。負けたことがない。もっとも思い出深いのは2002年W杯の初戦。鈴木隆と稲本の得点があった2-2の引き分けだ。最も直近では2013年、ザッケローニ監督時代に3-2で勝利している。  仮にFIFAランクを信用するとしよう。ここ何年かで日本はあっという間にベルギーの後塵を拝してしまったのだ。日... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/15 22:54
日本1−3ブラジル 日本、順当に敗れる、残念
 日本は指の隙間から水がこぼれるように失点を重ねた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/11 11:04
U-19女子アジア選手権決勝 日本1−0北朝鮮 勝てる試合を勝ち切る
 U-19女子アジア選手権はこの年代のアジアチャンピオンを争うと同時に、U-20W杯の出場権もかけて行われた。出場権は上位3ヶ国に与えられるから、決勝に進出した時点で日本も北朝鮮も出場権をすでに確保していた。  この放送は録画で結果を知ってから見たのだが、両者の特徴の出た興味深い戦いだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/05 15:45
三大○○とかを集めてみた
 サッカー選手三大シンジ 小野伸二 岡崎慎司 香川真司 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/24 18:09
日本女子2−0スイス女子 快勝はともかく多方面にお疲れさまでした
 会場が長野Uスタジアムなのだが、台風接近にともない、長野市には大雨警報が出ていた。  気温は17℃というからそれほど低くはない。しかし開始から終了まで雨、時には横殴りの雨になったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/22 20:14
日本3−3ハイチ たぶん何人かは帰ってこない
 ハイチのいう国について、試合前にどういう印象があっただろうか。 ・どんな国かよく知らない。 ・北中米カリブ海の最終予選には出ていない。 ・長い間、W杯に出場していない。 ・知らない監督。 ・知らない選手。 ・母が日本人の選手がいるらしい。 ・FIFAランクは日本とあまり変わらない。  こんなところだろうか。  知らないということは、相手を舐めていて調べていない、ということである。相手を舐めているとスポーツではしばしば酷い目にあう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/11 22:18
日本2−1ニュージーランド 代表サバイバルの中で
 ニュージーランド代表は11月に南米5位と大陸間プレーオフを戦う。すでにW杯出場を決めた日本と違い、彼らにとってこの試合はプレーオフに向けた重要な準備試合ということになる。  試合前、ニュージーランドDFサム・ブラザートンは「(大陸間プレーオフの)11月までにそれほど時間がない。そんな中、日本は本番を想定した相手として申し分ないと思う。彼らはボールを持ったら巧みに相手ゴールに迫るし、南米のチームに通じるテクニックも持っている」と語ったそうである(GOAL.com)。  日本サッカーは長い間、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/07 15:42
U-16女子 日本1−0中国 U-17W杯出場
 AFCU-16女子選手権タイ2017 3位決定戦。名称が長い。アジアで3位以内になれば、FIFAU-17女子ワールドカップウルグアイ2018、の出場権が得られる。こっちの名称はもっと長い。試合はタイのチョンブリで9月24日に行われた。  ところが10/1放映の録画放送を見るまでこの試合についてニュース・情報を見た記憶が無い。サッカー系のサイトを除けばサンスポで短い記事になったぐらいのようだ。  もっと注目してほしい。若年代とはいえワールドカップ出場可否を決めた試合なのだから。と書いている自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/03 18:10
サウジアラビア1−0日本 勝てる試合を落とすに至るまで
 サウジアラビアの勝ちパターンに嵌ったなと。  前半は相手(例えば日本)のほうがいい。ボールは持たれるし小気味よく攻められる。  それをゴール前でとにかく跳ね返す。  そのうち相手の方が先に疲れてくる。  そこで攻め込む。多くはPKで、時にシュートが決まる。暑くて疲れているから相手はあと一歩が出ない。  あとは時間を稼いで終了。最後にはなぜか勝っている。それがサウジの勝ちパターン。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/06 22:16
日本2−0オーストラリア(生観戦) 素晴らしい試合でW杯出場決定
 試合前、午前中に降った雨はとうに止んでいたが、曇天の下で北風がひゅるひゅると入り込んでいた。公式記録では気温22.0℃。さて、この天候はどう働くだろうか。日本人はオーストラリア人と違って日本の蒸し暑さに慣れている。だから、暑い方が有利な筈だ、そう思う人もいるだろう。だがそう単純なものだろうか。相手よりも走ることを特徴とするチームならば、涼しいほどより走れるわけだから気温は低いほうがいい。それにイラクの猛暑で苦しんだ日本代表の姿は記憶に新しい。さらに古いことを言えば冬の南アフリカW杯で日本はベス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/01 22:30
オーストラリア戦、サウジアラビア戦の代表選手発表
GK 川島、東口、中村 DF 長友、槙野、吉田、酒井宏、酒井高、昌子、植田、三浦 MF 長谷部、山口、高萩、井手口、小林、柴崎、香川 FW 浅野、久保、本田、乾、武藤、原口、岡崎、杉本、大迫 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/24 22:27
アメリカ女子3−0日本女子 これが現状の女子代表
 ブラジル戦はあと少しの工夫としたたかさがあれば勝てたと思えた。  オーストラリア戦は負けない試合に出来たとは言わないが、スカウティングと戦術がもう少しましだったらもっといい試合になっただろうと感じた。  だがこのアメリカ戦については、タラレバなし。正当な実力差が現れた完敗だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/05 16:05
日本女子2−4オーストラリア女子 自滅ではあるけれども
 2-4だから、オーストラリアのほうが強いのだろう。それにリオオリンピック予選の頃よりもさらに差が拡がったようではある。  と言ってもこの試合に関してはスカウティングと監督の作戦にも問題があったと書かざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/01 18:04
日本女子1−1ブラジル女子 勝てた試合を勝ちきれない
 2017 Tournament of Nations、トーナメントオブネイションズ、だそうである。  4か国でリーグ戦をやるそうだ。どこがトーナメントなのだろう。アメリカではリーグ戦のことをトーナメントというのだろうか。英語の授業で習ったことと違うではないか。  その初戦のブラジル戦だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/29 10:59
ベルギー女子1−1日本女子 良くなった日本だが勝つのは難しい
 前半の日本を見て、パス回しがスムーズになったなと思った。誰がどこでボールを持っていたら誰が顔を出して誰が開いて、といったことが自然にできるようになっていた。この試合では3バックに挑戦したそうだが、挑戦というほど違和感はなかった。  といってもパス回しが良いから勝てるというものでもない。前半8分に綺麗に崩して横山がシュートを放ったがクロスバー。それ以外は横山のミドルシュートがどうかといった程度で、攻めているようでもなかなか決定機は作れなかった。  一方のベルギーはケイマンのスピードが脅威。一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 19:35
イラク1−1日本 面白くなった
 中国の主審はなかなかファウルを取らなかった。イラクも日本も平等に取らなかったので、どちら寄りとも思わない。ただ、好機を多く作ったのは日本の方で、だから、あれはPKではないのかという判定も日本の攻撃時のみだった。そうした意味では、平等だが残念な判定ではあった。  副審のオフサイド判定は正確だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/14 22:20
オランダ女子0−1日本女子 横山のミドルシュート
 オランダとの対戦というと今年3月のアルガルベ杯以来である。あの時は2-3で日本が敗れている。  オランダ女子代表というと、7番右サイド俊足のアタッカー、ファンデサンデンの髪型が気になって仕方がない。この日は横分けピッチリで、フレディ・マーキュリーのようだと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/10 18:05
日本1−1シリア 親善試合で良かった
 シリア, you're breaking my heart, You're shaking my confidence daily.  それはシリアじゃなくてCecilia. サイモン&ガーファンクルの曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/08 19:52
トゥーロン国際 日本1−2イングランド PKPKさようなら
 日本はシュート20本。イングランドはシュート3本。日本の20本のうち決まったのは1本。イングランドの3本のうち2本はPK。  日本の打っても打っても入らないシュートを見ていると、このU-19代表選手たちはなんなのかと。パス回しだけうまくて、わざとシュートを外しているのかと思った。そう言えば1990年代、日本のフル代表がこんな感じだったかな、とレトロな懐かしさまで感じた。  相手のゴールキーパーが素晴らしいセービングをした、というわけではない。単に枠内に飛ばないのだ。伊藤など何本枠外ミドルシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/07 18:10
トゥーロン国際 日本1−1アンゴラ もったいない引き分け再び
 トゥーロン国際は12か国が参加している。4チームずつ3グループに分け、それぞれのグループ1位と、2位の成績上位1チームが決勝トーナメントに進む。 つまり、2位でもトーナメントに進めるとは限らず、1位かおそらく2位でも勝ち点6がないと2位の中の1チームになるのは難しい。  そこで日本は2引き分け。グループ1位のイングランドはすでに2勝。決勝トーナメント進出が困難になったのは間違いない。勝つことよりも経験を積むことが重要な大会だが、それならできるだけ試合数を多くしたいところだから残念な結果だ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/02 22:27
U-20 日本0−1ベネズエラ 残念無念
 なにが残念だといって、決して勝てない相手ではなかったからだ。  ベネズエラはグループリーグで10得点0失点と喧伝されていた。そのうち7得点がバヌアツ戦だ。さて、日本がバヌアツと戦ったら何対何だろう。どちらにしてもベネズエラはそれほど圧倒的な攻撃力でも守備力でもなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/31 22:20
トゥーロン国際 日本1−1キューバ もったいない引き分け
 トゥーロン国際はU-23世代の大会だが、日本は今回U-19で参加している。東京オリンピックに向けた強化のためだ。それで現在韓国ではU-20W杯が行われているのだから、このU-19はオリンピック目標のBチームといった趣になる。  Bチームであるから過大な期待は禁物である。  大会はフランスで行われる。キューバ戦が行われたオバーニュのスタジアムは、周囲を電車が走り車が走り観客は見えず。学生の親善試合を行うような会場に思えた。その会場で目立っていたのは日本が誇る氷菓ガリガリ君の看板。もちろん日本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/30 22:15
U-20 日本2−2イタリア 最低限のトーナメント進出
 この大会は各組2位以上と3位のなかで成績上位4チームの計16ヵ国が、決勝トーナメントに出場するレギュレーションになっている。日本はイタリアと引き分けなら3位だが、2-2以上の得点ならA組とB組の3位を上回れるということが試合前からわかっていた。  というわけで2-2以上の得点の引分が最低限となる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/28 13:14
シリア戦・イラク戦日本代表メンバー発表
GK: 川島・東口・中村航 DF: 長友・槙野・宇賀神・吉田・酒井宏・酒井高・昌子・三浦弦 MF: 今野・倉田・香川・加藤恒・山口蛍・遠藤航・井手口 FW: 岡崎・本田・乾・大迫・原口・久保・浅野 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/26 22:44
U-20 W杯 日本0−2ウルグアイ 想像したほど悪くなかった
 優勝候補だという南米1位のウルグアイ相手に0-2と聞いて、手も足も出ない完敗だったのかと思った。実際に見てみると日本が同点にする好機は後半に何度もあったし、そこで同点になっていれば勝っていたかもしれない。想像したほど悪くないというか、結構紙一重の試合だった。  小川の怪我は痛かったかもしれないがその後十分攻めていた時間があった。それほど致命的なアクシデントでもなかった。ただ、小川は悔しかっただろう。経験的に言えば、担架で運ばれている時に顔を手で覆っていた選手は重傷だったことが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/25 22:40
U-20 W杯 日本2−1南アフリカ 勝てそうで勝てた初戦突破
「かつてはワールドユースと呼ばれたこの大会」  アナウンサーがそう言った。ワールドユースと聞くと思い出すのはマラドーナ。日本で開催された1979年ワールドユースでアルゼンチンは優勝し、マラドーナはMVPを獲得する大活躍だった。もちろんその大会を私が見たわけではなく、思い出すのは実物ではない伝聞のマラドーナだ。しかし、ワールドユース=日本大会=マラドーナとインプットされてしまうほど、マラドーナとこの大会は日本で喧伝されていた。マラドーナおそるべし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/23 18:47
日本女子3−0コスタリカ女子 攻城戦を制す
 コスタリカは守りの堅い好チームだった。4-4-2のブロックを乱すことがなかった。そして虎視眈々とカウンターを狙っていた。  おおむね日本がボールを持っていたが、このコスタリカを崩すのは容易ではなかった。試合は攻城戦の様相を呈していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 19:05
日本4−0タイ(生観戦) 頭の痛い大勝
 埼玉スタジアムは寒かった。オーバーコートにマフラーという真冬仕様の格好でようやく震えずに座っていることが出来た。  私の席はメインアウェー側アッパー2階席。ゴールラインよりも少し裏に入ったところの一番上。埼玉スタジアムは屋根があるが屋根と座る席の間には隙間があって風がひゅうひゅうと吹いていた。  寒くはあったが代表戦は祝祭空間である。道すがら、埼スタを前に記念撮影をする人が多くいた。同じ埼スタの浦和戦と違い、客層はライトで騒がしかった。まあ、ストイックに試合を見つめるばかりがサッカーの楽し... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/29 21:34
UAE戦についてそのほか
 試合はアブダビではなくアルアインで行われた。ピッチが近く、アウェーで迫力の大歓声ということだった。だが、UAE選手たちにしてみれば、後半戦初戦の緊張感があるところでホームの大歓声。それが却ってプレッシャーになったのかもしれない。  日本代表について振り返ってみれば、2次予選の初戦にホーム埼玉でシンガポールと引き分け、最終予選の初戦ではホーム埼玉でUAEに敗れている。初戦にホーム迫力の大歓声というのは、ホームチームにとって実は難しいのかもしれない。むしろ初戦ホームならピッチが遠く歓声が届きにく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 11:54
UAE0−2日本 なぜ川島だったのか
 UAE戦でもっとも驚いたのは本田がベンチスタートだったことでも今野や久保が先発したことでもない。ゴールキーパーが川島だったことだ。なにしろ彼は本田よりも試合に出ていない。試合勘云々で言ったらもっとも出してはいけない選手だ。  それならなぜ川島だったのか。マスコミはハリルホジッチ監督の言葉から、経験を重視したと書いている。だがその言葉を、中東アウェーの経験が豊富だからアウェーの歓声の中で舞い上がって失敗することはない、などと受け取ったらあまりに単純である。問題はその経験の中身だ。  川島がU... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/25 07:53
UAE・タイ戦の日本代表選手発表
 私は野球も好きなのでWBCは楽しんで見ている。  WBCの試合内容はともかくとして、中居君の声が変に暗くねちっこく感じられて気になっている。普段からあんな声だったのか。  それとも中居君は最近、なにか嫌なことでもあったのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 20:17
アルガルベ杯 日本2−0ノルウェー 良くなってきたこの代表
 メンバーを試合ごとに変えてこの試合は籾木が先発。籾木が日テレの好選手なのは知っているが、代表で生きるかはやってみないとわからない。ちなみにキャプテン熊谷は出ずっぱり。怪我でもしなければよいがと心配している。  ノルウェーは奪ってからの速い攻めが特徴。一方の日本は繋いでポゼッション。序盤にノルウェーはポスト直撃の逸機があり、どうなることやらと思いながら見ていた。そもそも奪ってから速くだと2,3人でシュートに持ち込めるが、繋いでポゼッションはシュートまで5人以上を経ることがある。介する人数が多い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/08 20:00
アルガルベ杯 日本2−0アイスランド 長谷川の2得点で逃げ切る
 アイスランド戦はスペイン戦から次のように先発が変わった。カッコ内がスペイン戦。 GK: 山下(山根) DF: 鮫島・熊谷・中村(高木)・北川 MF: 川村・宇津木・千葉・長谷川(阪口・佐々木・中島・中里) FW: 田中・横山(増矢) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/05 11:31
アルガルベ杯 日本1−2スペイン つくづく日本弱いなと
 アルガルベ杯か。もう1年経ったのかと思ったら勘違い。2016年のアルガルベ杯はリオ五輪予選と重なったため日本代表が出ていない。女子代表にとってアルガルベ杯は2年ぶりになる。もう2年経ったのか、だ。  3月2日の朝、結果を早く知りたくて録画した試合を早送りした。早送りで試合の詳細はわからないが、ボールがどちら側にあるのかはわかる。多くの時間、日本の陣内でゲームが行われていて、それだけでも苦戦したのがわかった。  前半は特にひどく、日本はボールをつなげられない、セカンドボールを拾えない、スペイ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/03 18:22
今年見に行ったサッカーについて
 まだ今年のサッカーシーズンは終わっていない。だが、私が今年見に行くサッカーは終わっているので、それをもとに1シーズンを回顧してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/27 12:43
日本2−1サウジアラビア(生観戦) 勝てて良かった(ホッ)
 車窓から見る山梨の山は紅葉の盛りだった。だが山を降りて高尾-西八王子間の銀杏並木を見るとまだ少し緑が混じっていた。昼は暖かかったが、夜は北風が入って急速に気温が下がる筈、と天候を読んでいた。だが、思ったほど寒くはならなかった。  日本代表戦を見に行くのはシュートを打ちまくって外しまくりセーブされまくりだったシンガポール戦以来である。あの日は試合後に大雨に遭ったが、まさか今の季節にゲリラ豪雨はあるまい。  浦和美園駅は混雑していて駅を出るだけで時間がかかった。試合開始20分前ぐらいに埼玉スタ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/16 22:18
日本4−0オマーン 概ねいろいろとよろしかった
 まず90分間出なかったこれまでのレギュラー選手について。  長友はベンチにも入らず。  香川が90分ベンチなのも怪我か。  それでは長谷部が出ていなかったのはコンディションの問題か。本田がキャプテンマークを巻いて先頭を歩いているのには違和感があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/12 12:38
U-19 日本0−0(PK5-3)サウジアラビア なんと日本優勝
 イエメン戦やイラン戦を見た後には、優勝どころか、ベスト4も危ういと思っていた。  カタール戦からボランチに市丸が入って潮目が変わった。ボールを前に入れ、市丸自身も前進し、前へボールを運んで攻撃が出来るようになってきた。  ただ、タジキスタン戦とベトナム戦での快勝は、相手に恵まれた面もあった。相手のレベルが上がってきたらどうなるだろう、という疑問は残っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 18:33
U-19 日本3−0ベトナム 文句なしの快勝
 日本は先発を10名入れ替えた。それでは残りのひとりは、というと市丸。当初はレギュラーではなかった市丸起用が、このU-19の推進力になったと言えるだろう。  内容は解説が不要なほどの圧勝だった。ベトナムにほとんど攻撃らしい攻撃をさせなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 18:39
U-19 日本4−0タジキスタン 圧勝でU-20W杯出場決定
 タジキスタンはグループリーグ第三戦のオーストラリア戦を引き分けてグループDを2位通過。フル代表W杯常連国のオーストラリアと韓国は、決勝トーナメントに進めなかった。一発勝負のトーナメントに敗れたのならともかくグループリーグ敗退。この世代の育成は大丈夫かな、と他所の国ながら気になるところだ。  グループCの日本は中三日、グループDのタジキスタンは中二日。日程が日本有利なのは有り難いが、大会運営としてはよろしくない。近未来に日本が不利な日程になる可能性もあるわけで、今後平等になるように正していただ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/25 21:06
女子U-17W杯決勝 日本0−0(PK4-5)北朝鮮 惜しかった残念だった
 日本代表が決勝まで行ったものだから、放映権を持っていたフジテレビは急遽地上波生放送を行った。有り難いことだ。グループリーグから放送してくれればもっと有り難かった。  なお、両チームは、このU-17W杯のアジア予選、AFC U-16の決勝で対戦している。その時は日本が0-1で敗れている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/22 16:51
U-19 日本3−0カタール まず市丸瑞希
 まず試合前の状況から。日本は勝ち点4、カタールも勝ち点4、イエメン戦を控えたイランは勝ち点2。イエメンは力が劣るのでイランがイエメンに勝って勝ち点5になる可能性が高い。すると、日本とカタールが引き分けると勝ち点5で日本、カタール、イランが並ぶことになる。その時レギュレーション上、当該国3カ国同士の総得点の争いになる。これまでに行われたイラン-カタールが1-1、日本-イランが0-0。日本はカタールと0-0や1-1の引き分けでは2位以上が保障されない。  勝てば文句なしの1位。引き分けでも2点欲... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/21 22:41
U-19 日本0−0イラン いらいら
 サッカーのビルドアップ時は選手の配置を見て、こうなるだろうと予測をしながら見ていることがある。  ここでサイドにはたくのだろう。楔を入れて戻して。ここでサイドを抉れる。パスコースが二つあるけど右か左か、などなど。  点が入るのは、その予測以上のことが起きた時が多い。ここでディフェンダーが前にいて挟まれるからここでボールを取られるだろう、お、強い、取られない、突破したシュートだ、とか。ボールホルダーをサイドから追い越していく選手がいて、ああ、ここでサイドに出すんだな、と予測して、え、出さない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/19 18:35
U-19 日本3−0イエメン これはこの先苦しいかも
 まず、この試合のスタメン。 GK 小島 DF 中山、富安、岩田、船木 MF 神谷、三好、坂井、堂安 FW 小川、岸本  はて、と思ったのは、8月12日に静岡ユースにPKで敗れたSBS杯のU-19日本代表。 GK 廣末 DF 古賀、杉岡、濱、西本 MF 野田、梶山、針谷、高橋 FW 田川、中村  誰もイエメン戦のスタメンにいない。イエメン戦の控えに廣末と中村がいるだけだ。SBS杯のU-19日本代表とはいったいなんだったのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/15 19:03
オーストラリア1−1日本 久々に面白い予選
 日本はこれまでW杯予選でオーストラリアに4分2敗と一度も勝ったことがない、とマスコミが喧伝していた。そのうち2試合は記憶に無かったのでいつの話かと思ったら1969年だった。  さてその4分2敗は事実だが、実を言うと日本は2009年のW杯予選でオーストラリアに敗れた後、3勝(うち1勝は延長勝ち)2分け。A代表は直近5試合でオーストラリアに一度も負けていない。  前者のみ強調し、後者を指摘しないのは、何か恣意的なものを感じる。なぜ最近負けていないことを無視し、予選で勝てなかったことのみを強調す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/12 21:07
日本2−1イラク とりあえず勝利を喜ぼう
 開始早々、コーナーキックからイラクのヘディングシュートがポスト直撃。  このシュートをしたのがアブドゥルアミール。後半に得点したのもこのアブドゥルアミール。競っていた日本選手はいずれも高徳。前半はまだ高徳が体を当てていたからポストですんだ。後半の失点時は高徳がアブドゥルアミールにすがりつくような体勢で、強く競ってはいなかったから決められた。  つまり、高徳のマークが下手という話なんだが、高徳がなぜアブドゥルアミールのマークをしていたのか。森重か吉田だったら? 人選を間違えていないか。ちなみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/07 20:16
U-16 日本2−4イラク 運が悪くても勝てるようになろう
 たいていのゴールにはミスと、運というか偶然が絡むものだけれども、運は向こうに行っていた試合だった。  イラクの1点目は打ウードのシュートが瀬古に当たってボールの軌道が変わったもの。  もちろんたまたまボールがGKの取れない所に飛んだという不運もあるのだが、その前にはシュートを打たれるまでの日本側のミスがある。そしてシュートを打ったダウードの前に立った瀬古が慌てて駆けつけていた。つまり、静止しているのではなく足が止まっていない状態だった。こうした時に自分の足に飛んできたボールは制御できない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/01 11:38
U-16 日本1−0UAE 丹念に丁寧に守りきる
 この試合に関しては守備力の勝利であろう。  UAEは繋いで持ち上がって崩して、という攻撃をはなから諦めていた。代わりに、このあたりに放り込んでうっかりしたら危ない、というボールを蹴り続けてきた。  日本のセンターバック、菅原・瀬古らはこれらのボールを丹念に丁寧に弾き返した。うっかりを引き起こすことはなかった。唯一の危機、74分ALNAQBIにペナルティエリア内からシュートを打たれたが、GK谷がセーブした。守りきって勝った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/27 18:28
U-16 日本6−0オーストラリア 3試合で21-0
 日本はキルギス戦とは8人先発を代えた。今大会初出場も4人いたという。話題の久保はベンチ。2連勝でトーナメント出場を決めたことで、選手を見る余裕が出来て、2試合連続出場した選手の疲労回復も図れた。  一方のオーストラリアはここまで2連敗。選手らを見ると長身だが、フル代表の豪選手と違って体が細い。なるほどそこがU-16。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/24 12:56
U-16 日本8−0キルギス 序盤苦しむも圧勝
 久保建英が逸材なのはわかったので、キルギス戦は主として試合の流れを見ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/21 19:06
U-16 日本7−0ベトナム 久保建英を見た
 インドでAFC U-16選手権が開かれている。上位4チームが来年インドで行われるFIFA U-17ワールドカップの出場権を獲得する。とすると準々決勝が大切になる。グループステージで2位以上になればベスト8。日本はグループBなので、2位ならグループAの1位、1位ならグループAの2位と準々決勝で対戦する。グループAではイランとUAEが2試合を終え、勝ち点4で共に1位にいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/20 18:13
タイ0−2日本 勝ててよかった
 ともかく勝てて良かった。ここで勝てないと心理的な面ばかりでなく算数的にも崖っぷちに追い込まれてしまう。  それに私としても、ハリルホジッチ監督の解任など望んでいるわけではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/07 20:37
SBS杯 静岡YH1−1(PK4-2)U-19日本代表 4年後の不安
 SBS杯はU-19の国際大会で、スロバキアとコスタリカを招待して行われた。スカパー無料の日に放映されていたのだが、この年代でどんな日本人選手がいるのかと静岡-日本の試合を視聴した。  U-19日本代表は大学生が一人でほぼU-18で出ていた。プロは1名で大分トリニータの吉平のみ。静岡YHは静岡県内の高校・Jクラブユース・JFAアカデミーの選手で構成されていた。4年後の東京オリンピックでは主力となる年代に当たる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/06 18:09
日本1−2UAE 日本が弱くなったのだろう
 二日経ったのでそろそろ冷静になってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/03 12:07
日本代表アジア最終予選メンバー発表
 雑な感想をあっさりと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/25 22:14
リオOL 日本1−0スウェーデン 勝ちました残念でした
 コロンビア-ナイジェリア戦は見ていない。ただ一般論として、一位通過を決めていながら本気で戦う国は多くない。ドイツみたいに、 「どこが相手だろうが、俺たちは勝つのだ」 とか、ブラジルみたいに、 「どこが相手だろうが、俺たちのサッカーは凄ぇんだぜ」 という国は少ない。なお、上記の二ヵ国はW杯で優勝回数が多い。恐らく偶然ではない。  となれば、日本がグループリーグで敗退した理由はナイジェリア戦の敗戦とコロンビア戦の引き分けによる。せめて引き分けられなかったか、なんとか勝てなかったのか。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/11 13:44
リオOL 日本2−2コロンビア あのまま負けるよりはよかったが
 ナイジェリア戦で書き忘れたのだが、マナウスはかなりピッチが荒れている。ナイジェリア戦のミスパス頻出はそのせいもある。だが、日本代表は2戦目でかなり芝に慣れてきた。  ただ前半、日本が積極的にボールを奪って前に出てきていた。それで前半に点を取れればいいのだが、取れなかった。だから、危ういなと思っていた。これはコロンビアに隙を突かれたりカウンターを食らったりするパターンではないか。  後半の展開はある程度予想が当たった。ただ、現実はしばしば予想を超える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/10 18:05
リオOL 日本4−5ナイジェリア とてつもなく残念
 得点が多く入ったゲームだったが、双方攻撃力が優れていたわけではなく守備がザルだった。  直前にマナウス入りしたナイジェリアはコンディションの問題があっただろう。それでは準備万端の日本に何の問題があったのか。  点を取られる度に、福西解説者が、 「ミスからですね」 「はっきりしたほうがいいですね」 と言っていた。  見た目はミスだ。はっきりしたほうが、というのもその通り。ただ、その背景になにがあったのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/05 19:44
ブラジル2−0日本 既報通りの完敗
 本番前最後の親善試合は、マスコミの伝えた通り、完敗だった。  ブラジル人選手はボールテクニックもさることながら、体幹が素晴らしい。押しても突いても倒れない。体を寄せても何も起きない。  複数で寄って行ってもボールが取れない。本来ならチャレンジ&カバーでボールを取るのだが。チャレンジしてもかわされるし、それで当たりに行けないからカバーの人は立ってるだけ。だからブラジルがドリブルすると、ずるずると止められずにペナルティエリア内に入られシュートを打たれる。ディフェンスの人数が余っているのに役に立... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/01 20:55
スウェーデン女子3−0日本女子 これは先が長い
 前半は互角以上の戦いをしていた。しかし、後半に限って言えば攻めの形を作ることが出来ず点差通りの完敗だった。  そもそもスウェーデンは後半開始時の3人を皮切りに6人交代しているのに、なぜ日本は3人しか交代していないのか。監督が代わったばかりだから少しでも多くの選手を試合の中で見たいだろうと思う。だが、高倉監督は逆に公式戦同様の交代人数に拘った気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/22 21:43
日本4−1南アフリカ 壮行試合にもなったし復帰組も活躍したし
 南アフリカのサッカーには、あまりこれという印象がなかった。アフリカの真ん中辺は卓越した身体能力があり、北の地中海沿岸はアラブと欧州を足したような引いたようなサッカーをしている、というイメージがある。だが、南アフリカは監督が変わるごとにリセットされているようで統一的なイメージが無かった。  今回対戦した南アフリカは、強いプレッシングと繋ぐパスワークのチームだった。それもかなり手強い、と見た。30分に亀川がハンドを取られたことでPKとなり、南アフリカに先制された時には難しい試合になったと思った。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/30 20:03
日本1−2ボスニア・ヘルツェゴビナ したたかさに敗れるのは何度目か
 通常、勝ったチームは強そうに見える。日本が負けた場合は、相手のほうが強かった、とするのが通常の感想だ。2点を取ったフォワードなど、素晴らしい選手だ決定力だと。  だが、ボスニア・ヘルツェゴビナはそれほど強そうなチームには見えなかった。ハリルホジッチ監督は国としての地力がある、と試合前から言っていたようだが、母国をけなすわけにもいくまい。  そもそもボスニア・ヘルツェゴビナがそんなに強いのなら、ユーロのほうに出ていて日本には来なかった筈である。  それなら日本はどこに負けたのかと言えば、ボ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 21:14
アメリカ女子3−3日本女子 新監督の船出はドロー
 すでに対アメリカ2試合目が終了しているが見ていない。1試合目の感想をお送りする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/06 18:28
日本7−2ブルガリア 問題はあったが圧勝
 いろいろと問題もあったのだが、5点差大勝では文句を言うのも野暮というものであろう。ブルガリアはレギュラーメンバーで勝ちに来ていたので、なおさら素晴らしい勝利だった。  いくつか気がついたことを列挙する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/04 14:11
トゥーロン国際 日本0−1イングランド 消化不良で終了
 三浦が怪我したそうで、またかと。それでセンターバックに横浜Mのボランチ喜田が入った。大丈夫かなと思ったのだが、結論を言えば大丈夫だった。  序盤はイングランドからボールを奪えずに押し込められた。15分くらい耐えられればこうしたものはイーブンになるものだ。しかし15分に失点した。三丸のプレーは100%PKで議論の余地はない。1対1から抜け出されて脚を脚にかけたものだ。そのPKが決まってイングランド先制。  まああれだ、三丸頑張れ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/29 15:39
トゥーロン国際 日本2−1ギニア すっきりしない勝利
 録画した試合は前半17分から始まった。すでに1-1だった。さて、この17分間はどうだったのだろう。富樫のゴールは見た。際のお馬鹿(またしても)も見た。知りたいのはその背景というか前景とでもいうべきものだ。入りはどうだったのか。日本はプレスをかけたのか。かけたとして、そのプレスは有効だったのか。  17分経った後ではすでにプレスらしいプレスではなかった。中一日で日本は3戦目、ギニアは4戦目である。暑さはどうだったか。  ともあれ動けないところでどう動く、というのは熱帯のマナウスで戦わなければ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/27 20:40
トゥーロン国際 日本0−1ポルトガル 悪くはないのだが
 この試合は怪我人が出なかったので冷静に見られた。  トゥーロン国際においては結果よりも内容である。過密日程で4試合が5試合に増えることにそれほどメリットはない。と、2連敗をポジティブに考えてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/25 20:45
日本U-23 3−0ガーナ 勝ったのはよしとして
 日本の前半のプレスが素晴らしい。ボールの行く先行く先に次々とプレスがかかる。これに始めて出会ったチームは慣れるまで対処が大変だろう。序盤から日本はペースを握った。ペースがこちらにある11分、15分に点を取れたのはもっと良かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/11 22:54
大宮0−0鹿島 大宮の先祖がえり
 出だしは互角というか、どちらも持ったら速い攻撃をしかけていた。だが次第に鹿島のポゼッション、大宮の守りという展開になった。  大宮はベルデニック以前に戻ったようだ。ムルジャ、家長という卓越した攻撃手がいるのだがほとんどの時間専守防衛。どこかでどうにかして1点を取って守りきるサッカーだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/30 17:43
U-23選手権メンバーの現在地
 U-23メンバーに怪我人が多いという。  怪我をしていないメンバーは試合に出ているのかも気になっていた。それで直近の試合について調べてみた。  調べたのは、AFC U-23選手権 カタール 2016に出たメンバーのみ。J1は第8節、J2は第9節。海外の南野と久保は先週末に先発出場していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/28 19:14
マナウスで試合をするとその後にどうなるか
 オリンピックで日本代表はグループBと決まった。 8月5日(金)10:00 対ナイジェリア マナウス 8月8日(月)10:00 対コロンビア マナウス 8月11日(木)7:00 対スウェーデン サルバドール (日時は日本時間) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/15 20:30
W杯最終予選の組分けについて
A組 イラン 韓国 ウズベキスタン 中国 カタール シリア B組 オーストラリア 日本 サウジアラビア UAE イラク タイ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/13 19:32
W杯アジア最終予選出場国決定に関して
 2次予選の組み合わせが決まった時に、結果がどうなるか、特にポット1のチームが順当に1位になれるかという視点で予想を書いていた。せっかくだから、俺はこの赤の扉を選ぶぜ 結果とつきあわせてみよう。  予想文の国名の後ろの数字は2015年の4月9日時点、2次予選の抽選をした頃のFIFAランキング。  結果の国名の後ろの数字は2次予選の勝ち点。結果の太字が最終予選進出国。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/30 19:49
日本5−0シリア 浮かれている日本
 5−0で勝ったのはいいのだが、点数が圧勝だっただけにこれで良かったのかなと疑っている。  というのも、再三の危機があったからだ。ポストを叩いたとか、長谷部が体で防いだとか、西川のスーパーセーブがいく度か。  3−2ぐらいの薄氷の勝利で、危機感が煽られるくらいがちょうど良かったのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/29 22:23
U-23 日本2−1メキシコ 日本はある一定のレベル以上にある
 移動に56時間を要した、とニュースになっていた。もともとまとまった練習時間の少ないU-23代表だが、この試合に向けてはコンディションを整えるのに相当苦労したのではないか。  その中で、日本は素晴らしい入り方をした。なにしろちゃんとしたプレスになっていた。フィールドプレーヤーがそれぞれに対面の選手にプレッシャーをかけるのはそれほど難しくない。しかし、それが連動していた。ボールホルダーにプレッシャーをかけると同時に、ボールホルダーがパスを出すべき選手にまでプレッシャーをかける、というのは代表でな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/27 12:18
日本5−0アフガニスタン 清武のゲーム
 試合開始から圧倒していた日本だが、なかなかアフガニスタンのゴールをこじ開けられなかった。右サイドの酒井宏からはクロスが上がるのだが、左からはあまり上がってない。そう思っていたら長友と柏木の動きが被っていたらしく、報道の通り途中で修正したら盛んに上がってくるようになった。  アフガニスタンは引いて守っていた。日本は守備を森重と吉田と長谷部にまかせて他は前がかり。ダイヤモンド型4-4-2は引いて守るアジア相手の布陣であろう。  引くアフガニスタンだが、日本が中で楔を入れサイドを空かせ、あるいは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/25 20:33
日本1−0北朝鮮 らしい戦いのその先へ
「なでしこらしく選手達はよくやってくれたと思います」 とテレビで佐々木監督が言っていた。  なるほどそんな、「らしい」試合だった。プレスを受けてもあくまで繋ぐことに拘り、ボールを保持する時間を長くして好機を何度も作る。テクニックを駆使して相手を振り回し、最後にはゴールをこじ開ける。攻め込まれたら献身的に走り回って守りきる。これまでに何度も見た、日本の女子サッカーらしい勝利だった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/10 18:22
日本女子6−1ベトナム女子 いろいろ思ったこと
 これから北朝鮮戦が始まるという時に書いているわけだが。  先週末出かけていて、平日になってからJリーグの試合のほうを先に見ていた。予選敗退が決まったので女子代表の試合は優先度が落ちた。  つまり、私のようなサッカーファンであっても、負ける代表は見る気がなくなる。さほどサッカーが好きでない人ならばなおさらだろう。オリンピックに出られなかったことのダメージはこれから現れてくる。端的に言えば、女子サッカーが文化になる日は遠のいた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/09 18:41
日本女子1−2中国女子 残念でした
 オリンピック出場の可能性はゼロではないがどう見てもほぼゼロだ。  残念でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/04 22:37
日本女子1−1韓国女子 点が入らなければ
 日本はオーストラリア戦よりは良いサッカーをした。  選手の距離感が良くなって、ボールをつなげるようになり、相手へのプレスがかかるようになった。前半は韓国を圧倒していた。  ただ点だけが入らない。悪い流れだなと思って見ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/02 22:12
引退した選手についてひとこと
村上和弘  村上は2001年から2006年までベガルタ仙台にいて退団した。首になったわけだ。  その後、村上は2007年に川崎Fに拾われて活躍した。その頃、川崎Fのサポーターの中にこんないい選手を首にするとは、みたいに仙台を揶揄した人がいた。それが妙に悔しかったことを覚えている。その頃、川崎Fの両サイドバックは森・村上で元ベガルタコンビだった。それで川崎Fは優勝争いなどしていたのだから奇妙な気分になったものだ。  その後、村上は大宮に移籍しそこで中心選手となった。世間的には仙台で主力だった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/04 20:48
U-23 日本3−2韓国 この代表にはこのサッカーが合っているのかも
 この試合は普段寝る時間から始まったので、情報を入れずに録画で見た。するとNHK-BS1の番組録画時間が3時間25分だった。それで、これは間違いなく延長戦になったものと誤解した。  実際は、試合が終わってからセレモニーの放映が1時間ほどあったのだが。  そんなわけで、0-2で韓国が勝っている時はどうやって日本が同点に追いついたのだろうと思っていた。日本が逆転した時は、韓国がどうやってここから追いついたのだろうと。全く、間抜けである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/31 16:51
U-23 日本2−1イラク 手の平は返すためにある
 リオデジャネイロオリンピック出場は無理なんじゃないかと思っていた。この年代が世界大会に出られていないこともさることながら、アジア大会など手倉森監督が率いるようになってからも結果が出ていなかった。内容も良くなかった。この年代で有名なタレントと言えば南野と久保だったが、プレーを見ると決して突出した存在ではなかった。  特徴を強みに変える、ということに手倉森監督は優れていた。突出した存在がない、ということを利用してローテーション制を持ち込んだ。誰が出ても大して変わらない、という状況を、誰が出ても一... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/27 21:11
U-23 日本3−0イラン 延長戦にもつれこんで勝つ
 3-0というとまるで圧勝したようだ。実際に延長戦では圧勝したのだが、90分間では簡単でなかった。  日本のほうがパス回しはうまくて概ねボールを持っていた。イランの攻撃はカウンターとセットプレーが主体。だがそのイランの攻撃が鋭かった。日本が攻めている時間がトータルでは長かったが、決定機という点ではイランのほうが90分では多かったかもしれない。  後半、イランの11番(モハマディ)が頭で合わせてクロスバーを叩いた場面は肝を冷やした。バーを叩いたと言ってもそのバーのすぐ下にGKの手があったのなら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/24 20:52
日本2−1サウジアラビア 消化試合としては最高
 サウジアラビアは序盤から複数人で日本のボールホルダーを囲んでボールを奪いにきた。  これは昔懐かしゾーンプレスか?  とてもサウジアラビアとは思えぬ作戦だったが、無理があったようだ。後半明らかにサウジは足が止まっていた。最低でも引き分けにして勝ち点を得なければならないことが彼らにはわかっていたはずだが、それが出来なかった。  日本が逃げ切れた理由のひとつはサウジがこの中東らしからぬ作戦に出たことにある。サッカーは相手がいるから自分の事情だけで話は終わらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/20 22:16
U-23 北朝鮮3−3サウジアラビア、オーストラリア2−0ベトナム、カタール4−2シリア
北朝鮮3−3サウジアラビア たくさん点が入った ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/19 22:41
日本4−0タイ 1位通過決定とのこと
 日本の選手が並んでいるのを見ていて、目の細い人が多いなと思った。お目目ぱっちりは武蔵くらいで。名前を全員覚えるのは大変だなと感じた。  一方のタイは髪型が気になった。短髪で分け目を入れずに固めていた。タイで流行している髪型なのだろう。ふと若い頃の尾藤イサオの髪を思い出したが、確認したら違っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/17 13:26
U-23 日本1−0北朝鮮 勝ったのはよかったとして
 うまくないな、と思った。わかりやすく言えば下手だなと。  この日本のU-23代表選手達はプレッシャーがないところでもパスをつなげられない。芝に慣れないとかボールに慣れないとかもあるのだろうが、それほど酷い芝にも見えなかった。単にパスの精度が低いのではないか。  下手なのはパスだけではなく、守備もだ。ファウルでないと止められない。体を当てる技術、体を入れる技術、ボールを奪う技術が低い。だから何度も危ない場所でフリーキックを蹴られる羽目になった。  日本がテクニックで上回れないなら、体格・パ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/14 20:32
年頭にあたって今年の展望
 今年のサッカースケジュールを頭において書いてみる。  日本代表はアジア2次予選が3月で終了する。うっかりシリアにホームで負ける可能性がゼロではないが、2次予選突破は間違いないだろう。問題はその後の最終予選だが、予選そのものはあまり心配していない。ザッケローニ監督が予選を戦っていた頃よりも、今の代表のほうが弱くなっているような気はする。だが、アジア出場枠には滑り込めるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/03 16:02
澤穂希引退に寄せて
 そもそも私は澤穂希というサッカー選手がいることをいつ知ったのだろうか。これがどうも思い出せない。プレーを見るよりも先に名前を知っていたことは確かだ。  1993年、澤は若干15歳で日本代表に選ばれている。どんなマイナースポーツではあっても、こんな若い代表選手が現れたら話題になるしマスコミが記事にする筈だ。その時に名前を聞き知ったのかもしれない。  私は、1993年頃の女子サッカーにあまり興味を持っていなかった。ということは、澤がいなかった時期の女子日本代表を知らないということになる。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/22 18:48
今年のサッカー観戦の感想
 まず、見に行った試合の一覧から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/15 18:45
オランダ女子3−1日本女子 本番以外は弱い女子代表
 ベテランと若手を連れていったアウェーの親善試合。強風で雨まで降って大変な気候であるばかりか人工芝にも慣れるのが骨だったようだ。結果は情けない敗戦だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/01 18:03
カンボジア0−2日本 毎度すっきりしない勝利
 アウェー4連戦の4戦目ということだが、このカンボジア戦がもっともアウェーらしかった。アフガニスタン戦とシリア戦は中立国開催。シンガポール戦の観客は33,868人とそれほど大したものではなかった。しかしこのカンボジア戦は観客5万人を集めたとアナウンサーが言う。  日本が攻撃すればワーと大歓声。カンボジアが攻めればワーワーとさらに大歓声。そのノリが何やら埼玉スタジアムの日本代表戦に似た所があって親近感が湧いた。  その歓声はもちろんカンボジア代表選手達に大きな影響を与えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/18 20:23
シンガポール0−3日本 勝ったのに文句とかないですよ本当ですよ
 新しい代表ユニフォームは史上最も濃いブルーとのこと。  スクール水着の色だ。  なんで日本代表のユニフォームは毎回色を変えるのだろう。よだれかけとか一本線とかデザインの悪いユニフォームはこれまでにもあったけれども、それよりも色を固定しないことを私は不満に思っている。  ユニフォームの色なんてどうでもいいと思っているから毎回変えるんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/13 20:19
イラン1−1日本 イランとの実力差は結果の通り
 最終的には審判にコントロールされてしまったかなという試合だった。もちろん、それは最終的な話で、そこに至るまでには思うところが多々ある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/14 21:04
シリア0−3日本 最初から後半なら
 オマーンと日本は時差が5時間。日本では午後10時開始だったから、オマーンでは午後5時開始だった。気温は34.7℃だったという。  こういうのはもうやめないか。  日本の視聴率を稼ぐため、暑い時間帯に試合をするよう主張したのだろう? そういうのはやめよう。日本の選手がやりやすい時間帯にやろう。お金が大切なのは知っている。だったら、より多くのお金を得るために、少しでも日本が有利になるように主張しよう。日本が勝ち抜けるように、少しでも強くなるように。そのほうが、金銭のために日本代表に群がる有象無... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/09 21:36
アフガニスタン0−6日本 楽しい代表戦で良かった
 中東アウェーとアナウンサーが連呼していたけれども、10年前のイラン-日本戦、2-1でイランが勝利した試合、をテレビで見ていた人間にしてみたら、ぬるいアウェーだった。  そのイラン-日本戦の観客数は当時10万人と言われていたが、今回は3万5千人。その3万5千の中にはアフガニスタン人以外にも、暇なイラン人が相当数いた筈である。  ぬるいことに文句を言っているのではなく、中東アウェーと煽るよりも、中立国で開かれた幸運のほうを語るべきだろうということだ。ついでに言えばアナウンサーには、なぜ中立国で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/09 21:20
日本3−0カンボジア 面倒見きれない
 勝ったのだからいいのではないか、という意見と、  勝ったにしても不満が残るという感情と、  どちらを主体にして書こうかと迷っていた。  両方ともやめた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/04 20:17
選ばれなかった武藤雄樹
 東アジア杯が始まる前、ハリルホジッチ監督は 「私の一番の仕事は、日本の大きな問題でもあるが、得点を取る選手を見つけるということだ。リーグ戦で25点から30点取れる選手を見つけること」(ゲキサカ) と語っていた。  そして東アジア杯で武藤雄樹は2得点し、大会得点王にもなった。直近の浦和-仙台戦でも得点し、クラブで活躍している。それにもかかわらず、彼はカンボジア・アフガニスタン代表戦のメンバーに選ばれなかった。これはどういうことなのだろうか。  武藤雄樹は元ベガルタ仙台の選手であり、私には... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/28 21:12
中国男子1−1日本男子 ハリルホジッチ監督についてとか
 ハリルホジッチ監督については、マスコミの手の平がすっかり返ったようである。監督というのは批判されるのも仕事のうちなので間違った姿ではない。  私はハリルホジッチ監督について測りかねていた。どんなサッカーをしたい人なのかよくわからない。ただこの頃は、こんなサッカーをしたい、というものはないのではないか、と思い始めている。勝つためにどうするか、という発想から始まる人ではないかと。そうした意味では、同じ旧ユーゴスラビア出身のオシム監督のような、したいサッカーがあってそれを現実に降ろしていく監督とは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/11 18:17
中国女子0−2日本女子 3戦目にしてようやく
 埒もない仮定なのだが、今回の女子代表に2週間程度の合宿期間が設けられていたら結果はどうだっただろうか。もちろん、北朝鮮・中国・韓国も同条件の合宿が行えたとして。案外、日本女子代表は、もっと良い結果、2位程度には行けたのではないか。1位もありえたかもしれない。  というのも、日本女子代表は一試合ごとに明らかに良くなってきたからだ。各試合で相手が違うという話もあるが、連携、互いの要求、監督の要求へのレスポンス、戦術理解というものが試合ごとに向上してきた。ほぼ初めて組んだ仲間がほとんど、というのは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/10 18:11
日本男子1−1韓国男子 やっと勝ち点1
 なんでこんなサッカーを見ているのだろう。女子も男子も負けるしつまらない。そもそも女子は勝てるメンバーを連れて行っていないし、男子は勝たせる気のないスケジュールで送り出しているし。  などと思っていたらようやく4試合目で勝ち点1。多少は見た甲斐があったか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/05 23:10
日本女子1−2韓国女子 負け負け
 2連敗なのでいろいろと厳しい意見があるだろう。だが悪いことばかりではない。良い面から書いてみよう。  初戦の北朝鮮戦よりはチームになっていた。  ボールの動きがスムーズで、意図の見えるパスワークになっていた。9人先発を入れ替えたが、人が変わったからというよりも、練習を何日か重ねているうちに連携が良くなっていったのだろう。もちろん、北朝鮮よりも韓国のほうがボールを持たせてくれたという面もある。  63分に川村が入ってから、日本がボールを持って攻め込める展開になってきた。キャプテンらしく、試... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/04 22:26
日本男子1−2北朝鮮男子 これから代表戦はつまらなくなるだろう
 北朝鮮のプレーを見て、つまらないサッカーをしているな、と思った。  それに負けた日本は、情けないサッカーをしている、と感じた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/03 20:06
東アジア杯 日本女子2−4北朝鮮女子 この代表は弱い
 わかってはいたのだが。  海外の選手ばかりか通常の代表レギュラーは誰も連れて行っていないし。  初招集選手も多く、練習時間もなく、連携もへったくれもない。  しかし事前の想像以上にこの代表は弱かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/01 22:08
女子W杯決勝 日本2−5アメリカ 完敗の熱戦
 完敗なんで何を書こうかと思うんですけど。  例えば16分間の4失点についてこれがどうだったあれがどうだったと書いてもいいんですが。  やっぱりくじ運に恵まれた準優勝だったねと斜に構えてもいいのですが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/07 18:05
女子W杯 日本2−1イングランド オウンゴールに至るまでとオウンゴール
 前半はイーブンの展開だった。どちらが有利というものでもなかった。  少し意外だったことがある。どちらも準々決勝の時のように前からは追わなかったことだ。イングランドは前に長いボールを当ててきたし、日本はそれに対処することに注力していた。一見、アグレッシブさが欠けて双方慎重に対処していたように見えた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/03 23:17
U-22 日本2−0コスタリカ 日本がしぶとく勝つ
 この試合はユアスタで行われた。  手倉森監督は長くベガルタ仙台のコーチ・監督を務めていた。ベガルタサポーターそれぞれにはそれぞれの思い入れが手倉森氏に対してあるだろう。 「恩返しをしたい」と手倉森氏は言っていたそうである。   私個人としては、そんなに気を使わなくていいから自分の仕事を全うしてください、と思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/02 22:19
女子W杯 日本1−0オーストラリア、カナダ1−2イングランド
日本1−0オーストラリア 岩渕のゴールで消耗戦を制す ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/29 18:15
鹿島2−3川崎F、F東京3−2清水
 女子W杯をずっと見続けていた所にJリーグを見た。見慣れていた筈のJリーグが新鮮だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/28 13:25
女子W杯 日本2−1オランダ "ほぼ"完璧な勝利
 日本はリスク覚悟で最終ラインを上げてきた。  最終ラインを下げて中盤との間を空けるのは守備にならないから論外である。ならば最終ラインと中盤をともに下げるドン引きは、敵を呼び込むことになるしボールを奪ってからの攻撃が遠い。だから中盤と最終ラインをコンパクトにしてラインを上げた。ところがオランダのフォワードは日本のディフェンダーよりも足が速い。当然裏を狙われた。  狙われるのは覚悟の布陣だった。フォワードとディフェンダーの追いかけっこで、追い越されても振り切られない微妙なライン取りで日本は守っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/24 22:36
女子W杯 日本1−0エクアドル 勝ったのだからよいではないか
 カメルーンに6-0、スイスに10-1で敗れたエクアドルに日本は1-0。シュート20本でたった1点。というわけで批判する向きもあるようだ。  だが1点取って勝ったのだからよいではないか、とシンガポール戦シュート23本で0点の男子代表を見たばかりの私は思うのだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/18 20:41
日本0−0シンガポール(生観戦) わざと外してんのか?
 天気は曇り。気温はさほど上がってはいなかっただろうが、湿気がまとわりつく感じがした。長袖一枚くらいでちょうど良かった。あじさいが咲いていた。  埼スタの席はバックスタンド二階席アウェー側。階段を上るのが億劫になるほど上の席。座ってみればゴールラインの延長線上。券は売り切れたと聞くが、平日の試合だけに席が埋まるには時間がかかった。後半発表された観客数は57,533人。代表戦の観客は祝祭を求めて来た人々だ。Jリーグの試合よりも、花火大会の雰囲気に近い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/17 20:07
日本2−1カメルーン 大変ですね勝つまでは
 カメルーン-エクアドル戦の得点シーンだけは見ていたので、カメルーン攻撃手一人一人の能力の高さは知っていた。裏を取る瞬発力とスピードは素晴らしいものがあった。あの躍動感はアジアでも西洋でも無い。  となれば、カメルーンはエクアドル相手に6点取ったのになぜ日本相手には1点しか取れなかったのか、という視点もある筈だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/14 10:47
日本4−0イラク 日本強いね
 まずイラクってもっと強かったよなと思って。  いや、ドーハの悲劇とか優勝したアジア杯とか以前のイラクの話をしているのではなくて、この間のベスト4まで行った今年のアジア杯のイラクはもう少し強かったよなと。  まあ、ベスト4にいけたのは、イランが勝手に10人になってくれたおかげではあるんだけど。  ともあれ日本はアジア4位相手に好き放題できたのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/12 18:13
女子W杯 日本1−0スイス バッハマンが来るぞ〜〜
 少し気になったのは安藤が受けたPK。  ゴールキーパーは前に出てシュートにどうにか手を出して防いだら安藤にぶち当たってしまった。  安藤はここで骨折退場を余儀なくされたのだから、危険なプレーであったわけでPK判定ゴールキーパー警告は妥当なんだろう。  ただそれならGKはどんな出方をすればPKにならなかったのか。  そう思うと、このGKが安藤とぶち当たってPKを与えたのは彼女としてのベストな選択の結果だったかもしれない。宮間は素晴らしいPKシュートを決めたが安藤を止めた時点ではそんな数分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/11 18:46
日本女子1−0イタリア女子 勝ったはいいが再び
 前半、イタリアが鋭く攻めてくる時間帯があった。イタリアはオランダとのプレーオフに敗れて今回のW杯に出られなくなったそうだ。これだけのチームが出られないのかと思った。  ただ、遠くから来てコンディションの問題があったのか、後半は最終盤を除いてほぼ日本の時間帯になった。イタリアは67分に3人の選手を交代させていたが、その効果があったようにも見えなかった。選手層が薄いのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/29 22:20
日本女子1−0ニュージーランド女子 勝ったはいいが大変だ
 いま追い込んでいてコンディション最低ということなのか。  そういう話だったら良いのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/25 20:54
カナダW杯日本女子代表の話
 日本女子代表の佐々木則夫監督がFIFA女子ワールドカップ カナダ2015の大会メンバーを発表したのは5月1日。それについて何か書こうと思っていたら2週間が経っていた。時は流れる季節は流れる。  5/17(日)に女子リーグは第9節が行われ、それから中断期間に入る。代表合宿が始まるということで海外でプレーしている選手達が日本に帰国してきたようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/15 22:20
W杯アジア2次予選の組み合わせに関して
 【グループE】 日本(50)、シリア(126)、アフガニスタン(135)、シンガポール(162)、カンボジア(179) カッコ内はFIFAランキング(2015年4月9日発表) (以下も含めてスポーツ報知より) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/16 20:04
U-22 マレーシア0−1日本 ともあれ3連勝
 同じマレーシアのジョホールバルで日本代表は初めてのW杯出場を決めた、と青嶋アナは語っていた。しかし同じマレーシアでもあの日のジョホールバルとは似ても似つかぬ荒れたピッチだ。例によってまたスコールもあったらしい。  そんなサッカー場に日本の選手達も慣れたらしくそれほど違和感なく繋いで攻めていた。1点で終わったことは物足りないが、マレーシアがほとんどの時間引いて守っていたので、1点でもほぼ十分という試合だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/02 22:25
日本5−1ウズベキスタン(生観戦) 幸福感に包まれた東京スタジアム
 味スタはこの日東京スタジアムと称していた。いや、東京スタジアムが味の素スタジアムと称しているのだが、ネーミングライツも長く続けていればそちらのほうがデフォルトになる。  その東京スタジアムは春だった。寒がりの私だが、もう夜の観戦でもコートはいらないと思った。  私の席はバックスタンド2階席アウェー側。俯瞰は出来るが個人の識別は難しい。私が券を買った当時まだハリルホジッチ氏は日本代表監督ではなかった。監督が決まってから券を買った人はどれだけいたのだろう。  試合後半に入場者数46007人と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/01 22:09
U-22 日本2−0ベトナム 三浦監督の手腕と日本代表の不安要素
 海外からやってきた代表監督が監督の母国と戦って勝った、という話はほとんど聞いたことが無い。トルシエはフランスに勝てなかったし、ジーコはブラジルに、ザッケローニはイタリアに勝てなかった。個人的に印象的だったのはドイツW杯のメキシコ対アルゼンチン。決勝トーナメント一回戦、アルゼンチン出身リカルド・ラ・ボルペ監督率いるメキシコ代表はアルゼンチン代表と互角以上に戦ったが延長戦で決勝点を奪われ1-2で惜しくも敗れた。  監督は強い国から弱い国に行くものであるから、母国側のほうが強いのは当たり前ではある... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/30 20:25
日本2−0チュニジア 目出度さも中くらいなり
 まず出場したメンバーを見てみよう。 GK: 権田、DF: 槙野・麻也・藤春・酒井宏(84 内田)、MF: 長谷部・清武(59 香川)・蛍(84 今野)、FW: 永井謙(59 本田圭)・川又(72 岡崎)・武藤嘉(72 宇佐美)  スタメンにザッケローニ監督時のレギュラーが麻也と長谷部しかいない。新監督が機会を与えると言っていたのは嘘ではなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/28 13:06
U-22 日本7−0マカオ 予定通り圧勝
 世間的にはハリルホジッチ初陣のほうが注目を浴びているが、見た順番ということでオリンピックアジア予選のほうから書く。  マカオはグループリーグの中でも力が落ちるし、日本が圧勝するだろうと予想された試合だ。それで、実際に圧勝した。  解説の清水氏はもっと大差で勝ってほしかったようだ。それに監督目線の人だから日本の攻め方にいろいろと注文があった。でも私は監督目線なわけはないし、7点も取って不満など無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/27 22:45
ハリルホジッチ監督の日本代表メンバー発表に関するちょっとした感想
遠藤保仁  代表の中心選手が、ある代表監督の時から代表に呼ばれなくなる、というのはよくある話だ。ただ、敬意を表したいと言って、呼ばなかった選手のことを語った日本代表監督は、初めてではないだろうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/19 20:55
U-22 日本9−0ミャンマー、アルガルベ杯 日本2−0アイスランド
U-22 日本9−0ミャンマー 文句なしの大勝 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/12 20:28
アルガルベ杯 日本1−3フランス 日本は弱い
 少なくとも現時点で日本は弱い。W杯ディフェンディングチャンピオンとアナウンサーは連呼していたが、4カ国のグループリーグで3位なのだから、このままならグループリーグ突破も危うい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/10 19:00
アルガルベ杯 ポルトガル0−3日本 サブメンバーの快勝
 このポルトガル戦、日本はデンマーク戦からスタメン総取り替えで臨んだ。結果は快勝だった。ほとんどの局面で相手を圧倒した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/07 13:12
アルガルベ杯 日本1−2デンマーク と、少しラ・マンガの話
 アルガルベ杯の前に、ラ・マンガU-23女子国際大会について感想。  アルガルベ杯に向けて女子のフル代表が準備をしていた時期に試合が行われていた。つまりフル代表に選ばれなかったU-23選手達の試合だった。事前のインタビューで選手らが、フル代表に出たいとか語っていた。  そんな試合にどんな意味を持たせるのか。フル代表に行きたい選手達と言っても佐々木監督はアルガルベ杯のほうに行っていて見には来れないわけで、どんなモチベーションを持ちうるのか。  結果は1勝2敗。あまりパフォーマンスが良くなかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/06 19:50
アギーレ監督の八百長疑惑から現在に至るまで
 書くと不愉快な気分になるので書かないでいたのだが、時間が経ってみると冷静になってきた。新しい代表監督が決まりそうでもあるし、この機会にいわゆる疑惑発覚の当時から考えていたことを記しておく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/05 18:34
日本1−1(PK4-5)UAE まさかの敗戦
 今アジア杯の日本代表は強いと推していた。特に守備の安定感が大きかった。切り替えの早さ、取られた選手のチェイスとディフェンスのチェックの徹底。これまでの日本代表にあった、ボールを取られた時の不安感、ずるずると下がってシュートを打たれてしまう場面が激減していた。苦手とされたセットプレーも危なげなかった。  もちろんサッカーであるから、どんなに強いチームでもうっかり負けてしまうことは起こり得る。それが、こんなところで起きてしまった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/24 14:20
日本2−0ヨルダン 日本は強い
 日本代表は、強いです。  こんな強い代表は、見た記憶がありません。  ヨルダンにほとんどサッカーをさせませんでした。かつてアジア杯で日本と死闘を演じ、W杯予選のアウェー戦で日本が敗れたこともある相手にです。  川島はシュートへの反応に優れたゴールキーパーですが、その能力を見せる場面がありませんでした。パンチングは見ましたが、セーブする姿をほとんど見ませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/21 18:41
日本1−0イラク もちろん日本は強い
 オーストラリアは優勝候補とか、優勝候補のウズベキスタンを中国が破ったとか書いているのだが、その前に日本も優勝候補だ。パレスチナ戦は相手とレベル差があったので判然としなかったが、このイラク戦では優勝候補であることがよりはっきりとした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/17 16:00
日本4−0パレスチナ 快勝は快勝だが
 パレスチナがどんなチームかわからないので不安はあった。チャレンジカップ優勝というのでそれほど強くはないだろうと想像してはいたが見ていないうちはわからない。  実際に試合を見てみたら日本との実力差はありありとしていて、日本の順当な勝利だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/13 18:10
集大成終了
 そういうわけで、集大成の年が終わる。  今年は18試合を現地で観戦した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/28 10:13
日本2−1オーストラリア 反省点込みで良い試合
 前半は駄目だったが、後半に良くなった。  いや、後半からというより2ボランチにしてから良くなった。  今野が攻撃で活躍するとなぜか笑ってしまう。ボールがファーに流れてきてそこに今野がフリーでいたけれども、どれだけ狙っていたことなのか。ともあれ、フランス戦以来の爆笑だった。そう言えばあのフランス戦もずっと圧倒された試合であった。  岡崎のゴールもセクシーフットボールで素晴らしかった。こんな泥臭くないゴールをされたら村山画伯が困るのではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 21:05
日本6−0ホンジュラス 文句なしの完勝
 6-0で勝って何も文句はない。  ホンジュラスが弱すぎたとか言う人もいるだろうが、ここもブラジルW杯出場国だ。エクアドル戦など敗れはしたがいい試合だったと記憶している。相手を貶めてあえて自国を貶すこともあるまい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/15 12:53
U-19 日本1−1(PK4-5)北朝鮮 いろいろと思う所
 試合は10月17日。BS1での放映が10月25日。ようやく録画を見ることが出来たのだが、随分時間が経っている。様々なことがこの試合に関して言われていたので、改めて書くことなどないと思っていた。しかし、実際に見てみるとそういうものでもない。自分なりに思う所について書いてみよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/06 18:50
カナダ女子2−3日本女子 無駄に劇的にならなくてもよろしいが
 日本は一戦目とかなりメンバーを変えてきた。 GK: 福元、DF: 有吉・岩清水・熊谷・上尾野辺、MF: 阪口・明日菜・岩渕・永里、FW: 高瀬・菅澤 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/31 23:08
カナダ女子0−3日本女子 変わらぬメンバーの進歩
 まず、先発メンバーを書きだしてみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/26 12:28
日本0−4ブラジル それはそうなるよ
 まず日本代表のスタメンを見て、おかしいと思った。アギーレ監督が何をしたいのかわからない。少なくともブラジルに勝つ気がないのはわかった。  アギーレ監督のサッカーはアンカーが要になっている。4-1-2-3の1だ。ここに走れて読めて繋げて何より守れる人間がいないと全てが破綻する。その1の所で、森重も細貝もここまでは機能していた。  例えば今回長谷部を呼ばないのは彼にアンカー特性が無く、それなら2の所だが柴崎ら他に2の位置に起用したい選手がいて呼ばなかった、ということかと考えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/15 20:25
U-19 日本3−1ベトナム 無駄に劇的な
 前半関根一人が右サイドで仕掛けて頑張っていたが、そのクロスの先に人が入って来ない。南野・越智らには関根の蹴るタイミングや位置がつかめていないようだった。この代表はまだチームになっていない。  相手を追うのを厭い、ファウルで止めるのを繰り返す。守ってはベトナムにバイタルエリアでパスを回され裏に飛び出される、と危ういことこの上なかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/13 11:28
日本1−0ジャマイカ 一歩一歩
 ジャマイカの選手達はガタイが良くて、ウサイン・ボルトが11人いるような気がした。以前からそんなチームだっただろうか。98年W杯で対戦した時、あんなに相手がムキムキだった記憶はない。  しかし、ジャマイカはガタイの良さを生かしていなかった。一対一のボールの奪い合いになっても、トラップの精度がなくボールが足下に留まっていなかった。それに体の使い方がうまくないのだろう。日本代表の選手達が当たると、簡単にボールが奪えていた。  その上でコンディションも悪いのだから、日本が圧倒する展開になった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/11 18:02
アジア大会女子 日本1−3北朝鮮 残念でした。ふたたび
 北朝鮮のほうが強かったなと。  久しぶりにステートアマなんていう言葉を思い出したり。  いくらポゼッションをしようが、戦術的な創造性があろうが、点を取れなくて点を取られたら負けです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/02 20:12
アジア大会女子 日本3−0ベトナム 好チームになっていたベトナム
 日本女子はベトナムとアジア杯で今年5月に戦っている。というわけで、前回のベトナムメンバーと今回とを比べてみた。  人物表記が違う。  スエンがウーエン? ハイ・ホアがハイ・ホー? ムオンはMFからFWになった? ミン・チュエットはミン・グイエット?  この4人が両試合で共通のスタメンだろうか。4ヶ月間でだいぶ入れ替わっているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/01 18:29
アジア大会 韓国1−0日本 残念でした
 日本は攻められ攻められ、守って守った。こうした試合は不思議なことに勝ったほうがけなされたりする。マイアミの奇跡とか、2012年の親善試合フランス戦とか。勝つには勝ったが、こんな勝ち方では後に何も残らない、などと言われる。  しかし、負けると惜敗などと言われ、それほどけなされなかったりする。  実際のところどうだろう。W杯のコロンビア戦のように、打ち合って大敗するのとどちらがいいのだろうか。  手倉森監督は不利と思えば割り切る人である。ベガルタを率いていた時も、普段は前から奪いに行くサッカ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/30 18:30
アジア大会女子 日本9−0香港 これで文句を言う人もいないだろう
 トーナメントとは思えない情け容赦ない圧勝。  ガーナ戦後半無得点だった猶本・中島のボランチコンビで大勝。  決定力の高い無得点フォワード増矢がついに2得点。  なかなか代表で点を取らない木龍も2得点。  岩清水スーパーゴール。  存在を忘れつつあった羽座が右サイドバックで90分出場。  長船も高瀬も菅澤も戻ってきた。高瀬と菅澤が途中出場で得点。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/27 10:58
アジア大会 日本4−0パレスチナ 勝てる試合に勝つ
 パレスチナサッカー代表の試合を見るのは初めてである。  事前に成績を調べてみた。フル代表はAFCチャレンジカップ2014で優勝した。キルギス・ミャンマーに勝ち、モルディブと引き分けグループリーグを1位通過。決勝トーナメントではアフガニスタン、フィリピンに勝利した。ここで優勝したことから、2015年アジア杯の出場権を得た。  一方、このアジア大会ではグループC。オマーン、タジキスタンに勝利した後、シンガポールに敗れたが1位で通過した。  さて、ここまでの記録はともかく、実際の力はいかほどで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/26 22:22
アジア大会女子 日本3−0台湾 TBSか(溜息)
 前半2-0はダイジェストのみ。放送は後半10分から。TBS。以前からサッカーの魅力を伝える意欲に欠けたテレビ局だった。夜中に録画でもいいから90分間を流そうという気はないのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/23 10:16
アジア大会 日本4−0ネパール よろしいのではないだろうか
 イラク戦で1点を取ったものの絶好機を二度外した中島翔哉。彼は試合後に「負けた時にウダウダ言っても仕方ない」とか、「もっと自分にボールを入れてほしい」などと強気に語ったそうである(日刊スポーツ)。  彼はFC東京の選手だが、ヴェルディユースの出身。ヴェルディユースというと天才型のプレーヤーを数多く輩出してきたが、彼はどうやら性格まで天才肌のようだ。  今後活躍すると、その度にマスコミが群がって発言を取り上げるだろうな、と予想される。そうなればマスコミも取材対象が増えて嬉しいだろうから、ガンガ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/22 18:10
アジア大会女子 日本12-0ヨルダン 日本の痛々しい大量点
 2006年に日本女子はヨルダン相手に13-0で勝利した。そして今年の5月、日本女子が7-0でヨルダン戦に勝利した時、私はこう書いている。失点が6減っただけヨルダンが強くなった、と。  さて今回、日本は12-0で勝利した。4ヶ月間で5点分、また差が開いたのか?  恐らくは違う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/20 07:50
アジア大会 日本1−3イラク 力負けというか日本シュート下手糞
 前半が終わった時点で、1-1の同点だった。イラクの得点は室屋のプレゼントパスから。日本の得点は中島翔の素晴らしい抜け出しから。  同点だが、ハーフタイム中はイラクの方が強いと感じた。  ポゼッションはイラク。それがボールを持っているばかりではなく、押し込んだ上で日本よりも決定的な好機をイラクは作り出せていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/19 18:19
アジア大会女子 日本0−0中国 押し込んだが押しきれず
 この試合はガーナ戦から中一日で行われた。  無茶だ。アジア大会で優勝する気がないのだろうか。  まさか山形県開催を佐々木監督が強く押したら空いている日が9月13日しかなくて中一日になってしまった、などという話ではあるまいな。  などと思いながらネットを眺めていたら、村上アシシ氏の推定に出くわした。アジア大会の日程が一日前倒しになった煽りを食ったのではないか、という。  それが本当かどうか知らないが、確かに日本サッカー協会の説明を聞きたいところである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/18 18:20
アジア大会 日本4−1クウェート 攻撃は良いが危うい
 序盤は緊張もあったようだが、キャプテン大島のシュートが43分に決まり、その後は勝敗に関しては安心して見ていられた。武蔵が左に流れてクウェートセンターバックの間が開いてその間に大島が入りそこに原川の正確なボールが出てきた。お見事。  CKから植田の折り返しに武蔵のヘディングの2点目も綺麗だった。3点目も4点目も綺麗な得点で、崩す力とそれを可能にする連携は十分。このチームの攻撃は素晴らしいものがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/17 18:02
日本女子5−0ガーナ女子 後半もそれほど悪くなかった
 前半5得点で後半0点なのだから、前半は素晴らしかったが後半は大したことがなかったという声が多いようである。阪口・宮間がいないと駄目じゃないかと。  そうでもないだろう。前半のガーナのゴールキーパーはレベルが低かった。日本の4点目(長船)と5点目(中島)はGKのミスだ。一方、後半のガーナGKはレベルが上がった。前半のGKなら入っていただろうシュートが2本はあった。後半のほうが背番号1だから、こちらがレギュラーではないか。  また、後半のガーナは割り切って守備に人数をよりかけて来ていたので、攻... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/16 18:04
日本2−2ベネズエラ(生観戦) 勝てたよな、ウルグアイなら、負けてたな
 日本がW杯で敗れて何が変わっただろうか。  代表戦のチケットが取りやすくなった。  私事だが、ニュージーランド戦もキプロス戦も抽選に外れてTV観戦だった。それが、このベネズエラ戦は券が1万枚以上売れ残っているというニュースが出ていた(8月20日 報知新聞)。この試合のチケットを手に入れるのは楽勝だった。  最終的にこの試合の観客は64.007人。出足は悪かったが、選手の発表等を経て、最終的には満員になったようだ。私の席はバックスタンド、ホーム側の端、2階席。  中秋の名月の翌日。スーパ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/10 22:30
日本0−2ウルグアイ アギーレ初戦不発
 新代表5人を招集し、「新しいことが始まるぞ」という期待を抱かせたアギーレ監督だが、初戦は不発に終わった。  坂井達弥は致命的なミスをして失点の原因になった。皆川佑介は絶好機のヘディングシュートを外した。  4-3-3のフォーメーションは坂井と酒井宏のミス以外の危機をあまり招かなかったが、好機もそれほど得られなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/06 16:29
アギーレ監督の就任と、代表選手発表
 代表選手発表について書く前に、アギーレ氏日本代表監督に就任、について書かなければとずっと考えていた。  考えがまとまらなかったので書けなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/29 19:24
ザッケローニ監督は何を間違えたのか 本文
 日本代表の敗北については、様々な原因が取りざたされている。  例えば、コンディション。調整を間違えて、本番以前にピークが来てしまったのではないか。涼しいイトゥから暑い遠く離れたサッカー場へ行くのは無理があったのではないか。  あるいは、調整試合の相手に強豪を加えたほうが良かったのではないか。現状の問題をあらわにして対策を取った方が良かったのではないか。  そうかもしれない。あるいは、それほどの影響はなかったのかもしれない。判断がつかないので、これらの話は棚上げする。ここではW杯本番の試合... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/15 18:33
ザッケローニ監督は何を間違えたのか 序文
 ザッケローニ監督には、良い思い出が沢山ある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/12 19:44
サッカー相談室(7) 日本代表がW杯で優勝する日はいつですか
Q: ブラジルW杯でおおいに期待していた日本代表ですが、あっさりと敗退してしまいました。はたして、日本代表がW杯で優勝する日はいつ来るのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/08 22:50
サッカーは相撲ではない
 ザッケローニ監督らが「攻撃的に」と言い、長谷部キャプテンらが「自分たちのサッカー」と繰り返していたことに、既視感があった。どこかで似たような言葉を聞いた。サッカーではない。どこでだっただろう。それを最近になってようやく思い出した。  相撲だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/03 20:16
ウルグアイ1−0イタリア、日本1−4コロンビア、ギリシャ2−1コートジボワール
ウルグアイ1−0イタリア ウルグアイが削り合いを制す ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/25 22:58
コロンビア2−1コートジボワール、ウルグアイ2−1イングランド、日本0−0ギリシャ
コロンビア2−1コートジボワール コロンビアの方が上か ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/20 21:40
コロンビア-ギリシャ、コスタリカ-ウルグアイ、イタリア-イングランド、コートジボワール-日本
コロンビア3-0ギリシャ ギリシャの看板に偽り ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/15 16:49
日本4−3ザンビア これが本番なら良かったのに
 0-2からの大逆転後に追いつかれ、しかし終了間際の勝ち越し。エーターテインメントとしては最高だった。  しかし、W杯本番前最後の試合ということを考えると不安が一杯である。調整試合なのだから、つまらなく勝ってほしかった。  この試合が本番、コートジボワール戦だったら良かったのだが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/07 16:13
日本3−1コスタリカ 断片的な感想
 キプロス戦よりも動きは良くなった。  本田はゴールキーパーとの一対一でシュートにも入れなかった場面があった。あれは印象に残ったから、本田が良くないと話題になるだろう。しかし、悪い時の本田ぐらいには戻ってきた。キプロス戦では、悪い時の本田よりもさらに悪いくらいだったのでだいぶマシ。ここからさらに上げられれば問題ない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/03 22:00
日本1−0キプロス 勝ったことだし良しとしよう
 指宿で相当追いこんだということだから、日本代表は疲れきっているだろうし、ろくな試合をしないに違いないと思っていた。実際に疲れきっていたようで、本田はフリーキックがホームランだし、内田はイケメン台なしの生気のない眼をしていた。長友はさすがの大車輪だが途中で足をおかしくしたようで、遠藤もステルス状態。柿谷は一度シュートを打ったのは覚えているが他はどうだったか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/28 17:57
女子アジア杯決勝 日本1−0オーストラリア アジアチャンピオン!
 壮行試合のニュージーランド戦や、グループリーグ初戦のオーストラリア戦を見た時には、危ういと思っていた。とても優勝するとは思えなかった。  優勝できたのは、このアジア杯の中で代表選手達が成長してきたこと、そして佐々木監督の起用が見事だったことがあげられる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/26 21:20
女子アジア杯 日本2−1中国 苦しみながらも決勝進出
 試合は日本の劇的な勝利に終わった。その時、日本と中国は2-0くらいで90分で勝ってもおかしくないくらいの実力差ではないかと感じていた。  それならなぜこれほど苦労したのか。今日になってまた録画を見直してみた。簡単に勝てる相手ではない、いや、どちらが勝ってもおかしくなかった、と感想を改めた。延長後半に中国が露骨な時間稼ぎをしていたので、その時間帯の印象に引きずられてしまったようだ。中国は強敵だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/23 20:28
女子アジア杯 日本7−0ヨルダン 強くなったヨルダン
 日本女子とヨルダン女子は、2006年11月30日、アジア大会(アジア杯ではない)で対戦している。結果は13-0で日本の勝利。内容を書く気にもならない一方的な試合だったが、中東の女子サッカーが珍しくて感想を書いた。  今回のヨルダン戦で日本は主力ではない選手を多く出した。だが、2006年の日本女子代表はまだ世界チャンピオンではなかった。それぞれを鑑みると、失点が6減っただけヨルダンが強くなったと考えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/21 18:35
女子アジア杯 ベトナム0−4日本 ほっとした
 この試合に勝てば日本のグループ2位以上、つまりW杯出場に大きく近付く。一方のベトナム女子サッカーはよく知らないが、ホームだし相当の意欲で来るだろうと思われた。  整列して国歌を歌うベトナム選手達を見ると、一様に若い。澤のようなベテランがいない。また、東南アジアだけに背が低めだが、華奢にも見えた。あまり筋肉がついていない。日本とはフィジカルの差がありそうだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/17 17:21
女子アジア杯 日本2−2オーストラリア 危うく負けるところだった
 先日のニュージーランド戦でアジア杯は大変そうだと書いたのだが、実際に大変でスリリングな試合になった。  試合開始からオーストラリアに押されっぱなし。先制されたのは21分だが、それまでに5回ぐらい、あわやの危機があった。日本はボールを繋げない、前で収まらない、横パスがミス頻発でかっさらわれる。  先制された場面では、ドリブルするフォードの前に立った岩清水がただ突っ立っているばかりで、左側(内側)を抜かれてしまったのが印象的だった。阪口がフォードの内側を並走しており、フォードが内側に入ってくる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/15 21:39
ブラジルW杯代表メンバー決定
GK: 川島・西川・権田 DF: 今野・伊野波・長友・森重・内田・吉田・酒井宏・酒井高 MF: 遠藤・長谷部・青山敏・山口 FW: 大久保・岡崎・本田・香川・清武・柿谷・齋藤・大迫 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/12 20:29
日本女子2−1ニュージーランド女子 アジア杯では大変そうな女子代表
 女子W杯出場がかかるアジア杯の壮行試合。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/09 22:34
U-17女子W杯決勝 日本2−0スペイン 危なげない勝利
 日本が強かった。日本女子代表のドイツW杯優勝は、運の助けもあってかろうじて成し遂げたものだった。しかしこの決勝は、もともと日本が実力で上回っていて、それを素直に出して勝っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/05 17:54
日本代表候補トレーニングキャンプメンバーについてひとこと
安田理大  鳥栖に行って良かったな、というか、鳥栖で痩せられて良かったな、というか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/04 19:50
アルガルベ杯決勝 日本0−3ドイツ 力負け
 当たり前と言えば当たり前だが、勝てば強く見えるし、負ければ弱く見える。それほど強くない所と当たれば日本女子代表が強く見えるし、強くないところと当たれば日本の欠点が露わになる。  ドイツ女子代表は強かった。というわけでいろいろ露わになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/15 11:36
アルガルベ杯 日本2−1スウェーデン 勝つべき試合に勝つのは難しい
 日本女子代表は黄色というか黄緑というか蛍光色っぽいアウェーユニを着ていた。  よだれかけとか結束の一本線とか日本代表の恰好悪いユニフォームがかつて話題になっていた。確かに格好悪いデザインだった。だが、私の不満はそれだけではない。なぜ日本代表ユニの色は全然統一されていないのか。  なぜアウェーユニが白ではいけないのだろう。どうして変える必要があるのか。  ホームユニフォームにしても、ここ20年、薄い青から黒に近い紺色までさまざまだ。青ならなんでもいいのか。色へのこだわりなどないのだろうか。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/12 22:07
アルガルベ杯 日本1−0デンマーク 盤石の最少得点差勝利
 日本代表はアメリカ戦とは大幅にメンバーを入れ替えてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/10 18:02
アルガルベ杯 日本女子1−1米国女子 負けそうな試合だったがどうにか引き分け
 前半の日本はやられ放題というほどではないが、明らかな劣勢だった。  日本の好機が1回ある間に、アメリカの好機が3回ありそのうち1回は絶好機という具合。  アメリカFWのルルーらがその絶好機を外していて、それで助かっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/07 21:47
日本4−2ニュージーランド こんな微妙な代表は初めて
 試合前に何を思っていたかと言うと  過大な期待はしないでおこうと  ザッケローニ監督も言っていたけれども  シーズン開始直後の日本代表というのはまともに体が動かなくて  週の合間だから海外から来た選手もろくな動きができないのが普通で  だから3月の代表戦にあまりいい思い出はないから  大したことにはならないだろうと想像していたわけで ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/05 22:14
昨シーズン後に引退した選手に関して(2)
ジュニーニョ・ベルナンプカーノ  2006年のドイツW杯、日本ブラジル戦でロングシュートを決めた。日本代表GK川口が、「ボールが消えた」と言った。改めて映像を見ると、無回転のボールが途中で落ち、腰砕けの川口が伸ばした両手の間を抜けていった。悪夢のようなゴールだ。  当時はリヨン。アル・ガラファ等を経て最後はヴァスコ・ダ・ガマ。39歳。お疲れさまでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/03 18:29
AFC U-22 日本0−1イラク 順当な敗戦
 解説のセルジオ越後氏は辛口で有名なのだがこの日は愚痴に終始していた。どこをどう直せばいいのやらといった心境であったろうか。  強いほうが勝ったという、日本にしてみれば順当な敗戦だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/21 22:39
AFC U-22 日本3−3イラン 長所も課題もある船出
 AFC U-22に日本はリオオリンピック代表となるU-21で出場。イランはレギュラーション通りU-22で出場とのこと。手倉森オリンピック代表監督の船出の試合である。  3−3の引分けとなり、試合は点の取り合いで面白かった。だが今後のことを考えれば、攻撃の良い点と守備の課題が見られた試合になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/13 18:31
ベルギー2−3日本 世界5位でシード国のベルギーに勝った
 ベルギーは世界5位だそうである。  日本代表と試合をする国の監督さんはよく、「日本は急成長した」とほめてくださる。だが、ベルギーは日本以上に急成長している。日韓W杯で日本と戦った後、ベルギーはW杯に出場していない。それがブラジルW杯に予選一位、無敗で出場を決め、世界5位。所属を見るといわゆる欧州一流クラブが多くいて、特にイングランドプレミアリーグの選手がかなりいる。この急成長の理由をぜひとも知りたいところである。  もちろん、日本は苦戦するものと思われていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/20 22:32
オランダ2−2日本 気分が晴れた引き分け
 ザッケローニ監督は川島、遠藤、香川、柿谷をベンチに置いて、西川、螢、清武、大迫を先発させた。驚いた。さすがにこれだけ負けが込むとどうにかしたくなるものらしい。  試合の入りは良かった。蛍も早速シュートを打っていた。リズムよく攻めていた。これを90分続けるのは無茶だろうが、オランダの攻撃力を考えたら、ボールを持っていたほうが安心できる。  などと普段早寝なのでそろそろ眠くなってきた私は、寝ころんで働かない頭でのどかに眺めていた。それが13分、いきなり内田がやらかしたので飛び起きた。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/18 18:32
U-17W杯 スウェーデン2−1日本 ポゼッションにはカウンター
 まずスウェーデンが日本をよく研究していたと思います。  一番は、ボールは持たれる、それは仕方がない、というスウェーデン側の割り切りでしょう。グループリーグでは、これほどボールを持たれるとは思わなかった、と相手は驚いてくれました。しかしスウェーデンはボールを持たれるのがわかっているから慌てません。無理にボールを取りに行きませんし、結果としてボールを持たれ続けてもバランスが崩れません。つまり日本に心理的なアドバンテージがありません。  人数をかけてスペースを埋め続けるという作業を彼らは90分続... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/29 18:07
U-17W杯 日本2−1チュニジア 奇妙なチームの不思議な逆転劇
 マスコミで多くの報道がある通り、このU-17日本代表はいろいろと奇妙な所がある。  試合ごとに多くの選手を入れ替えている。  そればかりか、ポジションもシャッフルしている。  最も不思議なのは、それでもチームが成り立っていて、しかも勝っているところだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/26 17:44
AFC U-19女子 日本0−0北朝鮮 4位で終了しU-20W杯出場を逃す
 この大会は6カ国のリーグ戦で行われた。3位以上なら翌年のU-20W杯出場権が得られる。これは5試合目の最終戦。この北朝鮮戦で勝てれば3位以上(というか2位が)確定だったのだが、引分けに終わり、トータル2勝1敗2分。同じ勝ち点の中国が得失点差で3位に入り、日本は4位。U-20W杯出場はかなわなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/25 18:17
U-17 日本1−0ロシア、日本3−1ベネズエラ
U-17 日本1−0ロシア 危ない場面もありながら欧州一位を破る ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/23 22:48
ベラルーシ1−0日本 美しい白樺の紅葉
 サッカー場から見える紅葉が美しかった。  日本でいま紅葉が盛りな場所を調べてみた。八方尾根、尾瀬、安達太良山、蔵王、岩木山、定山渓、富良野、知床など。だいたいその辺りと似たような気候ということだ。  柿谷の髪の毛がバックの紅葉の保護色になっているのが可笑しかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/16 20:53
セルビア2−0日本 変わらないことは退歩と同じ
 何を書こうかなと思っていろいろ考えた。だが何を思いついても、それは以前にも書いたな、という既視感が頭を駆け巡った。つまり日本代表はここ数年変わっていないのだ。  前田遼が柿谷に変わったけれども、11分の1の変化でしかない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/12 21:08
日本女子2−0ナイジェリア女子 雑多な感想
 ナイジェリアはコンディションが悪かったらしく全然走れていなかった。勝ったのは順当。それをくさすつもりはない。勝てる相手に確実に勝つことは重要だ。  ナイジェリア選手のドリブルは独特でどたどたと走っているようでなかなか止められなかった。でかいし足が長いし走るリズムが日本とも欧州とも違う。それを実感できただけでも意味がある。だいたい、女子リーグは男子のJリーグと違って外国人選手が少ないのだから、こうした機会は貴重だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/24 20:09
手倉森監督が五輪代表監督候補?
 河北新報に、J1仙台の手倉森氏、五輪監督候補に サッカー協会就任打診というニュースが出ていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/18 20:44
日本3−1ガーナ(生観戦) ホームで勝ってハッピー
 関東から夏は去りつつあるのだが、夏のほうでは去り難くも思っているらしい。曇りで気温は高くないが湿度は高い。横浜国際競技場は蒸し蒸しだった。  横国をバックに記念写真を撮る女の子を複数見かけた。Jリーグでは見かけない光景で、代表戦なのだな、と改めて思った。長い階段を上って私の席はカテ2バックスタンド2階席アウェー側、目の前にはペナルティエリアライン。座ってキリン一番搾りを飲んでいたらほどなくして代表選手らの練習が始まった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/11 22:28
日本3−0グアテマラ 興行は大切
 先発メンバー、交代メンバーが興味深かった。 GK: 西川 DF: 高徳・長友・森重・吉田 MF: 遠藤(79青山敏)・清武(45本田)・長谷部 FW: 岡崎(62工藤)・香川(75今野)・大迫(45柿谷) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/07 13:04
メキシコ0−2日本 1968年メキシコオリンピック銅メダル
 日本のメンバーは、ゴールキーパーが横山、スイーパーに鎌田。その前にディフェンダー3人、左から山口・小城・片山、中盤は中央に森、左に渡辺、右に宮本。左ウィングに杉山、右ウィングが松本。センターフォワードが釜本。  後のサッカー界重鎮が何人かいる。Jリーグ草創期に監督を務めていた人も多い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/05 18:26
日本2−4ウルグアイ 相性を打ち破るくらいでないと
 ウルグアイは強いのだろうな、と思ってはいたが、やはり強かった。  ただ、彼我の力の差がどこらへんに起因するのか、というのはやはり戦ってみないとわからない。今回は特に相性の悪さ、その悪さを打ち破れるだけのものがなかった、という感想を持った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/18 19:21
ウルグアイ戦メンバー発表
 一番驚いたのは、東アジア杯メンバーから誰が選ばれたということではなく、前田遼一が外れたこと。外れた理由としてザッケローニ監督は、前田遼のコンディションが上がっていないことをあげていた。コンディションを理由にしたのは前田遼のプライドを慮ってのことか、と疑った。そこはわからない。前田遼のコンディションが上がれば復帰するのかもしれないし、コンディションが上がっても豊田・柿谷のほうがいいと判断されるかもしれないし、あるいはコンディションが上がることは今後ないのかもしれない。未来は未定だ。  これまで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/08 22:52
韓国1−2日本 耐えて耐えて勝利
「全員のプレーを見ることができた」(サッカーキング)  えー? 林は? 「彼も代表候補だし、仙台に行ったときにはしっかり見ていきたい。偶然、呼んだわけではないことを伝えておきたい」(ゲキサカ) だそうです。ぜひ仙台にいらしてください。でもたぶん私はいないのでお相手はできません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/29 21:07
東アジア杯女子 韓国2−1日本 日程の話とか失点の話とか
 まず日本が中一日、韓国が中二日という日程について。  実は東アジア杯は日本のほうが始まりが早く、日本は中四日、中一日。韓国は中二日、中二日。  なぜこんな変な構成になっているのだろう。納得がいかない。ただ、トータルで日本が不利かと言うと、この韓国戦こそ不利だが、三試合の中で不利とは言い難い。  韓国は他の二試合はいいから、日本だけには勝ちたいとこの日程を組んできた? いや、よくわからない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/28 12:28
東アジア杯 日本3−2オーストラリア 最大の問題は解決されぬまま勝利に酔う
 なぜ日本が勝てたのか。オーストラリアが日本以上に弱かったからか。  オーストラリアは日本と同様に代表レギュラーは少ない。スタメンを見たら聞いたことのある名前が3人くらいしかいなかった。バイタルエリアは空けてくれるし、サイドでは簡単に数的不利になってくれるし、日本の苦手なロングボールは最後まで蹴って来ない。  3-2になって、どうしてロングボールを蹴って来ないのかと思った。日本のプレスはもう効かなくなっていたのに勝ちたくないのかと。監督に繋げと言われたのかとも考えたのだが、オジェック監督がそ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/26 21:09
東アジア杯女子 日本0−0北朝鮮 危なかった惜しかった
 前半は北朝鮮のペースだった。  北朝鮮はどういう鍛え方をしているのか、よく走りしかもその走力がいつまでも衰えないという伝統がある。一方の日本はパス回しがいまひとつ。何度かボールを奪われてはゴール前に迫られた。  前半終了間際にあわやのシュートをリ・エギョンに打たれたのだが、クロスバーがいい仕事をした。日本は前半シュート一本のみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/25 22:37
名古屋がケネディの東アジア杯出場を拒否
 アーセナル-名古屋戦を見た。アーセナルのコンディションが割に良く、アーセナルと名古屋の本気度も比較的高く、けっこう面白かった。  名古屋選手の中にはケネディもいた。楽しそうにプレーしているように見えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/23 22:25
東アジア杯 日本3−3中国 いろいろと情けない
 試合内容について書くのは気が重いので、ひとりひとりについて。勝敗よりも新戦力、とかいう話でもあるし。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/22 20:00
東アジア杯女子 日本2−0中国 順調なスタート
 開始早々の4分、ゴールキーパーと一対一になった大儀見は、シュートを打たずにパスを選択してディフェンダーにカットされ、絶好機を逃した。  いつから柳沢になった!  大儀見はこの試合で2アシスト。シュートを打たずにアシストに徹しようという縛りでもあったのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/21 12:32
柴崎岳の体調不良による代表辞退
 7月17日の磐田戦で体調不良を訴えていた柴崎岳は、代表参加を辞退した。19日に緊急に徳永悠平が招集された。すでに東アジア杯の行われる韓国へ到着したという。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/20 11:59
東アジア杯代表メンバー発表
 発表メンバーの中から、何人かについて感想。 GK 林卓人  3試合でGKも3人いるのだから、一人一試合で三人とも出してくれないだろうか。というか、林を一試合でいいから見たい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/15 20:09
女子代表 ドイツ4−2日本 いろいろと残念な力負け
 ドイツのほうが強かった、とは思うのだが、もっとどうにかなったのではないか、という思いが拭えない敗戦だった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/07/01 18:14
女子代表 イングランド1−1日本 意外に良かった熊谷ボランチ
 宮間は出場停止。親善試合の退場が次の親善試合に響くとは知らなかった。澤は怪我でそもそも帯同していない。さて、それではセンタープレーヤーはどうするのか。明日菜かな、と思ったら、なんと佐々木監督は熊谷をもってきた。よもやの熊谷ボランチ。  センターバックは岩清水と若手の長船。センターバックも次世代に経験を積ませたかったか。長船がポカをしなければいいが、と思っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/28 18:31
日本1−2メキシコ 夢から覚めた
 ブラジル戦後は醒めていた。イタリア戦後は腹を立てていた。そしてメキシコ戦後は意気消沈した。  イタリア8位、メキシコ17位、ブラジル22位、日本32位。W杯予選を戦っていないブラジルの順位がおかしいが、日本の3連敗はFIFAランキング通りである。  つまり、日本はその程度なのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/26 19:17
女子代表 日本1−1ニュージーランド 宮間あや退場で暗転
 若返りを図ったアルガルベ杯で残念な結果に終わり、結局佐々木監督はW杯・オリンピックメンバー主体でこの親善試合に臨んだ。澤と宮間が中盤に入った。近賀・鮫島こそ怪我で不在だが、代わりに出たのは宇津木・有吉とお馴染みのメンバー。場所はベストアメニティスタジアム。有吉は佐賀県出身だそうで、そのあたりの配慮はあったかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/24 18:50
イタリア4−3日本 腹立たしい敗戦
 腹立たしい。  ブラジルに完敗した時には、「なるほど」「こういうことか」「所詮いまはこの程度か」と冷静に観察していた。だが、このイタリア戦は腹が立ってならない。  勝てたかもしれない。そう思うと冷静でなくなるのはなぜだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/22 08:14
ブラジル3−0日本 完敗だがそれほど悲観しなくても
 昨年10月、ブラジルとは中立地で4-0で敗れた。  あれから8カ月、ブラジルも日本も止まっているわけではないだろう。だが、その距離感を測ることには意味がある。  ブラジルとの距離。今回はブラジルのホーム。相手はコンフェデ杯のために二週間の合宿を敢行したと聞く。一方、日本はイラク戦から中三日。移動の負担もある。それで3-0。点差は1減っている。  完敗なのは変わらなかったが、ブラジルとの距離はいくらか縮まっているかもしれない。少なくともより拡がったことはないだろう。    ブラジルの先... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/19 18:14
イラク0−1日本 日本が仕掛けた中東の罠
 旅行をしていた。  どこに行ったかはあす以降に書く。  コンフェデのブラジル戦が終わったばかりだが、時系列順に書き忘れたものから書いていく。まずはW杯最終予選イラク戦の感想から。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/16 19:34
日本1−1オーストラリア(生観戦) ザッケローニ監督が盛り上げた祝祭空間
 券が当たった。  確率10分の1などと言われていたオーストラリア戦チケットが、当たるとは思わなかった。私はくじ運が良くない。懸賞など当たった記憶が乏しい。しかし、金を払うくじなら話は別なのか。  オークションに出したら何万円になるか、と考えた。もちろん売る気はなかった。何万円出しても見たい、と思われている試合を見に行くほうが、何万円よりも価値がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/05 20:44
日本0−2ブルガリア 散漫な感想
 ブルガリア出身の琴欧州関がこの試合を豊スタで見ていた。 自身も幼いころにサッカーをしていたが、FWを希望していたにもかかわらずGKにされたため、プレーすることへの興味が薄れてしまったこと。オシム元日本代表監督との交流といったエピソードを披露。(デイリースポーツ)  少し運命が違っていたら、カロヤン・ステファノフ・マハリャノフ(琴欧州関の本名)がブルガリア代表フォワードとして来日していたのかもしれない。  琴欧州か。腰が高い。腕が長いから腰高でもまわしに手が届くし、かいなの力が強いからそれ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/01 18:20
工藤と東の代表選出
 親善試合のブルガリア戦(5/30)と最終予選のオーストラリア戦(6/4)の日本代表メンバーが選出された。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/24 19:10
日本代表が8月14日に宮城スタジアムでウルグアイ代表と対戦
「(ウルグアイは)個のクオリティーとグループ戦術が高いレベルで融合する強豪国。この試合は我々の成長のためには大切であり、私が強い相手と対戦したいとJFAに要望した」とコメントした。(スポーツ報知) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/16 20:52
ヨルダン戦の普通の感想
 試合開始時、ヨルダンはまだ明るかった。 「ヨルダンは昼だが、日本は……」 「その先は言うなよ」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/28 21:22
ヨルダン2−1日本 なめてはいけないってことだ
 ヨルダン戦を迎えるに当たって、何か違和感があった。それがはっきり形にならなかったからブログには書いていなかったのだが、ヨルダンに負けてから違和感の正体がはっきりしてきた。  勝てばワールドカップ。  試合直前にそれは、引き分けでもワールドカップ、に変わった。  話がそればかりだったのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/27 20:45
日本2−1カナダ 辛うじて勝った課題の多い試合
 カナダはW杯予選でもう負けている。実質1.5軍とか、FIFAランキングでは日本よりかなり下(ヨルダンよりは上)などということが事前に伝えられていた。  だからといって、簡単に勝てるとは限らない。戦ってみるとカナダ選手達のモチベーションはかなり高かった。序盤からアグレッシブにボールを奪いに来て、日本はかなり押し込まれた。苦し紛れに最終ラインから吉田・伊野波がロングボールでクリアしても、またセカンドボールを拾われて攻められた。  カナダはW杯予選で負けたばかり、というところがむしろカナダ選手達... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/23 14:26
アルガルベ杯 日本1−0中国 終わりが良ければって話でもないが
 アナウンサー「アルガルベカップ。女子の国際大会ですと、ワールドカップさらにはオリンピックと並ぶステータスの大会と言われています」  つまり、ちばぎんカップ並に重要な大会ということだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/14 22:20
アルガルベ杯 日本2−0デンマーク なぜこのメンバーを出してくれなかった
 盤石というか、安心して最後まで見ていられた。  デンマークは北欧だから体がごついわけだが、それを生かすことよりも繋ぐことを意識したサッカーをしていた。  それはデンマークがごついといっても、近所にノルウェーやらイングランドやら体のでかさがアドバンテージにならない国があるわけだから、違うことをやってみようという気持ちはわからぬでもない。  でも繋ぐことなら、日本のほうがアドバンテージがある。デンマークのなんでもなさそうなパスを日本がインターセプト、あるいはデンマークの当たり前のトラップを日... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/12 21:23
アルガルベ杯 日本0−2ノルウェー、日本1−2ドイツ
日本0−2ノルウェー このメンバーはなんだろうか ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/09 22:04
いわゆる秋春制について
 欧州クラブ協会会長のカール・ハインツ・ルンメニゲ氏が、秋春制に批判的な意見を述べたそうである。  日本サッカー界で、いわゆる秋春制への動きが盛んになっていたが、砂の上の城が崩れるような話だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/21 20:53
岡崎慎司というオーラの無いエースストライカー
 岡崎慎司は先日のラトビア戦を終え、国際Aマッチで59試合に出場し、31得点を上げたそうである。  これは釜本邦茂の76試合75得点(JFAの統計。FIFA統計では61試合55得点)、三浦和良の89試合55得点、原博実の75試合37得点に次いで、歴代4位に当たる。高木の27、和司の26、俊輔の24、高原の23、中山の21得点よりも多い。  と聞いて、どう思うだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/10 17:16
日本3−0ラトビア 勝てる相手に確実に勝つ
 そもそもこのラトビア戦がなんで組まれたのかどんな意味があるのか、という話がある。 ・Aマッチデーをスルーするのがもったいない ・ヨルダン戦を前に代表のやりかたを復習させたい ・ここで金儲けしとかないと遠征費も出せないし、スポンサーも満足させないといけない  そんなところだろう。  ラトビアを呼ぶのにいくらかけた、という 情報も出ているが、そのぐらいのお金で来てくれる相手を探したということだろう。もっと強そうな相手だと日本までそう簡単には来てもらえまい。  ヨルダン戦がターゲットとい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/06 22:11
ラトビア戦メンバーについて
 ラトビア戦のメンバーが発表になった。  ラトビアとは前にも親善試合をやった、と思ったら、「ラトビアについて」を7年前に書いていた。試合評も書いている。  そうか。中田英の「で?」は、リガのラトビア戦だったか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/01 21:10
サッカー関係者に聞いてみたいこと
 私はサッカー選手や監督に会って直接話を聞いてみたい、ということがほとんどない。ジャーナリストには全然向いていないだろう。  それでも聞いてみたいことがいくつか、なくはないので、それを並べてみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/29 20:05
2013年の年頭にあたって
 日本代表は最終予選の後半に入っている。残り三戦であと一勝。これほど楽な最終予選がかつてあっただろうか。もう少し盛り上がったらどうか、とは贅沢な悩みだ。  出場が決まってしまえば、2014年W杯への準備の年になる。コンフェデ杯がもっとも大きな大会だが、そこが試金石になるだろう。ザッケローニ監督はまた3-4-3に取り組むのだろう。イタリア戦もある。ブラジル戦もある。とても楽しみだ。  個人的にはお盆休みに宮城スタジアムで親善試合が予定されているのが気になっている。おそらく自分は仙台に帰省してい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/05 17:29
最近のサッカー等の話題から
U-19アジア選手権  4試合で2点しか取っていないのだから、よくベスト8に入ったと思う。ベスト4に行けばU-20W杯なのかもしれないが、そんな実力は無かったんだろう。  そもそもエースの久保が1点も取ってない。シュートをあまり打っていないし打ってもなかなか枠に行かない。京都でもあまり試合に出ていないようだし、昨年ブレイクしたが今年は壁にぶつかっているようだ。それで久保の調子が悪いからと言って、久保を凌駕するような控え選手がいるわけでもない。  一方の失点は4試合で4点。普通だ。守備組織は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/21 21:36
フットサルがサッカーよりも優れている点
 フットサルでは、誰もつばを吐かない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/16 19:22
オマーン1−2日本 この展開で勝てるのかすごいな日本
 それはどんな試合でも圧倒して勝てればいいわけなんだろうけど王者スペインだってアルメニアに苦戦したこともあったわけでどんな強い国でもアウェーで勝つのはそう簡単ではない。  アウェーで暑くて1−0から1−1に追いつかれてサッカー場内オマーン人大興奮のなか、引き分けなら御の字だな、という展開で勝ってしまうのだから。  日本は強い。いい試合が出来なくても何故か勝って終わってしまう強豪国だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/15 22:01
試合直後のインタビューが気になる
 代表戦の試合直後には監督や選手へのインタビューがあるのだが、どうもそれが気になっている。一例としてザッケローニ監督への質問を、回答は割愛して並べてみる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/19 18:58
日本0−4ブラジル 取られ取られの負け負け
 ブラジル強いですね。  圧倒されたというよりも、隙を見せたら確実にやられる、という感じです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/17 21:21
フランス0−1日本 まさかの勝利、まさかのカウンター
 試合前に本田の怪我と前田遼離脱のニュースがあった。サッカーに怪我はつきものだが、悪い知らせだ。前でボールを収められる人間がいないから、ビルドアップに苦労するのではないか。  試合が始まってみたら、苦労するどころか、全然攻撃が出来なかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/13 14:38
「U-16 アジア選手権2012」、というか、日本-シリア戦を見て
 BS-1で放映されていたものを録画して視聴した。開催地はイラン。  見てみると、準々決勝のシリア戦がほとんどの時間を占めていて、他はダイジェストだった。準決勝のイラク戦はダイジェストすら無かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/09 21:09
先週末のJリーグと今週の話題から
○F東京2−1磐田  前半は磐田のゲームで、これは磐田勝つだろうと。ああ、清水-仙台戦でも似たような感想を持った。ハーフタイムに考えたことは役に立たない。  後半開始時にヴチチェヴィッチが入ったことで、がらっと様子が違ってしまった。それなら最初からヴチチェヴィッチを出したら、とも思うのだが、なにか事情があるのだろう。  噂の高橋は何回か相手をファウルで止めているのが目立った程度。良い選手なのだろうが、噂になるほどのものなのか、私にはよくわからないでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/05 22:37
日本1−0イラク ジーコさんとの再会戦に勝利
 試合から一日経って、「日本を知り尽くしたジーコ」とかいう書き方には食傷したかと思います。  しかし、私自身、ジーコ監督には思い入れがありすぎます。そもそもこのブログを始めたのは2004年のアジア杯がきっかけでしたから。まず私は、「ジーコさんの代表をどう考えるか」というところから、このブログで「サッカーを文章にする」ことを始めたわけです。  ジーコ監督に関しては、ポジティブなこともネガティブなことも沢山書いてきました。終わり悪けりゃ全て悪し、という最後になってしまって、ドイツW杯後はぼろくそ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/12 21:41
女子U-20 日本2−1ナイジェリア 終わり良ければというわけでもないが
 フル代表ではなくU-20、男子ではなく女子。フジテレビがこの代表の試合を全て生放送し、その多くが10%超と高い視聴率を取り、この3位決定戦には2万9千人の観客が駆けつけた。  数年前なら西が丘で千人も来るかなというレベルだっただろう。地上波生放送などありえなかった。  なにか大きな流れが来たという気がする。この国民的な盛り上がりを何と比べたらいいのだろう。東京-メキシコ-ミュンヘン-モントリオール各オリンピックの頃の女子バレーあたりなら比較になるだろうか。  それがこの大会一番の驚きだっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/08 20:45
日本1−0UAE ハーフナー・マイク高い高い
 まず、UAEゴールキーパーのユニフォームに驚く。斬新だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/06 22:42
女子U-20 日本0−3ドイツ 敗北を糧に
 この代表選手達には、なにか違和感があった。  可愛い子が巷の存在確率以上に沢山いるとか、そういう話ではない。  こんなサッカーがあっただろうか、いや、あっていいのだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/05 20:42
女子U-20 日本3−1韓国 韓国相手でわかること
 ここまでの韓国の試合は見ていないのだが、マスコミから聞こえてきた情報を総合すると、日本のほうが強そうだった。心配していたのは、うっかり失点して守りきられる展開にならないかということ。それから相手のラフプレイで怪我しないかだった。  実際には、事前に思っていた以上に日本のほうが強かった。  ただ、他に感じたことがある。試合の詳細よりも、韓国が相手だったから感じたことを書いてみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/30 22:36
女子U-20 日本4−0スイス 驚愕のフリーキック
 田中陽子のフリーキックにはびっくりした。  壁を越えて枠に入れるだけでも出来る人間は限られるというのに、それを左右両足で決めるとは。  スイスはレベルの低いチームだったが、ゴールキーパー・ベニはその中でも健闘していた。そのベニが二度とも全く触れない文句なしのフリーキックだった。  メキシコ戦の猶本ミドルシュートにも驚いたが、横山のドリブルも素晴らしい。このU-20代表は個々のレベルが高くて、感心してばかりだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/27 20:49
U-20女子 日本2−2ニュージーランド なんで勝てなかったのか
 ひとりひとりのボールを奪う技術、奪われない技術、パスの精度、ドリブルその他、段違いに日本のほうが上だった。  戦術も日本が上。例えば最終ラインで日本がボールを持っていて、相手フォワードがプレッシャーをかけようとしているときに、日本側があっさりとボールを相手フォワードと二列目の間に入れてきて、受けた日本選手がさらにあっさり二列目をかわしてバイタルエリア近くまで入っていくという場面が多々あった。ニュージーランドはプレスが全然連動していない。ここを狭くしたからその間を通されたらボールがここに来るか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/25 07:50
U-20女子 日本4−1メキシコ いっぺんで強くなった
 とっくにニュージーランド戦が終わっているのだが、その前のメキシコ戦。  書いたのは試合直後。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/24 20:32
日本1−1ベネズエラ 年代を越えて性別も越えて
 U-20女子カナダ戦の二日後だったので、似たような展開に頭を抱えてしまった。パスワークで圧倒して攻め込むが一点どまり。守っては数少ない危機に隙を突かれて失点。  年代を越えて性別も越えて似たような負け方をするのは、何か日本人であること自体に問題でもあるのではないかと考え込んでしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/22 22:54
U-20女子 日本2−2カナダ こんなところまで真似するな
 とっくに本戦が始まっているが、テレビ観戦したものは順番にアップする。以下は、試合を見た翌日に書いたもの。もちろん、メキシコ戦後に手の平を返した文章をアップする予定でいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/21 18:24
日本0−2韓国 楽しくて惜しくて悔しかったオリンピック
 オリンピックが始まる前の私の期待値は、良くてベスト8、悪くて3連敗だった。  4位という結果は、それを上回るもので、よくやったと思うし、楽しませてもらった。6試合も堪能できるとは思わなかった。  しかし、最後に敗戦が続き、金も銀も銅も逃したことで、想定以上の悔しさまで感じることになった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/19 16:33
日本女子1−2アメリカ女子 金より良い銀にするために
 サッカーとしてはいい試合だった。  もちろん私は日本人なので、勝ってほしかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/10 19:57
日本1−3メキシコ 残念でした
 残念だ。  ただ、勝てたゲームか、というとそうでもない。弱いほうが負けた。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/08 21:21
日本女子2−1フランス女子 運と偶然と必然と
 フランスは2−0で日本に勝った親善試合の時のように、日本に対してプレスから入るのかと思っていた。しかしむしろ後ろに構えて日本にパスを回させる策を取ってきた。その構えたフランスの中に、日本はボールを入れられなかった。ポゼッションは出来てもシュートを打てない。むしろ奪ってシュートに結び付けているのはフランスのほう。フランスの策は成功していた。  その策が前半32分、日本のセットプレーで崩れた。センターサークルから少し前に出たぐらいの長い距離だったので、ここから狙うのか、と当初は不思議に思った。ボ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/07 21:55
日本3−0エジプト 名将認定、ごめんねセキさん
 五輪メンバーが決まった後、親善試合ニュージーランド戦以前に書いた「現時点でのロンドンオリンピック予想 」に、  グループリーグを抜けてベスト8なら御の字。ベスト4以上なら関塚監督は名将認定。ごめんね岡ちゃんならぬ、ごめんねセキさん、ということになる。 と書いた。今回の表題は自分にけじめをつけたものだ。  私の関塚監督評はこちら。このブログは、ネット上の様々な意見の中では関塚監督を高く評価してきたほうだと思っている。その私にしても、日本がこれだけ優れた内容でベスト4に来るなどと考えたことは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/05 11:10
日本女子2−0ブラジル女子 強豪国日本
 日本の強さに感心した。  いったい、日本代表は男子女子含めて、何度このブラジルのような負け方をしただろう。 「いい試合したよな」 「ずっとボール持ってたけど」 「決定力だけが無かった」  相手にこんな思いをさせて勝つとは、どこの強豪国だ。それが日本だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/04 12:53
日本0−0ホンジュラス 控えで引き分けミッション成功
 GK以外の控え選手を全部出して、引き分ける。  試合自体にスペクタルも何もなかったが、十分な結果を得ることが出来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/02 22:46
日本女子0−0南アフリカ女子 狙い通りの二位通過
 移動時間のことは私の頭の中に無かった。一位で500km弱で8時間って、なぜそんなにかかるのかと思ったが、ヒースロー空港経由が要請されていると。警備上の理由だろうか。  一位通過でカーディフからグラスゴーへ500km弱8時間。二位通過でカーディフに続けて滞在し移動無し。これは二位を目指して当然だろう。一位に罰ゲームがあるほうがおかしい。  二位狙いで引き分けを指示した佐々木監督をわたしは支持する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/01 20:39
日本1−0モロッコ 難敵を下す
 モロッコはトゥーロン国際に出場している。その時、結構強い、という評判だった。攻撃力があるという話だったように記憶している。その時の結果はメキシコと3−4、ベラルーシと0−0、フランスと2−2。4チーム中の3位だった。  オリンピックホンジュラス戦では、2−2の引き分け。個人技があり、わりと唐突に点を取るという印象を持った。  実際に戦ってみると、思っていた以上に厄介な相手だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/31 18:11
日本女子0−0スウェーデン女子 微妙な引き分け
 日本のいるFグループは微妙なところがあって、一位抜けと二位抜けのどちらがいいかわからない。   準々決勝は日本がFグループ二位ならたぶんイギリス、ひょっとしたらブラジル。Fグループ一位ならフランスでほぼ確定。トーナメントでG組1位ほぼ確定のアメリカは、決勝まで当たらないことが同時にほぼ確定。  一位と二位、どちらがいいか。フランスは直近の親善試合で完敗している。イギリスは地元だし日本はW杯で負けている。ブラジルは二大会連続二位の強豪。  なお、スウェーデンとは準決勝でまた当たる可能性があ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/29 11:44
日本1−0スペイン 驚愕の勝利
 まず驚いた。  勝つとは思っていなかった。それだけではない。  日本が強い。  スペインが弱かったのかもしれない。少なくとも、この試合ではスペインより日本のほうが強かった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/27 21:46
日本女子2−1カナダ女子 まずは安堵の初戦突破
 これから男子のスペイン戦があるので手短に ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/26 22:06
日本2−1メキシコ 楽しみに本番を待つ
 日本がよくやる負け方だな、とメキシコについて思った。  圧倒的にボールを支配しているのだけれど、良いサッカーをしているのだけれど、シュートだけが入らず、相手の決定力にやられる。  日本がアジア相手に、内容で圧倒しながら負けるパターンだった。だからこの日のメキシコには、親近感があった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/23 20:25
日本女子0−2フランス女子 弱い
 弱い、と思った。日本の女子代表が。  この女子代表なら、本番はベスト8がせいぜいであろう。グループリーグを抜けると、トーナメント一回戦(準々決勝)はスウェーデン遠征で完敗したアメリカか、このフランスが相手なのだから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/21 16:27
日本1−0ベラルーシ 練習試合に勝利
 これは練習試合だろう。親善試合だと思うからいけないんで、テレビカメラの入った練習試合。  それなら、45分の二本。一本目と二本目でがらりとメンバーが変わる、というのは普通にある話だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/19 21:09
U-23 日本1−1ニュージーランド ひどい試合
 ひどい試合を見た。  5−0ぐらいで勝ってもおかしくない内容で、いったいなんでこんなことになるんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/12 20:42
現時点でのロンドンオリンピック予想
 この予想は直近の試合の結果から、代表選手の人的変化を組みいれて考えているものだ。潜在能力の話をしているのではない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/07 19:15
北京五輪代表メンバーが出世した、という話について
 ネット上で話題になっていたので気になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/05 21:02
五輪メンバーに関して
 五輪メンバーが発表になった。 GK: 権田、安藤 DF: 徳永、麻也、山村、鈴木大、酒井宏、酒井高 MF: 清武、村松、東、螢、扇原、宇佐美 FW: 永井謙、大津、学、杉本健 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/04 21:19
スウェーデン女子0−1日本女子  収穫があったか
 スウェーデンはオリンピックのグループリーグで戦う相手になる。日本代表はレギュラーの多くを引っ込め、あるいはポジションを変更して先発メンバーを組んだ。手の内をいくつか隠したということだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/21 22:55
日本女子1−4アメリカ女子  完敗
 日本女子代表の完敗を久しぶりに見た。  いつ以来だろう。北京オリンピックの準決勝、アメリカ戦では力の差を見せつけられたが、これほどの惨敗ではなかったように記憶している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/19 18:31
U-20女子 日本1−0アメリカ、日テレベレーザ0−1INAC神戸
U-20女子 日本1−0アメリカ 容易には勝てない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/18 18:22
ルコキを見上げて「バカな・・・速すぎる・・・」って比嘉がつぶやいたら
 今回書いたのは、2chスレ、 空を見上げて「バカな・・・早すぎる・・・」ってつぶやいたら のパロディです。  パロディなんで、元ネタを先に見ていただいたほうがありがたいです。2chまとめでこれを取り上げた所はたくさんあります。ここが見たうちで一番細かく拾っていたかな。  これに人名を入れてパロディにしました。キャラに合わない、あるいはありえない科白を言っている人もいます。もちろんフィクションですので、実在の人物・団体・事件とは関係ないものです。  ただ、2chスレのパロディっていいん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/14 20:04
フランス-イングランド戦を見ながら、まだオーストラリア戦を考えている
 ユーロのフランス-イングランド戦は1−1。  ジェラードのフリーキックにレスコットが頭で合わせてイングランド先制。  ナスリの左からのミドルシュートがゴール左隅に決まってフランス同点。  その後はイングランドが堅く守ってフランスがそれをこじ開けられずに引き分け。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/13 22:12
オーストラリア1−1日本 腹立たしき審判と、
 中東には、まっとうな審判はいないのか?  日本にとってもオーストラリアにとっても酷いものだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/12 22:31
日本6−0ヨルダン 強すぎてお話になりません
 日本、強いです。  ほとほと感心してしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/08 21:53
日本3−0オマーン 圧勝
 3得点もさることながら、オマーンに好機をほとんど作らせなかった。完璧な勝利だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/04 18:34
トゥーロン国際 日本2−3エジプト トゥーロン終了
 エジプトが歯が立たないくらい強かったというならまだ諦めがつくのだが、それほど強そうではなかった。  3試合で終わったのは、出ずっぱりの扇原にとっては良かったのではないか。体を壊さなくて済んだし(←ヤケ)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/28 21:56
トゥーロン国際とJ1二試合
トゥーロン国際 日本3−2オランダ 日本が殴り合いを制す ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/27 16:46
トゥーロン国際 U-23 日本0−2トルコ それほど酷くはないが
 完敗と言うほど酷い試合をしたわけではない。前半は五分五分だったと思う。  後半に二点取られたが、圧倒されたわけでもない。ただ、もちろん負けた理由はある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/24 22:27
日本2−0アゼルバイジャン 良い調整試合
 最終予選への調整が主体の試合と見なされていたようだが、思っていたよりも有益なゲームだった。まずアゼルバイジャンがわりと手強い相手だったことがある。一人一人のモチベーションが高くて、ゴール前では何度も体を投げ出していた。彼らは彼らで日本相手に期するものがあったのだろう。有名な選手はいないが、フォクツは規律あるチームを作っていた。  そして日本側には、収穫と反省点が見えてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/23 22:16
アゼルバイジャンについて
 例によってまず外務省情報とWikipediaから。  面積は86600平方キロ。北海道よりやや大きい程度。人口は930万人。GDPは544憶ドル(2010年、日本は58554億ドル)。一人当たりGDPは6008.2ドル(2010年、日本は42820ドル)。経済は成長中。  ミニ国家ではない。人口200万のスロベニア(南アW杯出場)よりはよッぽど大きい。ただしW杯に出ているヨーロッパの国の中でアゼルバイジャンよりもGDPが低い所、というと2006年ドイツW杯ベスト8のウクライナ(一人当たりG... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/22 21:14
川崎F1−4広島(生観戦) 風間監督初戦完敗
 物見高く風間監督の初戦を等々力まで見に行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/29 16:37
香川真司の話
 ドルトムントがブンデスリーガで2連覇した。  優勝を決めたボルシアMG戦で香川は勝利を決定づける2点目のゴールを決めた。今季13点目とのこと。  香川はFCみやぎ、八乙女中出身・黒川高通学と宮城県に縁があるので、私には思い入れのある選手の一人だ。  だが、どんな選手かというと、はっきりとした焦点を結ばないプレーヤーでもある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/24 18:04
日本女子4−1ブラジル女子 つぇえ
 もちろんホームだし、ブラジルは中一日だし、エースのマルタは不在だし。  にしても日本つぇえ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/06 21:12
日本女子1−1アメリカ女子 アメリカ相手は大変だ
 どちらかというと日本女子代表をほめるマスコミが多いようだ。  昔から女子代表を見ていた人は、アメリカに全く歯が立たなかった時期を知っているわけだし。  この間のW杯でもPK戦で勝ったものの内容では圧倒されていたので、それに比べれば今回は試合を支配する時間帯が結構長かったから進歩しただろうというのもある。  ただ、ホームだし、アメリカの選手達はリーグ戦をやっていないし、コンディションは日本が優位。  それでも勝てない。アメリカに勝つのは大変だ、というのが一番の感想だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/03 18:03
U-23 日本2−0バーレーン 関塚監督の話
 私は関塚監督を、Jリーグでもっとも成功した日本人監督だと思っている。  J2にいたクラブをJ1で優勝争いをするまでに育て上げた。これは岡田監督でも小林監督でも出来なかったことだ。この点で関塚監督を越える実績を持つのは、J2にいた柏をJ1で優勝させたネルシーニョ監督しかいない。  オリンピック代表監督の関塚氏を批判する人がいるのはわかる。しかし、川崎F監督時代の関塚氏の実績まで否定する人がいるのは理解できない。 「憲剛とかの個人の力に頼ってただけだろ」  その個人能力は関塚監督抜きで開花... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/15 20:25
アルガルベ杯 日本3−4ドイツ もちろんいろいろ問題はあったわけで
 江橋氏がポルトガルの女子サッカー事情について、 現地在住のジャーナリストに言わせれば、ポルトガルは「女子サッカー不毛の地」であるらしい。今大会も、試合はすべて平日の昼間に開催されている。「週末はスタジアムを男子に押えられていて、国際大会といえども女子には回って来ないからね」と、そのジャーナリストは肩をすくめる。(スポーツナビ) と、書いていた。  なるほど、昼間の開催だから、日本では少し夜更かしをするだけで見ることが出来たわけだ。だがこの試合、私は試合が始まった直後からテレビの前で寝てし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/13 20:50
アルガルベ杯 日本1−0アメリカ 最少得点の攻め合い
 この試合当日は水戸日帰りの翌日で、疲れが取れなくてとっとと寝てしまっていた。  一週間後に見るのも書くのも間抜けだが、改めて見ると思うところがないわけでもない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/12 18:30
アルガルベ杯 日本2−0デンマーク 思ったより強かった控えの日本
 アルガルベはポルトガルの南部地方。ウィキペディアによれば、17〜18世紀ごろのポルトガル王は「ポルトガルとアルガルヴェの王」と名乗っていたらしく、アルガルベは半自治地域であったらしい。そうした歴史のある地域であれば、「うちらはポルトガルの中でも違うんだぜ」という意識があるのではと想像される。海に面した南部だから、温暖な気候らしい。  アルガルベ杯は1994年から開催されているというから歴史がある。これもウィキペディアだが、98年までノルウェーが5回中4回優勝。2000年からアメリカが12回中... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/03 13:08
アルガルベ杯 日本2−1ノルウェー 辛勝できる強さ
 試合が終わってから佐々木監督は、「寒い試合を見せてしまって、すみませんでした」と、語ったそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/02 19:13
日本0−1ウズベキスタン ブラジルとかアルゼンチンの予選みたいな
 失点場面までは日本は良い動きをしていた。  序盤からウズベキスタンが積極的に動いていたので、後半勝負かなと思っていた。  後半勝負というのは、日本の動きが後半にウズベキスタンを上回るだろうという予想をしたわけだ。全く逆だった。  日本は後半になって、時間が経つほど動きが鈍くなる一方だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/29 21:43
日本3−1アイスランド くるりん投げ
  まずはアイスランド選手の前転スローイングから。  名称はハンドスプリングスロー。  考案者は現杭州緑城ヘッドコーチ、小野剛。筑波大時代に考案したとのこと。  今回投げたのは後半頭から投入されたソルステインソン。  アイスランド人は一般に男性は「ソン」女性は「ドッティル」がつく。永里優季のチームメイトのアイスランド人にもドッティルがついている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/25 15:09
U-23 マレーシア0−4日本 予選突破まであと一試合
 マレーシアの観客には熱意があった。ボールを持って攻め込むと、大音量の歓声が響いてきた。サッカーが盛んな土地の、サッカーを好きな観客だと思われた。  こうしたファンのいるチームは侮れない。日本にはできるだけ多くの得点を奪って勝つという目標があった。だが、マレーシアにはマレーシアのモチベーションがあっただろう。アジアチャンピオンを相手にひと泡吹かせてやろうと。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/23 21:05
コップの中に水が半分入っています
「コップの中に水が半分入っています。どう思いますか」  コップの中に水が半分入っている、と思いますね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/19 14:20
五輪予選メンバー発表
 マレーシア戦のメンバーが発表になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/13 20:24
2011年の生観戦総括
 今年、見に行ったサッカーは次の17試合だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/26 21:41
U-22 日本2−1シリア ここでも遠藤が足りない
 遠藤が、と言ったのは、ゲストの岡田氏であったか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/29 17:55
U-22 バーレーン0−2日本 結局は順当勝ち
 出だしはバーレーンの早い縦へのボールに戸惑っていたが、落ち着いてからはパスが回せるようになってきた。  といってもール前で好機がなかなか作れなかった。関塚監督のチームは足し算なところがある。個々の力をしっかり引き出して1+1を1にすることはないが、1+1が3になることもない。大迫も東もJリーグで簡単に点を取っている選手ではないし、U-22代表で無いものが引き出されるわけもない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/23 13:17
北朝鮮1−0日本 弱い日本代表を久しぶりに見た
 日本が弱かったですね。  5万の観衆によるアウェーの雰囲気がどれだけ影響したかは、精神が目に見えないのでよくわかりませんが。  後半途中まで圧倒され、後半途中からはコントロールされた印象です。  こんなに弱い日本代表は久しぶりに見ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/15 20:08
タジキスタン0−4日本 良いほうの予想通り
 現地の芝についての遠藤の評が、 「オシムさん(元監督)時代にやったイエメンの方がひどかった」 というので、そのイエメン戦を懐かしく思い出した。  芝がろくに生えていないうえに、ぼこぼこのグラウンドだった。圧倒的にポゼッションしているのに打っても打ってもシュートが入らなくて、オシムさんがペットボトルを叩きつけた。我那覇のロスタイムゴールで辛うじて勝った。これから我那覇がエースストライカーになるのかも、と思った。左サイドがまだ三都主で、アンカーは啓太だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/11 21:59
タジキスタンについて
 まず、外務省とwikipediaから。  北はキルギス、東は中国、南はアフガニスタン、西はウズベキスタン。中央アジアの国。面積は日本の約40%、人口は710万人だから、ミニ国家ではない。首都は日本戦も開かれるドゥシャンベ。公用語のタジク語はペルシア語に近いらしい。イスラム教の国。文化的にはウズベキスタンと関係が深い。  歴史を見ると、アレキサンダー大王、クシャーン朝、モンゴル帝国、ティムール帝国、と歴史で習った国々が並ぶ。近世になってロシア帝国に併合された。独立宣言は1991年だが、その後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/10 22:33
田中誠引退
 田中誠が今シーズン限りで引退するという。  あの時代が去りつつあるのだな、と感じる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/26 22:14
日本8−0タジキスタン 憲剛祭り
 まずハーフナーマイク先発に驚く。最初から出していいんだろうか。代表でパス回しとか組み立て参加とかできるんだろうか。  不安は前半11分、早々に払拭された。先制点の前、ハーフナーマイクはゴール前へいったん進んだ後に止まった。前へ進む岡崎に引きずられて止まらなかったタジキスタンディフェンダーは、マイクとの間に距離を空けてしまう。そこでマイクが飛び込むスペースが出来た。その分勢いをつけて高く跳べた。  駒野のクロスが、とか、マイクの高さが生きた、とかの論はボールしか見ていない。彼はディフェンダー... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/12 21:48
日本1−0ベトナム もちろん面白くはない
・なんだ、ハーフナー・マイク先発ではないのか、と落胆してスタート。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/08 14:06
ハーフナー・マイクについて少々(2)
 ベトナム・タジキスタン戦の日本代表メンバーが発表された。ハーフナー・マイクも選出されていた。北朝鮮戦前の時は憲剛の離脱で追加招集だった。しかし、もう選ばれるのが当たり前、という雰囲気になっている。  ちなみにJ1得点ランキングでは、ケネディの15得点に次ぐ14得点である。ということは、ハーフナー・マイクが現在日本人得点王ということだ。……何も間違ったことは書いていない。  なお、日本人で得点ランキング二位は李忠成である。彼も日本代表だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/29 22:30
U-22 日本2−0マレーシア いらいらした試合
 この試合を報じたマスコミの中に、マレーシア相手に快勝、的な見出しをつけたところがあった。勝てばなんでもいいと能天気なのか、締め切り時間が迫っているから東の得点直後に記事を書きあげてしまったのか、あるいは私と違うゲームを見ていたのか。  攻め続けていたのになかなか点が入らず、いらいらした試合だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/22 20:55
女子代表 中国0−1日本 丸山の怪我がなければ大団円だったんだが
 反省していることがひとつあって。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/13 22:15
女子代表、ロンドンオリンピック出場決定
 北朝鮮と引き分けた後は、こうした形で出場が決まるとは思っていなかった。さて中国とどう戦うかと考えながら中国-オーストラリア戦を見ていた。  序盤は中国がラッシュをかけていて、大竹さんではないが中国の得点は時間の問題だろうと。中国とやって日本が引き分け以上にするのは大変だ、などと思った。  でも十数分くらいで、ラッシュが終わって落ち着いてしまった。  この十数分で点を入れられなかったことが中国には厳しかった。その後ずっとペースが上げられず、次第に流れがオーストラリアのほうに行ってしまった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/09 22:55
日本1−1北朝鮮 いろいろな欠点が露呈した試合
 試合をクローズさせる控えの人材がいない、ということが一番痛いかなと。  終盤逃げ切るには、中盤にてこ入れして、ボールを長く持って時間を稼ぐのが常道。しかし、タイ戦で見た通り、日本は中盤に控えを出すリスクのほうが大きい。  それなら前を替えてボールを追いかけさせるか。佐々木監督はこの試合で大野を安藤に替えただけ。安藤はいかにもコンディションが悪く、あまり役に立っていなかった。永里も川澄も序盤から動きが鈍かったので、丸山あたりを入れたらどうかと思ったんだが。時間稼ぎにもなるし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/08 21:19
ウズベキスタン1−1日本 全然良くないが悪くない
 よもやの阿部スタメン。監督には監督の考えがあるのだろうが、せめて阿部ボランチの練習をある程度やってから実行してくれないだろうか。   狙いは長谷部をトップ下にして本田の代わりにすることだったらしい。らしい、というのは全然代わりになっていなかったからだ。  阿部を入れた理由としてもうひとつ、守備を固めて失点を防ぐぞ、というメッセージがあるだろう。ザッケローニ監督は時々こういうことをする。アジア杯の韓国戦、勝っているから守備的采配。今回はアウェーだから守備的采配か。だが、そうしたものはなかなか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/07 19:53
ハーフナーマイクについて少々
 私がハーフナーマイクについてそれほど知っていることがあるわけではない。少々気になったことがあるだけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/06 21:53
女子代表 日本1−0オーストラリア 点差以上の快勝
 二日前の試合が日本は苦戦の韓国戦。一方のオーストラリアは力の劣るタイ戦。オーストラリアはタイ戦と日本戦で大幅に先発を入れ替えたそうで、コンディションはオーストラリアのほうが良いのだろうと思っていた。  全然違っていた。前半に数分間押された時間帯があったが、それ以外のほとんどの時間、日本が圧倒する展開になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/05 21:54
女子代表 日本2−1韓国 このところ苦しい試合ばかり見ている
 この日、台風は四国に上陸後北上したが、影響は私の住む山梨県にも及んだ。断続的に強い雨が降るため、家に籠らざるを得なかった。  昨日の北朝鮮戦についての記録だの記事だのを心地よく眺めながら、家に籠ってひたすらこの韓国戦が始まるのを待っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/03 22:41
日本1−0北朝鮮 麻也かっ!
 このゲームに感動を呼んだMVPは誰かと思ったのだが、北朝鮮GKのリ・ミョングッだろう。  前半に今にも退きそうな怪我をしておきながら、  ピッチにしぶとく立ち続け、  私はアベドザデを思い出したりしていたのだが、  そういえばお約束の遅延行為でしっかり警告も受けている。  後半時間が経つごとに日本の鋭いシュートが次々と飛んできて、それをことごとくぎりぎりで弾きだし、  彼の活躍が無ければ、終了間際ロスタイムの得点も無かったのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/02 22:11
女子代表 日本3−0タイ 日本、苦しみながら勝利
 W杯先発メンバーから、日本は7人入れ替えた。タイは五輪最終予選出場6チームのうち最も力が劣る。  ちなみにFIFAランキングは、日本4位、オーストラリア9位、北朝鮮12位、中国15位、韓国16位、タイ28位。  そこで、日本は主力を温存する策に出た。  リーグ選抜戦で、女子代表は主力が引っ込んだ後半から苦戦していたので、どうなるかな、と思った。案の定、日本は引いて守るタイ相手に苦しんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/01 21:48
神戸0−4G大阪 神戸は試合前の段階で走り疲れていたか
 4連勝のあと福岡と引き分けた神戸。8試合で5勝3分のG大阪。好調同士の対決は思わぬ大差になった。  もっとも後半10分にG大阪が2点目を取るまではそれほど差があるようには見えなかった。神戸はG大阪を後半開始早々から押し込んでいて、いまにも同点になりそうだった。  ただ、夏場の連戦が、5連戦のG大阪より3連戦の神戸に、より堪えていたようだ。特に吉田孝行の顔色が冴えなかったのが気になった。吉田は後半15分に交替。  ハードワークからボールを奪い取り、ショートないしロングカウンターをかける神戸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/31 23:11
U-22 日本2−1エジプト 重々しい試合
 この日、8月10日はイスラム教のラマダン(断食月)に当たっており、先発11人中8人が前日午前2時以降に飲食をしていなかったそうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/20 14:23
日本3−0韓国 驚愕の圧勝
 もちろん、この結果には驚いた。  南アW杯前の昨年5月は0−2の完敗だった。  今年1月のアジア杯は2−2、PK戦にもつれた辛勝だった。  あれからそれほど時間が経ったわけではない。こんなに日本は強かったか。韓国は弱かったのか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/16 18:45
U-17 日本2−3ブラジル 個人技の差か?
 芝が悪かったのは確かに不運だった。ボールが繋がらない。つまらないパスミスが次々に出て中盤が成り立たなかった。  しかし、彼らが年代別代表、さらにはA代表に出場するというなら、あの程度の悪い芝は今後もついて回る。無理矢理芝を植えた砂漠の中東、草が生えにくい中央アジア。あるいはスコールのあとの泥田のようなピッチに東南アジアで出会うかもしれない。  南米も欧州もサッカーが強い国になるほど悪いピッチを苦にしない。これほど芝の質に左右される代表は日本の他にどこがあるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/06 22:45
U-17 日本6−0ニュージーランド 適当な言葉が出て来ない
 これほどの圧勝劇を見たのはいつ以来だろう。  08年の浦和ユース対名古屋ユースをふと思い出した。あれは9−1で零封ではなかったか。  点を取られだすと修正が効かないのは、この年代の世界的共通項かもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/02 14:10
ベ・ハセ
 長谷部のベストセラーは「心を整える」。  題名が真面目だ。  ベストセラーは中古になると安い。いや、私は買うとも買わないとも言っていない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/30 19:45
U-17 日本3−1アルゼンチン このアルゼンチンは違うアルゼンチン
 試合が始まる前に吉武監督が映ると、毎回笑っている。  世界大会の本番だというのに全然緊張していない。何が楽しいのか嬉しいのかわからないが、この監督を見ていると試合後に良い結果が待っているに違いないと、根拠もなく思えてくる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/27 18:32
U-17 日本1−1フランス ブロックの崩し方
 すでに三戦目のアルゼンチン戦が終わっているのだが、まだ見ていない。順番に二戦目の感想を。  解説は清水秀彦氏。初戦は山口素弘氏だったし、フジには良い解説者がいる。少なくとも給水人間力よりはいい。  日本とフランスはともに初戦勝利。グループリーグを突破するという目的からすれば、ともに最低限引き分けでもいいかという状況だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/25 09:45
U-22 クウェート2−1日本 貴重といえば貴重な経験
 最終予選進出を決めた成功体験と同時に、逆転負けを喫した失敗体験を得た。なかなか貴重な経験だったのではないか。  クウェートの暑さが問題だったが、その暑さでもある程度動けた選手、動けなかった選手、その前に体調を崩した選手がそれぞれいたようだ。動けた選手は今後も中東との対戦で戦力になるだろうし、動けなかった選手は反省して次回は動けるようにしてほしい。  動けない順に交替するなら真っ先に替えるのは永井かと思ったが、最後までピッチにいた。監督の信頼が厚いんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/24 22:07
U-17 日本1−0ジャマイカ 日本らしいU-17の初戦勝利
 U-17W杯がメキシコで開催されている。日本の初戦相手はジャマイカ。  出場権を獲得したU-16イラク戦で活躍した南野はベンチ。スタメンのフォワードは鈴木隆・中島。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/21 18:11
U-22 日本3−1クウェート 画竜点睛を欠く
 永井の捻挫は本当だったらしく、先発は大迫のワントップ。弱点と言われるディフェンダーは村松がサブで右から酒井宏・鈴木大・濱田・比嘉。  ホームアンドアウェーの初戦となれば、勝つのはもちろんだが失点を防ぐことも重要だ。  3-0までは文句のない展開だったが、そこから1失点して相手を調子づかせてしまったのが反省点になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/20 18:28
女子代表 日本1−1韓国 雨中の消耗戦はドロー
 女子代表は6月27日からドイツでW杯を戦う。それに向けた韓国との親善試合は愛媛ニンジニアスタジアムで行われた。  試合前から大雨でボールがしばしば水たまりで止まった。特に画面右側、前半の韓国側、後半の日本側が酷かった。  この状況では日本得意のパスワークは期待できない。むしろボールを奪う一対一の強さと、足下が悪くても走れ蹴れる技術が重要になる。さらにロングボールが自在に蹴れれば良いが、女子のキックではそれほどボールは遠くに飛ばない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/18 17:37
日本0−0チェコ(生観戦) うまく守られてしまった
 ビールを飲みながら代表選手達の練習を見て、ふと目線を上げると横浜国際競技場の屋根の上に夕焼けが見えた。シャツの上に軽くジャケット一枚。夜のサッカー観戦がちょうどいい季節になってきた。もっともこの日のように雨が降らなければの話だが。  私の席はカテゴリー4、メインアウェイ側右端の二階席。角から俯瞰する場所。  平日でありながら全席売り切れ。観客は65856人を数えた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/08 21:58
U-22 日本3−1オーストラリア 言わないとわかんないって話なのか
 例えば、有望な新人君が会社に入ってきたと。 「A社の契約取って来て。じゃっ」 「B製品の開発よろしく。でわっ」 と放り投げたらさてどうなるか。そんな雰囲気を前半に感じたというか、後半あまりに変わったんで前半そんな感じだったのかなと思って。 「ええーっと、俺、このへんに立ってたらいいんすか。ああ、なんかボール来たっすねぇ。あっ、危ないっす。シュート入ってるっす」  危ないっすじゃなくて、一番近いお前が当たりに行けよって話かと。  お前が誰につけ、お前は誰を見ろ、こいつは危ないから絶対... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/03 21:46
日本0−0ペルー どうにか引き分け
 ペルーは強かった、というのが終わってからの第一印象だ。  守備はさぼらずにプレッシャーをかけてくるし、攻撃に移れば鋭いミドルシュートが何本も飛んできた。ガタイがいいようには見えないが、強いボールが打てるのはバネがあるからだろう。日本のクロスがしばしば真ん中に届く前に引っかかったが、想定よりもペルー選手が高く飛んでいたからではないか。  後半21分、エースのファルファンが引っ込んだあたりからなおさら圧力は高まり、終盤はずっと押し込まれてしまった。シュート数日本6に対してペルー15.コーナーキ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/01 22:19
コパ・アメリカ辞退
 残念です。  個人的には、行ける奴で行けばいいんじゃね、集めた奴がレベル低いんなら負けて帰ってくればいいよ、と思っていました。  協会の考えとは違いました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/17 21:02
日本代表2−1Jリーグ選抜 サッカーに出来ないことと出来ること
 サッカーの試合自体はエンターテインメントとして面白かった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/30 21:28
本田のMVPについて
 出遅れの感はあるが本田のアジア杯MVPについて。  候補の選出は決勝の前であり、ベスト4各チーム1名ずつが候補となっていた。準決勝の前後で候補を決め、優勝チームを見て決定した、と考えるのが自然だろう。  本田自身は、自分でいいのか、と話していたようだ。遠藤のほうがふさわしいという意味のことも言っていた。また、優勝という結果には満足しているが、自分自身のプレーには満足していなかったとも言っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/03 19:38
長友インテル移籍
 普通に驚いている。  これだけ驚いたのは、鳥居みゆきが結婚した、と聞いた時以来かもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/01 20:26
日本1−0オーストラリア  勝った!
 オーストラリアは強かった。試合前に私が想像していたよりも。  シュート数は日本13に対してオーストラリア23。決定機もオーストラリアが多かった。目を覆うような危険な場面が何度もあった。  ひとつ誤解していたのは、「体格・高さに優るオーストラリア」対「敏捷性にまさる日本」という構図だ。そう単純なものではない。後半二度キューウェルは川島と一対一になった。一度目は岩政、二度目は今野をかわして裏に入り込んだものだが、その入れかわる動きは俊敏なものではなかったか。でかいから動きが鈍い、というのはただ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/30 14:36
日本2−2(PK3-0)韓国 ワンランク何が上がったか
 この準決勝に至るまで、このアジア杯の最強チームは韓国だと思っていた。日本とオーストラリアがそれに次ぐ。日本にしてみれば韓国よりオーストラリアのほうがまだ勝つ可能性が高いだろうと感じていた。  韓国にも弱点はある。付け入る隙もある。だが日本の隙のほうが大きいのではないか?  日本は日程的に韓国よりも有利だった。しかし、それだけでは足りない。幸いにして日本は試合を重ねるごとに連携を深めコンディションを上げレベルを上げていった。カタール戦よりももう一段何かがランクアップすれば、韓国に勝てるのでは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/26 20:20
現代表選手がプロになる直前の所属
 ふと気になったので、現アジア杯代表がプロになる直前にどこにいたのか調べてみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/25 19:05
カタール2−3日本 勝敗の綾についていくつか
1)マヤ……恐ろしい子!  日本代表のアジア杯は麻也で始まって麻也で終わるのかと思った。終わらなくて良かった。  簡単に言えば吉田麻也はカタールのエースフォワード、セバスチャンとの戦いに敗れたのだ。最初の一点目、ゴール前で麻也はセバスチャンの前に立ちながら切り返し一発であっさりマークを外され失点した。それが頭に残っていたのかもしれない。ファウルでないとセバスチャンを止められなくなっていた。その結果が警告累積退場だ。  一枚目は厳しい判定のような気がするが、二枚目の警告の判定は妥当なものだ。... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/22 22:31
日本5−0サウジアラビア これがアジアの、洗礼でも混沌でも罠でもなく
 これだけ完璧に勝ってしまうと何を書こうか却って困る。岡崎は清水で見てきた以上に素晴らしいゴールを次々に決め、前田遼は磐田でも容易には見られない美しいワンタッチゴールを二度決めた。それではJリーグはアジア杯よりもレベルが高いのか?  四年前、日本はこんなサウジに負けたのか? いや、このサウジはもちろん四年前のサウジではない。  グループ敗退の決まったノープレッシャーのサウジがどれだけ怖いのかと思っていた。負けて監督が変わって、また負けてグループリーグ敗退が決まって、それでも勝利のために頑張ろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/18 21:30
日本2−1シリア アジアのなんだかなについて
 いわゆるアウェーの洗礼とかアジアの混沌とか中東の罠とかいうのは何なのかと思いながら見ていた。「これがアジアの厳しさだ」で話を終わりにしてしまったら、何も考えていないのと同じだ。  ひとつはもちろん環境だろう。移動距離、気候条件、食事、芝、宿泊施設、練習環境、当地の風習(酒が飲めないと日本のライターは機嫌が悪くなる)。  もう一つは観客だ。味方敵方の多寡は選手のモチベーションにある程度の影響を及ぼす。  そして審判だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/14 22:49
日本1−1ヨルダン よく同点にしたもので
 必敗の形勢だった。勝てなくて良いわけは無いが、最悪の自体は避けられた。よく同点にしたものだ。  いくつか印象に残ったことを箇条書きに。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/11 22:35
異名・愛称の備忘録
天才:菊原志郎、財前宣之、小野伸二 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/10 22:21
天皇杯決勝 鹿島2−1清水 健太の清水が終わってしまった
 前半、鹿島のフリーキックの時。まだ始まってそれほどの時間も経っていないのに、小笠原が汗を流しながら苦しそうな顔をしていた。準決勝で清水は90分だったのに対し、鹿島は120分戦っていた。後半もつれれば、清水が有利かもしれない。なんとなく、そう思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/04 18:03
年頭に際して
 今年、日本代表はアジア杯、コパアメリカ、W杯三次予選を戦う。目標は当然のことながら、アジアチャンピオン、南アメリカチャンピオン、三次予選通過ということになる。  この中で私が最も期待しているのはコパアメリカだ。1999年に参加した時にはただのお客さんで終わってしまったが、今回こそぜひこの伝統ある大会で旋風を巻き起こしていただきたい。出来得れば、かのサッカーの大陸で、頂点に立ってもらいたいものだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/03 16:11
今年の終わりに際して
 早いものでもう今年も終わりだ。  まず、今年見に行ったサッカーを振り返ってみよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/28 20:46
ア大会 日本1−0UAE 祝! 日本優勝、だが
 MVPはクロスバーだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/26 22:46
ア大会 日本2−1イラン 薄氷の激戦
 イランが相手というと真っ先にジョホールバルが思い出されるが、それ以外でも日本とは好勝負が多かった。2005年のW杯予選はアウェーもホームもいい試合だった。  他の中東諸国は、自陣に引いて守り、ここという時にだけ出てくるという印象がある。暑い地域であるから日本のように走って崩して、というサッカーにはなりにくいのだろう。だが、イランは違う。アラブ人とペルシャ人では、同じ中東でも思考、サッカーに対する考え方が違うのかもしれない。  はたしてこの試合も激戦となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/24 17:41
ア大会女子 日本1−0北朝鮮 祝! 日本優勝
 ほめられた試合では全くなかった。  ボールは完全に支配された。走力と、ぶつかり合った時のフィジカルにおいて北朝鮮は日本に優っていた。日本がようやくボールを奪っても押し上げがない。パスコースに顔が出て来ない。そこで奪われるか、ロングボールで逃げるばかり。繋げる技術を持った澤でも仕方なく下げたり横パスせざるを得ない場面が多々見られた。  個人能力ばかりでなく、戦術でも後手を踏んでいたのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/23 07:37
U-16 日本3−1イラク 老獪な若者たち
 日本がこの試合に勝利してベスト4。FIFA U-17W杯メキシコ2011出場権を獲得した試合。  試合は11月1日。放送は11月13日。間が空いている。解説が加藤元日本代表GKコーチ、というのはともかくとして、ゲストが吉武博文U-16監督その人である。  以前、女子代表の試合の録画放送でゲストに安藤梢、ということがあった。今度は選手ではなく監督を呼んだ。 「その時、どう考えていましたか」的な番組作りが、NHKではお気に召したようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/18 23:00
ア大会 日本5−0インド 順当勝ち
 インドというと停電したり、犬が乱入したり、プレーと関係ない記憶が蘇る。  インドはこのところ急激に経済成長しているし、人口は山ほどいる。かつてイギリスの植民地だったことからサッカーが強くてもいいような気もする。しかし、インドはクリケットの国であまりサッカーは盛んではない。  世界のグローバル化が進めば、インドでもサッカーが盛んになるんじゃないか、いつかはサッカー強国になるのではないか、と思うのだが、いつかがいつ来るかはわからない。  それでもグループリーグを突破してきたのだから、それなり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 20:49
アジア大会 日本2−0マレーシア 難しい試合でなんとか勝つ
 日本の先発はディフェンダーの鎌田が比嘉に替わっただけで10人が中国戦と同じだった。中国戦で鎌田→比嘉の交替はハーフタイムに行われている。関塚監督には何か不満があったのか。  それはともかく、ここでわかっているのは、マレーシア戦の先発は実質、中国戦と変わらなかったということだ。中一日であるにもかかわらず。  良いとか悪いとか言うのではない。関塚氏はそういう監督だ。彼が簡単にスターティングメンバーをいじることはない。もちろん、練習時間が短いので少しでも連携を深めて、ということは監督の頭にあった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/10 22:03
アジア大会 中国0−3日本 日本強いですね
 アジア大会サッカー競技の年齢に関するレギュレーションはオリンピックと同じ。23歳以下でオーバーエージが3名まで可能。しかし、日本はオリンピック代表強化のために21歳以下の代表で出場している。韓国も中国も同様のU-21らしい。ただし、北朝鮮は南アW杯出場メンバーが10人いるということで、恐らくはレギュレーションを守って(?)21歳を越えた選手も多くいるのだろう。  そう言う話を聞くと、日本-北朝鮮戦が実現してほしいものと思う。この日本代表はどこまでやれるものだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/09 23:12
U-19 日本2−3韓国 ただの縦ポンに敗れる
 ご存じ、U-19日本代表が、世界大会の切符を失った試合である。  この試合が行われたのは10月11日。NHK-BSで録画放映されたのは、忘れた頃の10月20日。それをここまで放っておいたのは、経過と結果を聞いてとても見る気になれなかったからだ。  しかし、試合も見ないで批判するわけにもいくまい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/01 21:07
韓国0−0日本 東アジアの日の出
 日本サッカー界で、韓国はこれまで忌々しい隣国だった。  だがその隣国との対戦を見て、この両国、東アジアは、これからとんでもないことになっていくかもしれないと感じた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/13 21:33
日本1−0アルゼンチン まだ浮かれてます
・日本がアルゼンチンに勝つなどと思ってもいなかったので、今でも浮かれている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/09 17:28
今頃、「ジャパン」はなぜ負けるのか、読了
 今頃読了と題に書いたのは何回目か。もうシリーズものだ。私は売り出されてすぐに本を買う気にならない癖があるから、こういうことになる。  この本は共同著者の一人がサイモン・クーパーなので購入した。名著「サッカーの敵」以来、サイモン・クーパーの本は読むことにしている。彼は世界中どこにでも行き、山ほどの人物と会ってインタビューをしている。彼の書く文章には、インタビューされた人間の息遣いまで聞こえるようなリアリティがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/06 20:46
アルゼンチン・韓国戦、日本代表選手発表
GK: 川島・西川・権田 DF: 闘莉王・駒野・栗原・伊野波・長友・槙野・内田 MF: 遠藤・憲剛・阿部・今野・長谷部・本田拓・細貝 FW: 松井・前田遼・関口・岡崎・本田圭・森本・金崎・香川 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/30 23:01
イタリア人が日本代表監督をすることについて
 いわゆるザックファミリーが日本にやってきた。彼らは精力的にJリーグを見て回っている。前節の仙台-山形戦でもコーチが来ていた。原前代行監督が選んだ代表選手は両チームに一人もいないのに。  はたして収穫はあったのだろうか。あの試合で最も活躍したのは北朝鮮籍の梁だった。もし日本代表がW杯予選で北朝鮮と対戦し、梁がかの国の代表に選ばれれば、近い未来への良いスカウティングになっただろう。  ザッケローニ代表監督は概ね日本サッカーファンに好評のようである。まだ彼は一試合も率いていないのにも関わらず。好... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/25 12:07
日本2−1グアテマラ コンダクターの不在
森本 俺が点を取る 乾 俺が点を取る 本田 俺が点を取るに決まってるやないか 香川 僕が点を取る 橋本 俺が点を取る 槙野 俺も点を取る 橋本 俺が点を取る 長友 俺が点を取る 駒野 あわよくば僕も点を取る 岩政 セットプレー時は俺が 楢崎 納得がいかない ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/08 20:28
日本1−0パラグアイ 素晴らしき興行試合
 新監督も決まっていないのに親善試合を行う意味があるのか。それではただの興行ではないか。そういう意見があった。  いやしかし、興行は大切だ。興行が成り立たなければ新監督の年棒も出せない。  新監督初采配には間に合わなかったが、新監督視察には間に合った。選手のモチベーションばかりでなく、観客のモチベーションも上がったようだ。横浜スタジアムは観客65157人の満員。新監督が決まるまでは券がけっこう売れ残っていた筈だ。視察効果恐るべし。  相手のパラグアイも良かった。ともかくこの日本に真剣に勝ち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/05 15:19
続・ザッケローニ監督就任に関して
 もちろん、衆目一致するところの名監督が日本代表監督になることが望ましい。  私など、ドイツW杯時のアルゼンチン代表が好きだったので、あの代表を率いたペケルマンなら大歓迎だった。  もっとも名監督なら望ましいが、それは難しいだろうとも思っていた。  日本サッカー協会が出せる年棒には限りがあるし、極東の島国に来たがる物好きがそうそういるとも思われない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/02 23:12
ザッケローニ監督就任に関して
 とりあえず日刊スポーツ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/31 22:05
今頃、「28年目のハーフタイム」読了
「28年目のハーフタイム」は、金子達仁氏が出した初めての単行本だ。初版は1997年。金子氏の出世作であるとともに代表作でもある。  1996年のマイアミの奇跡、すなわちブラジル戦勝利を為した、アトランタオリンピック代表について書かれてある。  この本は有名な本で、読む前からどんな内容か聞いていた。それで読んだ気になってしまい、これまで読まないでいた。しかし、金子氏に対して何度か批評(これとこれとこれ)をしてきた自分が、彼の代表作を読んでいないというのは恥ずべき事であろう。古本屋でたまたまこれ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/19 20:56
岡田サッカーの残したもの
 岡田監督と日本代表について様々なことを考えてきた。それは結局、ああした劇的な経過を辿った日本代表について、自分が納得できる物語を再構築しよう、ということだったのかもしれない。  この私製物語での肝は、代表コンセプトから現実路線への転換がいかに為されたのかという点にある。見ていた私にとってはそれだけ信じがたい転換であり、成功だった。  それを実際にやっていた中心選手の一人、遠藤に言わせれば、「攻6守4」だったのが「攻4守6」に変わったぐらいで大した差はない、ということだが。いや、そう言う遠藤... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/16 18:53
今頃、「0勝3敗」読了
 辰巳出版 「『0勝3敗』ワールドカップ南アフリカ大会で岡田ジャパンが惨敗する理由」、を読んだ。  発行日は2010年2月15日。これは東アジア選手権の直後にあたる。各原稿が書かれたの日は、想像するに今年のベネズエラ戦(2/2)以前であろう。今年の東アジア選手権→親善試合4連敗は、考慮されていないことになる。  グループリーグ分けは2009年12月4日にすでに決定しており、グループリーグの内容予想も書かれている。そこには「0勝3敗」の可能性は99%、とある。  私がこの本の存在を知ったのは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/07 21:47
三年七か月後の言い訳、「日本の若者は、別に『世界』で勝たなくてもよいのかもしれない」について
 そろそろ言い訳を書こう。  三年七か月前に書いた文章だ。題は、「日本の若者は、別に『世界』で勝たなくてもよいのかもしれない」  この文章は、当時相当叩かれた。同時に現在、この「折り返して逆サイド」で、恐らくもっとも多く読まれた文章でもある。  この文章に付いたコメントに返事を書いたり、他の文章も読んでくれと書いたことはあるが、私はこの文章への批判に対して正面から対応したことは無かった。 「あれは本意ではない」などとすぐに書くと、政治家の失言みたいで格好悪い、と思ったことがひとつある。そ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/06 23:28
このサッカーは日本のスタンダードになり得るか
 日本代表は中立地でW杯16強という、これまでにない成果をあげた。それでは今後、このサッカーが日本のスタンダードになっていくだろうか。  屈強なセンターバックの前にパスを配給するのが得意なアンカーが立ち、ブロックを作り、まずここで奪うことから考える守備重視のサッカー。それが、今後日本のメインストリームとなっていくのか。  どうもそういう話にはなっていないようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/29 22:13
日本代表の幸運
 日本代表がベスト16に至るまでには、もちろん幸運もあった。  幸運の最たるものは、初戦のカメルーンが日本以上に絶不調に陥っていたことだろう。報道からは、カメルーンの英雄ミラとエトーの間の揶揄と反発、そして監督とベテラン選手達の間の確執が伝えられていた。それらの報道がどれだけ真実を伝えていたかは不明だが、そうした報道があるということ自体が良くない兆候だ。何十人もの男どもが暮らしていて何の問題もないということは難しいが、そうした問題は中で処理すべきことだ。外部の雑音があるということは内部の集中を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/24 19:05
スペイン「も」真似たらいい
 猛暑来る 死なないように 生きている ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/22 20:58
代表選手のシステム対応能力について
 かつて岡田監督について、MVPの小笠原もJリーグ得点王の前田遼も起用しない、という批判があった。  その批判は単にスペック主義ではないか、と思ったことがある。CPUの処理能力が高ければいい、メモリがでかければいい、ハードディスクも大きいほうが。パソコンならそれでもいいが。いや、パソコンでも家電製品でも、使い勝手というものがあるだろう。  チャンスを与えなかったのならまだしも、小笠原も前田遼も一度は呼ばれている。能力はもちろん高いが、彼らは何か理由があって切られたのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/20 19:23
現実路線を導いた心理はどんなものだったのだろう
 日本がW杯16強となって、岡田監督の言動が好意的にみられるようになった。例えば早稲田大学で行われた講演、「岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは」。日付は12月14日で半年以上も前の話なのだが、最近になって盛んに読まれているようだ。  私も読み返してみた。  そこで岡田監督は、座右の銘でよく「人間万事塞翁が馬」と書く、と語っていた。確かにこれは毀誉褒貶の激しい岡田監督のためにあるような言葉だ。  他にフランスW杯予選で追い詰められた時の心境について、どん底に落ちると遺伝子にスイッチが入... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/13 23:22
カメルーン戦以前の代表はなぜ不振だったのか
 今年になってから日本代表はずっと不振だった。  5/24の韓国戦後に起きたことは、 ・代表選手らのミーティング ・阿部アンカーシステムの採用、俊輔スタメン外とそれまでの代表コンセプトの破棄 ・本田ワントップ、岡崎スタメン外 ・カメルーン戦勝利  これらはみなさん御存じの通りである。だがそこを議論する前に、明らかにしなければならないことがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/11 19:56
岡田解任のタイミングはあったか?
 中立地でベスト16。良かった、嬉しい、だけではなくて、いろいろ考えてみようとしている。例えばここまでの経緯だ。  現在は岡田監督万々歳だが、W杯開始前、サッカーファンの間では岡田解任論が席巻していた。  さて私はというと、悲観論に陥ってはいたが、今年に入ってから「岡田やめろ」とは書かなかった筈である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/07/10 17:35
岡田監督について書く前に
 岡田監督について書くにあたって、今まで自分がどんなことを書いてきたのか読み返してみた。オシム前監督が倒れてから書いた文章をだ。  まずわかったのは、数年前のほうが、このブログはカウントが回っていた、ということだった。サッカーを数多く見てきたことで、却って、私が書いていることはつまらなくなってきたのかもしれない。  それとも単に文章が下手になったのか。  あるいは一般的に、サッカーブログというものを読もうという人が減ってきたのかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/06 23:27
パラグアイ戦についていくつか
・四戦続けて同じスタメン。疲労度が気にかかる。松井と遠藤の顔に少し余裕がなくなっていたように感じる。 ・前半開始早々からパラグアイがポゼッション。「ふむ、これはパラグアイに持たせる作戦か」 守備意識の強いパラグアイに攻めさせるのはデンマーク戦と同様。相手の得意でないパターンに持ち込もうということか。 ・などと思っていたら、指揮官も選手も問題だと思っていたらしく、遠藤をトップ下にあげてパラグアイのボランチを抑えにかかった、とのこと。私はデンマーク戦と同様に、試合の流れを読めていない。 ・拮抗... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/02 21:27
日本0−0(PK3-5)パラグアイ 日本はもっと強くなる
 夜更かししたが、会社に行かなければならなかった。普段と同じ時間に起きた。  昨夜の雨はあがっていた。当たり前の朝だった。日本が勝とうが負けようが、朝はまたやってくる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/30 22:08
デンマーク1−3日本 安心という意外性
 前半途中で、日本が勝ちそうだと思った。その後、最後まで安心して見ていられた。  引き分けも負けもあり得るが、勝つ可能性もあると思っていた。ただ、先行・中押し・駄目押しまでして勝つなどという芸当を見せてくれるとは思わなかった。こんな日本を見たのはいつ以来か。格下のアジア相手か、対戦相手がベストメンバーを揃えてくれなかった親善試合でなければ見られなかったのではないか。だが、これはW杯本番だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/25 22:04
オランダ1−0日本 この悔しさには覚えがある
 とても悔しい敗戦だ。  ただ、この悔しさは手も足も出なかったから生じたものではなく、力を出し切れなかったから感じたものでもない。  監督も選手達も手を尽くした。それでも手が届かない。  力の差を痛感した。これはまったく惜敗ではなかった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/20 12:12
日本1−0カメルーン 勝利とはなんと嬉しいものか
 これはネタで書いた通り、神様以上だと岡田監督を崇め奉らなければならないかなと思った。  いや、本番まであとわずかという時期にスタメンもフォーメーションもコンセプトもガラガラポンした岡田監督、まるでマリノス監督時代末期みたいだったが、それによくぞ選手達がぶち切れずについていったものだと。そちらを褒めるべきかもしれない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/15 22:35
あまりに痛いフランスの記事
 スペインと韓国の親善試合を見た。  スペインが1−0で韓国に勝った。スペインはまだピークではなく、韓国は今がピークなのかと思えた。概ねスペインがゲームを支配していたが、韓国は鋭いカウンターから好機が何度かあり、うっかりすると勝ちそうだった。しかし、その好機はゴールに結びつくことがなく、86分、スペイン・ナバスのミドルシュートで決着した。  韓国はグループリーグ、スペインはトーナメントに照準を合わせているのだろう。両チームとも良い仕上がりに思えた。  という話を書こうと思っていた。両国にと... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/06/10 22:12
中国女子0−2日本女子 完勝でW杯出場
 まず説明から。  これは中国で行われた女子アジア杯の3位決定戦。日本女子代表は準決勝でオーストラリア代表に敗れ、3位決定戦に回った。  3位以上なら来年の女子W杯ドイツ大会に出場できる。つまり、W杯出場をかけた一戦だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/09 21:45
サッカー相談室(6) 日本代表が勝てません
Q: 日本代表が勝てません。これでW杯本番は大丈夫なのでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/07 18:31
日本0−2コートジボワール 日本代表はやはり日本代表なのだと
 闘莉王だね。  オウンゴールはともかくとして。いや、闘莉王を起用する以上、ある程度のおバカは覚悟しなければならない。織り込み済みとは言わんけど。だが、ドログバを怪我させたのは。  わたしなぞ、今でも四年前に加地を怪我させたシュバインシュタイガーのことを忘れていないんだから。いったい闘莉王は何万人、何億人に恨まれることやら。  闘莉王ならアフリカの呪術師に呪われても平気か? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/05 23:41
日本1−2イングランド 少しは希望が持てて良かった
 年が明けて以来、日本代表がよろしくない試合ばかり続けているから、この惜敗が賞賛されているのだという点は覚えておこう。  あるいは逆に、マスコミもサポーターも絶望的になるような試合を続けていたのに、わずか6日間でここまで立て直した監督の手腕と代表選手のポテンシャルは、大したものなのかもしれない。  ついでに言うと、日本代表はこれまでも欧州のサッカーには何故か相性が良い。理屈が通る相手のほうがいいのかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/31 21:03
オシムへの伝言
 いま、千田善著「オシムの伝言」を読んでいる。  その本の内容とは関係ないのだが、この題名だとどうしても、ペドロ&カプリシャスの「ジョニーへの伝言」(作詞:阿久悠/作曲・編曲:都倉俊一)を思い出してしまう。  千田氏がオシム前監督に会いに行くことがあるかどうか知らないのだが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/26 21:55
日本0−2韓国(生観戦) ここまで酷いとは思わなかった
 浦和美園駅に着いたら大雨だった。歩くのが鬱陶しくなりバスに乗った。バスから降りたら傘がいらないほどに弱くなっていた。この日の雨は、強弱の切り替えが速い。  バスで聞き耳を立てていると、自分の座席の上に屋根があるかどうか知らずに心配している人がいた。代表戦は浦和戦と違っていろいろな人が来る。初めて埼玉スタジアムに来た人も多かろう。平日だけあって背広にネクタイの人も多い。  手持ちの缶ビール(キリンだ)を紙コップに移し替えてバックスタンドの階段を上った。席はバックスタンド二階、最後まで売れ残っ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/25 21:42
本田と俊輔を見る人の世代視点
 このところサッカー界はどちらを向いても本田本田だ。中にはひどい記事もあった。本田帰国後のスポニチ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/22 08:16
サブらしき日本代表選手がW杯で出場するパターンを考えてみた
 梁勇基は24人目ですか。そうですか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/14 22:02
日本代表W杯メンバー発表
GK: 楢崎・川島・川口 DF: 闘莉王・長友・内田・中澤・駒野・岩政・今野 MF: 松井・長谷部・本田・遠藤・稲本・憲剛・俊輔・阿部 FW: 大久保・岡崎・玉田・森本・矢野 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/10 22:27
ブッフバルト氏代表監督報道について
 まず報道を時系列で並べてみる。 ・岡田監督後任にブッフバルト氏急浮上!(報知新聞) ・エンゲルス氏「代表興味ある」…日本永住権取得 次期コーチ意欲(報知新聞) ・“ギド・ジャパン”は「根も葉もない話…」(デイリースポーツ) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/09 21:42
今頃になって、「狂気の左サイドバック」読了
 初版は1994年9月。ドーハの悲劇の一年後だ。  あの当時評判になった本だが、すぐ手に取る気持ちにはなれなかった。ドーハの悲劇は生放送で見ていなかった自分にとっても辛い記憶で、追体験をする気にはなれなかったからである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/23 21:37
日本0−3セルビア 無理矢理ポジティブに考えてみる
 これはノルウェー戦みたいなものかな。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/07 22:58
日本2−0バーレーン 人の差は大きい
 岡田監督は、今回のメンバーが一番長くやっていて、と言っている。しかし、1月25日から始めた合宿、日韓戦は2月14日。20日間をともにしたメンバーよりも、帰国したばかりの海外組がちょちょっと合わせただけでこれだけ攻撃が良くなるというのは、やはり人の差、能力差だろう。  岡田監督が人の差が出るようなサッカーをやっている、とも言える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/04 18:38
韓国戦について追記
 二日経っていくらか冷静になってきた。なにが引っかかっていたのか頭の中を整理してみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/16 22:06
日本1−3韓国 ささくれ立った文章しか出てこない
 このブログはもちろん趣味でやっている。書いて楽しいことだけ書いて、書いて不愉快になることは書かないようにと思っている。  それで、もうこの試合については書くのをやめようかと思っていた。  ちょうど冬季オリンピックをやっているし、バイアスロンの感想でも書こうかなと。  しかし、代表戦について書かないで無視するのは、それはそれでストレスになる。困った性分である。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/15 21:05
女子代表 日本2−1韓国 まだ足りないところがある
 サッカーの神様が女子代表に諭したのだ。  天狗になるなよ、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/14 09:04
女子強いね −ここまでの二戦について−
 東アジア選手権の女子代表を見ていたのだが、また一段、レベルが上がったようだ。  ベストメンバーで戦った中国戦は2−0の快勝。若い選手中心の台湾戦は3−0の完勝だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/13 13:11
日本3−0香港 あんなものと思いますが
 中国戦は酷寒の強風の中。香港戦は冷たい雨の中。過酷な試合でよく頑張ったと思う。本当に頭が下がる思いだ。  代表サポーターに対してだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/12 19:35
日本0−0中国 ベネズエラ戦よりはまし、でよいのか
 プレゼンテーションの予行演習でそうとう下手な発表をしたとするじゃないですか。  本番では修正して、それよりはましな発表をしたと。  そこで「まあ、良かったんじゃないの」と言われたりすることってないですか。  そうとう下手→どちらかといえば下手、の時に、及第点以下だけど許される、みたいな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/07 22:47
日本0−0ベネズエラ 今日はツイッター風で。
・清水・風間・山口のラインアップは、うちはテレ朝とは違うぞ、TBSとも違うぞ、っていう気合いが感じられる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/02 21:13
ベネズエラについて
 ベネズエラ出身選手というと、何人も思い浮かぶ。まず、マルカーノ。ストッパーのサンチェ。ペタジーニ、カブレラ。そして現在も活躍中のアレックス・ラミレス。  みな野球選手だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/31 13:27
昨年、見に行った試合について
 今シーズンの体制発表が各チームで相次いでいるが、こちらはまだ昨シーズンについての話。  昨年は20試合を見に行った。シーズン中、二週間に一回見に行く感覚でいた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/19 19:51
ゴールがこわい
 お寒うございますな。人間と言うものは勝手なものでございまして、こう寒くなりますと、暑い夏が恋しくなるものでして。  夏といいますと、落語は怪談をやる、と決まっております。ぞっとするような話をしまして、少しでも涼を取ろうとということでございまして。  しかし、人に噺を聞かせて怖がらせよう、というには芸がいります。みなさんそう簡単に怖がったり寒がったりはくれません。ヒュードロドロなんて言っても今日びの子供さんは笑ったりしますからな。  子供ばかりじゃありません。大人の男に怪談を聞かせたって、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/13 18:32
イエメン2−3日本 負け組でした
 インターネット経由で現地の放送を見ていた。2点目を取られたところで見るのをやめた。負けそうだったからではない。カクカク映像が目に辛くて耐えられなくなってしまったのだ。  あれから逆転したんだそうで。  日本代表のいいところを全然見ないでしまった。文字通りの負け組である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/07 21:04
年頭にあたって
 これは、幼少期から体育でしかサッカーをしたことがなく、  青年期までたまにしかTVでサッカーを見たことがなく、  中年期までナマでサッカーを見たことのなかった人間が、  サッカーをわかろうとして書いている発展途上ブログである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/03 10:58
香港0−4日本 いや、こんなもんじゃないすか
 日本はコンディションも悪いし、  香港に良い時間帯を作らせつつ、  ひょっとしたら同点、え、逆転も、とか相手に思わせつつ、  しっかり点を取って無得点に抑えて勝つと。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/18 23:04
南アフリカ0−0日本 他人事ながら気になる
・南アフリカはこの試合の前に、元ベガルタ監督サンタナ親分が解任され、パレイラ監督が復帰していた。懐かしい人が見られなくて個人的には残念。もっとも日本戦前に9戦して8敗ではやむなし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/16 22:18
日本5−0トーゴ 相手はあれだったけれども
 トーゴ代表があれだったんだけれども。アフリカはこれがあるから。  もし怒るんだったら、矛先は日本スタッフのマッチメークの拙さに向けるのではなく、トーゴ代表に対してだろう。約束を履行する、あるいは、モチベーションの高いメンバーを連れてくる、状況の中で最善を尽くす、といったことがスポーツで出来ないのなら、他でも出来ないだろう。そんな国の将来は知れたものだと思うのだが、如何。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/14 23:36
日本2−0スコットランド(生観戦) ハッピー!
 秋の日はつるべ落としとか。新横浜駅から横浜国際に向かう間、周囲は急速に暗くなっていった。  途中で巨体の白人さんが何人か、ビールを陽気に飲んでいた。スコットランド人である。  彼らの体型を見ると、 「あんたら、ビール飲みすぎ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/11 18:42
日本6−0香港 書くことがない
 香港は最近北朝鮮と引き分けているし、もう少し苦労すると思っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/08 21:51
レッツゴー代表三匹
 しつこいようですけど、フィクションですよ。宮本が何て言ったかなんて、知りませんよ。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/10 21:40
日本4−3ガーナ 不安と収穫のガーナ戦
・テレビでもわかるくらいガーナ選手は胸板が分厚い。戦車に竹槍みたいな。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/09 22:34
SさんとH君
 これから書くことはフィクションです(そう書いておかないと稀に本気にする人がいるのです)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/09/07 23:16
オランダ3−0日本 約束された敗戦
 これ以上わかりやすい展開もない。あれだけ走り続ければ90分もたないのはわかりきっている。  もちろんこれは監督の指示であるし、あえて交替も二名しかしなかった。つまり監督の狙い通り、負けようとして負けたわけだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/06 17:56
泥縄オランダ戦予習
 まず、発表されたオランダ代表メンバー。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/05 18:28
代表選手発表から
 オランダ・ガーナ遠征へ向けた日本代表選手が発表になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/31 17:54
石川直と寿人は南アフリカのピッチに立てるか
 石川直は10得点でJリーグ得点ランク二位、日本人一位。寿人は9得点でランク5位、日本人の中では岡崎と並ぶ二位。  タイプは全く異なるが得点力があるという点は共通している。だから彼らは決定力不足解消の切り札になりそうな気がする。しかし、石川は全く岡田監督の招集を受けていない。寿人は2008年6月、バーレーン戦の出場が最後である。  彼らは南アフリカのピッチに立ちことが出来るか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/21 18:50
いろいろなざれごと
(1)いまダヴィがJリーグの得点王なわけですけれども これから誰もダヴィの点を超えなかったら、途中からいなくなった人が得点王ということになるわけで。 ちょっと期待してみたりする。ナオ点取るなよー、みたいな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/10 22:36
オーストラリア戦はJリーグ第14節に影響したか
 オーストラリアに行った日本代表は19人。 GK:楢崎(名90)・都筑(浦0)・川島(川0) DF:中澤(M0)・山口(G0)・闘莉王(浦90)・駒野(磐0)・今野(F90)・長友(F90)・槙野(広0)・内田(鹿90) MF:橋本(G85)・憲剛(川90)・松井(サ78)・阿部(浦90) FW:玉田(名90)・矢野(新32)・岡崎(清90)・興梠(鹿5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/22 21:21
オーストラリア2−1日本 これが現在の実力
 日本代表はベストメンバーではなかったが、それはオーストラリア代表も同じ。  日本代表はベストコンディションではなかった。だが、解説者が指摘したように、多くが欧州でプレーするオーストラリア代表は国に帰ってくるだけで大変だ。彼らもベストコンディションではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2009/06/18 21:28
いわゆる、W杯ベスト4目標について
 ずっと引っかかっていることがある。いわゆるW杯ベスト4目標についてだ。  頭の中を整理してみたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/15 18:28
日本1−1カタール バーンアウト
 うろ覚えで申し訳ないんですが、米長永世棋聖が次のようなことを言っています。例えば順位戦の最終戦で、自分は勝っても負けても昇格も降格もしない立場にいて、目の前には昇格なり降格なり名人挑戦権なりがかかっている相手がいる、と。そういう時に全力を尽くして相手を負かしにいかない人間には、肝心な時に勝利の女神が微笑んでくれない。そんな話です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/11 20:07
ウズベキスタン0−1日本 おめでとうございます
サッカーファンの皆様、おめでとうございます(若松監督風)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/06/07 12:46
日本4−0ベルギー(生観戦) 楽しく和やかな代表戦
 家を出がけに強い雨が降った。天気予報はちょうど試合中に雨が降ると言っていたが、前の時間にずれたらしい。試合会場はほとんど屋根のない国立で心配していたが、幸い試合中に雨が降ることはなかった。  黄色い看板の店でラーメンを食べてから国立へ。私が国立競技場でサッカーを見るのは初めて。席はバックスタンド二階席のカテ3。コンコースに人が溢れていて、二階に上って行く階段を見失い、係員に訪ねてようやく席に着くことができた。  聖地・国立は古い。改築の噂はあるがどうなるやら。ともかくこれで自分もようやく「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/01 22:14
日本4−0チリ 快勝過ぎてなんだか
 一日経ってまだ印象に残っていることを箇条書き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/28 22:24
日本1−0バーレーン 良い試合をした
 日本がいい試合をしたと思う。  バーレーンは人口100万人に満たない小国と言えどもやはり強敵。例えに適当かわからないが、ベガルタ仙台にしたって良い監督がついてしっかり鍛えれば、日本代表と5回戦って2勝することはあり得るだろう。  そのバーレーンを相手に危なげなく勝った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/29 06:42
ウズベキスタン0−1バーレーン
 ホームのウズベキスタンが張り切っていいゲームをして攻め込んだのだけれども今一歩の精度が足りず、終了間際にバーレーンが直接フリーキックから1点をもぎとって勝利。  サッカーの理不尽さ満載の試合だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/18 23:06
日本0−0オーストラリア これでも勝てないのか
 なぜあれだけ攻めて点が取れないのか。  なぜあれほど中盤を支配して点が取れないのか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/13 22:25
フィンランド戦補足
・フィンランドの高さが喧伝されていた。しかし、日本防御側の危機は高さよりも足下が起因。あと一歩を詰めるか待つかの間合いや、コンビネーション、あるいは切り返しへの対応が問題。なかでも寄せの一歩の甘さが目に付いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/05 21:46
日本5−1フィンランド この変貌自体がちょっと
フィンランド フィンランド フィンランド いつかは行きたい 憧れの国 わたしの夢よ               詞・曲 Michael Palin 訳詞 谷山浩子 「フィンランド」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/04 22:57
バーレーン1−0日本 日本が弱い
 犬飼会長が、見ていないからコメントしない、などと言っていたので私も見てからコメントしようと思った。やっと無料配信で見ることができた。その間にフィンランド戦メンバーの発表などがあり、古い話題になってしまった。  いや、岡田監督などは古い話題にしたいと思っているだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2009/02/01 18:28
放映のないバーレーン戦
 確か量子力学の話で、 「森の中で木が倒れたとしても、誰も倒れた音を聞いていなかったのなら、木が倒れた音はしなかったということになる」 という話はなかったか。  それともフレドリック・ブラウンのSF小説だったか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/28 21:50
バーレーン戦に向けた日本代表合宿メンバーについて
 イエメン戦直前のメンバー GK:川口・都築・川島 DF:寺田・高木・駒野・石櫃・水本・内田・阿部翔 MF:憲剛・青木・工藤・谷口・乾・金崎・香川 FW:巻・達也・岡崎・興梠 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/22 22:21
日本2−1イエメン いらいら
 もともとこの時期の日本代表はどの年も大したパフォーマンスを見せることはなかった。  さらに、経験の少ない若手を数多く起用。  もともと決定力のない日本代表が、この日のようなすっきりしないサッカーをしたとしても、そう責めるべきものではない。それよりもこの時期このメンバーで、勝ち点3を得られたことこそが重要。  と、エクスキューズを並べることもできる、 のだ、 が、 だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/21 22:19
日本代表合宿について
 アジア杯イエメン戦にむけて、日本代表が1月10日から鹿児島県指宿市内で合宿をしている。  マスコミがあまり盛り上げてくれないので、なかなか様子が伝わらない。イエメン代表をリスペクトしていないわけではないが、盛り上げたくなるような相手でもない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 11:56
天皇杯準決勝
 昨年は年末まで天皇杯に出ていた外国籍選手が多かったような気がする。ルーカスもフランサも決勝に、カボレも準決勝に出場していた。一昨年広島にいたウェズレイは、降格が決まったら天皇杯があったのに、さっさと故国へ帰っていた。  キリスト教圏の人がクリスマスの時期に故国で家族と過ごすことは、日本人の盆暮れの帰省以上に重要なことと思う。彼らを日本に踏みとどまらせたのは何であったろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/05 19:29
年頭にあたって
 まず日本代表。  今年はW杯最終予選の中盤から終盤に当たる。出場権の獲得はもちろんだが、出場権を得るまでの間に代表がどれだけ成長するかが肝心である。成長にはもちろん予選の緊張感が欠かせない。重要な一年になる。  岡田監督に関しては信じるも信じないもない。プロの監督なのだから是非は結果で判断されるべきと考える。現在までの結果は是だ。  日本サッカーの右肩上がりはとうに止まったように見えるが、監督と選手にはそれの打破を願っている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/04 16:28
今年のサッカーを振り返って
 まだ天皇杯は残っているが、年末であるし、今年のサッカーを振り返ってみよう。  今年見に行ったのは15試合。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/27 17:59
U-19 日本4−2イラン、日本0−3韓国
 日本はベスト8止まりとなり、久々にU-20W杯出場権を失った。ネット上では牧内監督に関する批判があったようだ。しかし試合を見ていなければ、監督批判をすることもできない。NHK-BSで放映してくれたのでようやく見ることができた、と言っても放映は11/15と11/16。試合は11/2と11/8の話である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/27 20:09
カタール0−3日本 出し遅れの何やら
 コンピュータが壊れたので、タイムリーな感想を書けなかった。いくつか印象に残ったことを思い出しつつ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/26 18:11
日本3−1シリア 控えのコンセプト理解は?
 奪ってすばやくサイドから、というのが恐らくは今の狙いで。  それは今回の先発メンバーでは為し得ているけれども、後半控えが出てくるとまるで昨日顔を合わせたばかりのようなサッカーになってしまっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/13 23:46
U16 日本2−0サウジアラビア
 何年か経って「そう言えば」と調べたくなるかもしれないから、先発メンバーを書いておこう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/26 15:39
日本1−1ウズベキスタン 雑多な感想メモ
・敵はジーコ、とテレビ朝日が喧伝していた。しかし、ジーコが敵と言われてもあんまり怖くないというか。これが「オシムが情報を流した」とか「シャムスカが」だったら話は違うけど。いや、ジーコが敵って、だからそれが何、って言うか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/15 22:48
日本1−1UAE なんで入らないのか
 なんでシュートが入らないのか。  わざと外しているのではなかろうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/09 22:31
ウズベキスタン0−1オーストラリア ウズベキスタンは良いサッカーなのだが
 攻めてはここというときにディフェンダーが押し上げてサイドをえぐり、ごつい体を生かしてヘッドでゴール。  守ってはでかい体に似合わず俊敏に動いて、相手フォワードに前を向かせず跳ね返す。  前半のオーストラリアは素晴らしかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/12 20:36
カタール3−0ウズベキスタン アウェーでナイーブさを露呈したウズベキスタン
 37分にカタールの得点が入るまでは、ウズベキスタンのほうが良いサッカーをしていた。  ワンタッチで回し時にはボールホルダーを追い越しスペースを作った。個人技頼みのカタールに比べて、好機の作り方がはるかにモダンだった。  しかし、ウズベキスタンは中東で戦うにはあまりにナイーブだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/09 20:29
バーレーン2−3日本 完勝以上の完璧
 困ったな、とブロガーの私は思っていた。 「このまま完勝で終わったのでは、書くことがない」  ところが試合は突如緊迫化し、終わってみれば薄氷の勝利だった。  何度も同じことを書いているが、また書く。勝負事は、「勝った」と思った瞬間が一番危ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/07 18:43
弟キャラとして見る中田英寿
 週刊現代が「中田英寿【31歳】感動をカネに変える男」という特集記事を出していた。  私はパラパラとめくっただけなのでその記事全体について言及するつもりはない。ただ、その中で中田は前園と弟分として付き合っていた、という意味のくだりが引っかかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/06 12:11
もうすぐバーレーン戦らしいのだが
 Jリーグが中断期間なので、ブログの更新も休んでいる。  最終予選の初戦・バーレーン戦がもうすぐだ。  通常なら、最終予選に向けて選手選考はとか、練習の予定はとか、海外の選手の合流はとか、相手のバーレーンはとか、考える所だ。  しかし、ウルグアイに完敗して、決定力の無さげな選考で、大学の二軍に負けて、俊輔の足の具合が悪いとか、負けたら監督をやめさせるのやめさせないのと、景気の悪い話ばかりで、正直書く気にならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/05 22:33
日本0−1オランダ(8/13) 夏休みビデオ消化中(3)
 勝てる試合だった。  アメリカ戦とナイジェリア戦は、もう少しやりかたを工夫して運が味方すれば、勝てたかもしれない試合だった。一方、このオランダ戦は日本が勝てた試合だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/31 11:14
日本1−2ナイジェリア(8/10) 夏休みビデオ消化中(2)
 内容で日本が勝っていたなどと言う気は微塵もないが、思っていた以上に勝負になっていた。  となれば、勝敗を分けたのはディテールだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/30 22:57
夏休みビデオ消化中(1)
オランダ0−0ナイジェリア(8/7)  印象としては決勝のアルゼンチン−ナイジェリア戦に似ている。どちらかというとオランダがボールを持っているが、ナイジェリアの「ここで足が出るのか」的な守りと鋭い反転速攻があった。どちらに転ぶかわからない展開の読めない試合は、結局どちらにも転ばなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/26 20:53
五輪女子 日本0−2ドイツ 婦女頂半辺日本的足球
 婦女頂半辺天(天の半分は女性が支えている)、とは故毛沢東が中国女性を労働に駆り立てた際のスローガンである。中国語の文法として正しいかどうかは知らないが、「天」の部分に「日本サッカー」を入れてみた。 「日本サッカーの半分は女性が支えている」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/22 21:29
日本1−3ウルグアイ 決定力以前の問題
 まずは良いメンバーを揃え、コンディション良好で日本に来てくれたウルグアイに感謝したい。おかげで日本の現在の立ち位置と問題点がはっきりした。  決定力以前の問題だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/21 20:29
五輪女子 日本2−4アメリカ 近い未来の金のために
 自分の予想していた以上に彼我の差が大きかった。日本女子選手達の一所懸命さが伝わってきただけに、その差を強く感じた。  グループリーグですでに対戦していたわけだが、その時よりもさらに差が拡がったようにも見えた。グループリーグで日本がアメリカを知った以上に、アメリカは日本を知っていた。同じ対戦を繰り返せば誤魔化しが効かなくなり、強い側により有利になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/19 22:14
米国戦を前に
 ここまでの女子代表の試合について感想。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/18 20:45
この程度の実力、という感慨
 会社が夏休みだったのだが、五輪男子サッカーは多忙であまり見ていなかった。アメリカ戦は後半のみ、ナイジェリア戦は先制点を取られるまで、オランダ戦はダイジェストも見ていない。  これから書くのは内容ではなく、結果についてのみの感想だ。  世間の人々は、日本の実力はこの程度か、と思うだろうな、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/17 19:19
日本0−1アメリカ 予想通り過ぎて
厳しいグループに入ったと思っていた。 普通に考えればリーグ突破は無理で 3連敗もあり得ると ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/07 21:45
日本女子2−2ニュージーランド女子 近賀のせいで
 近賀のせいで負けるところだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/06 22:34
日本0−1アルゼンチン 負けて嬉しいわけもなく
・アルゼンチンはよく日本に来る。日韓W杯後に二年連続でA代表が来ていた。日本は2002年山本暫定監督の時に善戦して、2003年ジーコ監督の時に完敗した。あれ、2004年にも来ている(日1−2ア)。全然記憶にない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/30 22:33
日本2−1オーストラリア
 オーストラリア五輪代表監督は、前フル代表監督のアーノルド。噂しか知らないが、どうもアレな監督であるらしい。それは、いらない監督を若い方に回したということか?  移動とか疲労とかコンディションの前に、監督がアレなら勝てなければおかしかろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/24 22:49
五輪メンバーに関して平凡な感想
 五輪メンバーが14日に発表になった。 GK:山本、西川 DF:水本、森重、安田、内田、吉田麻、長友 MF:本田拓、谷口、梶山、本田圭、細貝、香川 FW:豊田、李、岡崎、森本 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/19 17:48
犬飼新会長への懸念
 犬飼基昭氏が日本サッカー協会の新会長になるというので、彼のチェアマン時代、専務理事時代の発言を追いかけてみた。やはり最も印象的だったのは、川崎Fがセパハン戦の後、柏戦で先発を大勢入れ替えた「ベストメンバー事件」である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/13 14:10
それは日本サッカーの長所なのか
 日本人は歴史的に「海外に学ぼう」と「日本は素晴らしい」の間を揺れ動いてきた。政治でも経済でも文化でも。サッカーでも海外サッカーを模倣しようとしたり、日本人の特性に合ったサッカーをと声高に叫ばれたり、何度も揺れ動いている。  オシムが「日本サッカーを日本化する」と言った時、サッカーマスコミが飛びついた。そんな日本人にとって、海外の有識者に日本の優位点を指摘されることほど、嬉しいことはないのだ。  オシム語録に次の言葉がある。 「巻はジダンにはなれない。しかし、ジダンには無いものを持っている... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/05 09:29
W杯最終予選組み合わせ決定
 オーストラリア、バーレーン、ウズベキスタン、カタール。  決して楽ではないだろうが、悪くない組み合わせだ。  と、ドイツW杯のグループリーグの組み合わせを知った時もそう思ったのだから、現在の感想はあてにならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/29 10:31
日本代表戦の観客
 Jリーグ戦の観客と違う所 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/25 22:13
日本1−0バーレーン(生観戦) あんなシュートとも言えないものが
 埼玉スタジアムは雨の中だった。  タイ戦は雪。オマーン・バーレーン戦は雨。相手国の不慣れさを思えば、恵まれているのか。  雨中を浦和美園駅から歩く。南入口から北入口に移動。傘を差しながら缶ビールを紙コップに移し替え、ゲートをくぐり、長い階段を登ってバックスタンド2階席に移動。  選手達を俯瞰する。ここは特等席。何よりも屋根があるのが有り難い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/23 23:38
タイ0−3日本 もっと上に
 まず最終予選に進めることができて、ほっとしている。  内容はあまり褒められたものではないが、それは選手達も感じているようだ。それなら、このチームはもっと上のレベルに行けるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/15 13:31
U23 日本0−0カメルーン 決定しない力
 なぜ古田なのか。  北京オリンピックのキャスターだという。なるほど番宣か。  古田は監督をする前にこうした仕事をするべきだった。選手生活を全うして、外の世界に出るなりコーチ経験を積むなりしてから、監督を引き受ければ良かったのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/12 22:44
女子ア杯 日本3−0オーストラリア 終われば圧勝
 日本代表戦やユーロやJ2に目を向けている間に、女子代表はアジア杯を戦っていた。  戦績は次の通り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/10 22:56
オマーン1−1日本 放送権が破壊する日本サッカー
・何故こんな時間にやるのだろう。  中東でもこの季節、サッカーは夜に行うのが常識であろう。より暑い時間帯を指定したのは、オマーンにより有利になるようにしたのか。それとも日本の広告代理店が、視聴率稼ぎのために早い時間を主張したのか。  どちらにしてもあんな暑いところでサッカーをするのは、サッカーの破壊だ。日本選手ばかりでなくオマーンの選手にとっても、過酷な重労働である。選手生命を縮める要因にもなりかねない。  と書いてから、東京新聞に記事が出ていたのを知った。やはり放送権か。こうして質の低い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/08 11:58
日本3−0オマーン
 あれだけ一方的だと書くことがない。  低温の雨中決戦で、主力が何人も抜けていたオマーンにはさぞ辛かったろうと思うが、ホーム&アウェーの戦いとはそうしたものだし。  それで日本にケチをつけるべきものではなかろうと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/03 22:46
日本0−0パラグアイ 岡田サッカーの練習?
 パラグアイと対戦、というとあまり良い思い出がない。コパアメリカでの守備崩壊(0−4)とか、アテネオリンピックの守備崩壊(3−4)とか。  幸いにして今回の日本DFは崩壊しなかった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/28 21:31
日本1−0コートジボワール 出来たことと出来なかったこと
 勝つことが至上命題ではないし、ここにコンディションのピークを持ってきたわけでもないだろうから、評価の難しいゲームである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/25 07:30
日本代表について、メンバーと加地のこと
(1)招集メンバー  羽生・山岸・水本・田代が外れた。  羽生と山岸については、オシム遺産の排除的な言い方をする人もいる。表現はともかくとして、岡田監督のサッカーをするには足りない部分があるのだろう、ぐらいに私は思っている。  二人とも新所属チームにフィットするのに精一杯。Jリーグで十分活躍しているとは、「まだ」言い難い。  所属チームで十分力が発揮できるようになれば、また呼ばれるかも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/22 21:33
プレミアリーグを眺めながら
 今シーズン、NHK-BSでイングランドのプレミアリーグを放映している。現在、今期二試合を残してマンチェスターUとチェルシーが勝ち点同数で並ぶという、まさに佳境である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/02 06:32
北京オリンピック、グループリーグ組み合わせ決定
 希望を交えずに展望する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/22 22:30
日本代表候補 トレーニングキャンプメンバーから
都築 龍太  オシム前監督はなぜ山岸を呼んで都築を呼ばなかったのか。  どこがオシム好みではなかったのか。都築のフィードは、GKから反転攻撃するのに十分な武器となり得るだろう。守りが不安だったのだろうか。都築はポカもするが、それは川口でも同じこと。謎。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/19 02:36
バーレーン戦から三週間した雑感
 バーレーン戦直後は、「これは駄目だ」と思った。  三次予選突破も危うい、岡田監督はやめろ、川口はこれで代表最後だ、阿部はもう呼ぶな、そんなことを思った。  さすがに3週間もすると落ち着いてきた。  あれが全然駄目な試合だったことに、変わりはないけれども。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/16 22:09
「おれのやり方」でなかったのなら、何だったのか
 岡田監督が これからはおれのやり方でやる。(敗戦は)高い授業料だったが、これで吹っ切れた(スポーツナビ)。 と、語ったそうである。  これを読んだ多くの人が、怒ったり呆れたりしたはずである。なぜならバーレーン戦の日本代表は明らかに「オシムのやり方」ではなかったからだ。あれが「岡田のやり方」でなければ何だったのか。  しかし、岡田監督の言ったことを信用してみて、つまり擁護するのではなく岡田監督は実際に「自分のやり方」をしなかったのだと考えてみて、なぜバーレーン戦があんな内容になったのか推... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 16:51
U-23 日本1−1アンゴラ 反町万歳なわけ
 通常なら、「この代表はオリンピックで勝てるのか」という視点で見ていた筈である。  あるいはこの時期に海外組もフル代表組もオーバーエイジもいないメンバーで、アンゴラ・フル代表と試合をすることに、何の意味があるのか懐疑的になっていた筈でもある。  しかし、この試合はあのバーレーン戦の直後に行われた。  当然、バーレーン戦の代表を脳裏に浮かべながら見ることになる。結果、どうだったか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/28 22:56
バーレーン1−0日本 酷い試合
 論点はふたつある。 (1)代表はつまらないサッカーをした。 (2)しかも負けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/27 22:17
明日はバーレーン戦
 オシム前代表監督が退院したそうで、良かった良かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/25 23:06
浦和レッズ監督解任から連想して
 これから書くことは根拠の無い妄想である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/19 18:08
ゼ杯 広島2−2(PK4-3)鹿島 不幸な試合
 主審ばかりが目立つ試合だった。  もちろんサッカーで主審が目立つ試合はろくなものではない。  ゼロックス杯は今年のシーズンを占う上で重要な試合だった。昨年二冠の鹿島はACL・Jリーグでどれほど戦える能力を有しているのか。  J2屈指のタレントを擁する広島はどこまでチームを仕上げてきたのか。久保はフィットしてきたか。そもそも走れるのか。  しかし見たかった視点は、主審が目立つせいで、まるっきりぼけてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/02 11:50
セルティック2−3バルセロナ 82%
 ボール支配率82%って何? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/26 19:49
東ア女子 中国0−3日本 中国どうしちゃったんだろう
 女子サッカーにおいて、中国は日本の高い壁であり続けた。一昨年の7月、アジア杯で日本は1−0で勝利を収めるが、それが9年ぶりだったという( 日本女子代表1−0中国 中国に9年ぶりの勝利)。  そのアジア杯中国戦は大変苦しい戦いで、ボールは持てない、空中戦はことごとく競り負ける、ミスパスから何度も決定機を作られるという心臓に悪い展開だった。フリーキックから取った虎の子の1点を、へとへとになりながらやっと守りきった勝利だった。  その後日本女子代表は、アジア杯準決勝でオーストラリアに敗れ、3位決... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/25 19:11
日本1−1韓国 勝てない無念さを思い出した
 双方とも持ち味を出そうとして、相手の持ち味を殺そうとして、拮抗した良い試合だった。  それだけに勝てなかったのが残念だ。  東アジア選手権は何のためにあるのか現在でもわからないけれども、それでも勝てなかったのが残念だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/24 10:29
東ア女子 日本2−0韓国 快勝ではないが実力通り
 女子のFIFAランキングでは、北朝鮮が6位、日本が11位、中国が13位、韓国が25位である。そしてこのランキングがかなり正確だ。戦ってみると、快勝と言うほど楽な戦いではなかったが、日本のほうが格上だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/22 23:24
東ア女子 日本3−2北朝鮮 大逆転のアップセット
 試合終了直後、北朝鮮ゴールキーパー HAN HYE YONG が呆然とした、というか、悄然とした、顔をしていた。起きたことが信じられない。あるいは信じたくない、という表情だった。澤のシュート以上に印象的だったその表情が、試合の経過と結果をよく示していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/21 22:44
中国0−1日本
 サッカーを見ていて、サッカーのプレーと違うものを見せられるのは、嫌なものだね。  あれはプレーじゃなくて暴力。  やめようか。こんなの。サッカーじゃないから。  俺ね、中国人の知り合い、何人かいるの。日本人とはもちろん違うけど、いい人たちだよ。でも、中国のサッカーは別だ。  中国のサッカーはスポーツじゃない。文明国のやることじゃない。東アジア選手権が何か意義のあるもので今後も無くせないというのなら、相手国から中国を外して欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/20 23:34
サッカーニュースから
・東アジア選手権女子、日本代表が北朝鮮に勝利  FIFAランキングで北朝鮮は6位、日本は11位。格上に勝ったわけで、快挙だ。  まだ録画を見ていないのだが、男子の北朝鮮戦よりも相当面白い試合ではなかったかと想像している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/18 22:43
日本1−1北朝鮮 ぶつ切り感想
・まず、リャン・ヨンギが出てこなかったのが残念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/17 22:09
東アジア選手権を見よう、無理矢理
 なんだかやる前から盛り下がっている東アジア選手権である。  岡田監督も前回どこが優勝したのか知らなかったらしい。バーレーン戦の準備試合が中国で3試合あるという認識だろうか。  巷の話題も招集不公平問題とかが多くて、東アジア選手権自体の意義とか興味とかがあまり伝わってこない。  国内開催じゃないから、入場者数も気にしなくていいし。  怪我しないで帰って来いよ、ぐらいしか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/15 23:05
坪井とか高原とかの話
・坪井について。  なるほどベンチに座っているのが耐えられないのなら、チームに戻るべきでしょうね。  そうした人が控えにいたら、代表のスタッフも他の選手も却って迷惑でしょう。  いまのレギュラーにしてもいつ控えに回るかわかりません。そうした時に「控えならチームに帰りたい」と言い出す選手なら、どんなに能力があっても代表に呼ぶべきじゃないと思います。だから坪井はもう代表に呼ばなくていいと私は思います。  別に坪井を責めてるわけじゃありません。古今東西、サッカー界ではよくある話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/10 21:49
タイのチャンウィット監督
 以前、間違ったことを書いたようなので訂正をしておきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/09 15:35
日本−タイ戦、録画で気になったところを再検証
前半21分、遠藤FKで1−0  タイのゴールキーパーが一歩も動けなかった件。中澤と阿部と高原が壁に入り、ボールがその上を越えていった。この三人がコースを隠したのでゴールキーパーに弾道が見えなかったのではないか、という話。だが遠藤が蹴る瞬間、この三人と遠藤の間にタイ選手が入り込んでボールを頭で弾こうとしていた。GKがボールを見失ったのは、このタイ選手のためではないかという気もする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/08 19:13
日本4−1タイ タイだけにめで..
 まず、勝てて良かった。  遠藤の1点目。壁を越えてくるのをゴールキーパーが全く予期していなかったようで。ちょっとGKのレベルが低いかな、と思う。  ウィノータイの1点目。あそこから打ってくるのを川口を始め誰も予期していなかった。スローモーションを見ると、川口がシュートの軌道を予測できずに飛んでいるのがわかった。ディフェンダーもゴールキーパーも危機意識が抜けていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/06 22:35

トップへ | みんなの「日本代表」ブログ

折り返して逆サイド 日本代表のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる