アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ワールドカップ」のブログ記事

みんなの「ワールドカップ」ブログ

タイトル 日 時
W杯出場枠拡大に関して
 決定は1月10日だったからいささか旧聞に属する。だが当時はまだ高校選手権が終わっていなかったのでこれに対して考察し文書化している暇はなかった。  何日も経ってしまったので、まず決定内容を復習してみよう。 1)2026年大会から、出場国が現在の32ヵ国から48ヵ国になる。なお、2026年はカタール大会の次の大会に当たる。 2)グループリーグは3ヵ国で争われ、上位2ヵ国計32ヵ国が決勝トーナメントに進出する。決勝まで最大7試合なのは現状と変わらない。 3)W杯の総試合数は現在の64から80... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/31 18:04
W杯アジア最終予選出場国決定に関して
 2次予選の組み合わせが決まった時に、結果がどうなるか、特にポット1のチームが順当に1位になれるかという視点で予想を書いていた。せっかくだから、俺はこの赤の扉を選ぶぜ 結果とつきあわせてみよう。  予想文の国名の後ろの数字は2015年の4月9日時点、2次予選の抽選をした頃のFIFAランキング。  結果の国名の後ろの数字は2次予選の勝ち点。結果の太字が最終予選進出国。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/30 19:49
FIFAの汚職事件に少しずれた視点で思うところ
 状況は時々刻々と変わるのだが、いま思う所について書く。根拠もなく思っていることなので、話半分に読んでいただければ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/31 08:32
W杯を全部見たことに関して
 自慢じゃない。ただの物好き。  もちろん疲れたし眠かった。  この疲れには曲線があって、W杯初日から徐々に疲労が深まって、グループリーグ最終戦でピークに達し、あとは試合が減っていくので徐々にリハビリというか疲労が回復して、決勝戦の翌日にはもう元に戻っていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/18 18:33
ザッケローニ監督は何を間違えたのか 本文
 日本代表の敗北については、様々な原因が取りざたされている。  例えば、コンディション。調整を間違えて、本番以前にピークが来てしまったのではないか。涼しいイトゥから暑い遠く離れたサッカー場へ行くのは無理があったのではないか。  あるいは、調整試合の相手に強豪を加えたほうが良かったのではないか。現状の問題をあらわにして対策を取った方が良かったのではないか。  そうかもしれない。あるいは、それほどの影響はなかったのかもしれない。判断がつかないので、これらの話は棚上げする。ここではW杯本番の試合... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/15 18:33
W杯決勝 ドイツ1−0アルゼンチン ドイツが熱戦を制す
 W杯の決勝はどちらも疲れているし、負けたくないから慎重になりがちだし、つまらない試合が多い。そう一般には言われている。しかし、この決勝は大変興奮させられる素晴らしいゲームだった。  この熱戦を行ってくれた、両国代表に感謝したい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/14 19:53
W杯3位決定戦 ブラジル0−3オランダ ブラジルが情けなく終了
 ブラジルW杯であるから、このW杯の主語はブラジルである。  メッシがどうとかミュラーがどうとか言う前に、まずブラジルが情けなく敗れた大会として記憶されるだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/13 13:52
ザッケローニ監督は何を間違えたのか 序文
 ザッケローニ監督には、良い思い出が沢山ある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/12 19:44
アルゼンチン0−0(PK4-2)オランダ つまらない試合をアルゼンチンが制す
 エンターテインメントか否かとして見たら、今回のW杯では一・二を争うつまらなさだった。  だが、負けたくない気持ちを両者が全面に出した結果である。これもサッカーだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/10 20:55
ブラジル1−7ドイツ ブラジルの大敗惨敗悲劇屈辱
 もちろんこの結果には驚いた。  あれはなんだったのだろう、と思うと反芻するのが私の癖で、前半を再度見直した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/09 22:13
サッカー相談室(7) 日本代表がW杯で優勝する日はいつですか
Q: ブラジルW杯でおおいに期待していた日本代表ですが、あっさりと敗退してしまいました。はたして、日本代表がW杯で優勝する日はいつ来るのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/08 22:50
アルゼンチン1−0ベルギー、オランダ0−0(PK4-3)コスタリカ
アルゼンチン1−0ベルギー 1点で十分 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/06 14:04
ドイツ1−0フランス、ブラジル2−1コロンビア
ドイツ1−0フランス ドイツ守りきる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/05 12:18
サッカーは相撲ではない
 ザッケローニ監督らが「攻撃的に」と言い、長谷部キャプテンらが「自分たちのサッカー」と繰り返していたことに、既視感があった。どこかで似たような言葉を聞いた。サッカーではない。どこでだっただろう。それを最近になってようやく思い出した。  相撲だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/03 20:16
アルゼンチン1−0スイス、ベルギー2−1アメリカ
アルゼンチン1−0スイス メッシ→ディ・マリア ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/02 22:40
フランス2−0ナイジェリア、ドイツ2−1アルジェリア
フランス2−0ナイジェリア フランスのシステムが勝つ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/01 22:26
オランダ2−1メキシコ、コスタリカ1−1(PK5-3)ギリシャ
オランダ2−1メキシコ 守ろうとすると守れない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/30 22:38
ブラジル1−1(PK3-2)チリ、コロンビア2−0ウルグアイ
ブラジル1−1(PK3-2)チリ あわや ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/29 18:52
スペイン‐オーストラリア、コスタリカ‐イングランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ‐イラン、ベルギー‐韓国
 ようやくW杯の無い一日。ここまで棚上げしていた試合を鑑賞した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/28 17:14
ドイツ1−0アメリカ、ポルトガル2−1ガーナ、アルジェリア1−1ロシア
ドイツ1−0アメリカ それでもドイツは勝つ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/27 23:18
アルゼンチン3−2ナイジェリア、フランス0−0エクアドル、スイス3−0ホンジュラス
アルゼンチン3−2ナイジェリア アルゼンチンが打ち合いを制す ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/26 22:04
ウルグアイ1−0イタリア、日本1−4コロンビア、ギリシャ2−1コートジボワール
ウルグアイ1−0イタリア ウルグアイが削り合いを制す ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/25 22:58
オランダ2−0チリ、ブラジル4−1カメルーン、メキシコ3−1クロアチア
 グループリーグ2戦目が終わった。  面白かったのはブラジル-メキシコとアルゼンチン-イラン戦。ブラジル-メキシコは結果がわかっていても、メキシコGKのセービングを見ているだけでも面白いだろう。しかしアルゼンチン-イランは結果を知っていたら、「結局、最後にメッシが決めたんでしょ」というだけの試合かもしれない。  他に印象に残ったのはドイツ-ガーナ戦だが、でかい男がガツガツぶつかり合うのは好みに合わない。あんな試合にうっかり自分が入ったら、一瞬で踏まれたりふっ飛ばされたりしそうで怖い。  さ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/24 22:52
ベルギー1−0ロシア、アルジェリア4−2韓国、アメリカ2−2ポルトガル
ベルギー1−0ロシア 静かで劇的な勝利 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/23 22:51
アルゼンチン1−0イラン、ドイツ2−2ガーナ、ナイジェリア1−0ボスニア・ヘルツェゴビナ
アルゼンチン1−0イラン イラン大健闘もメッシ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/22 17:25
コスタリカ1−0イタリア、フランス5−2スイス、エクアドル2−1ホンジュラス
コスタリカ1−0イタリア 何がどうしたコスタリカ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/21 17:01
コロンビア2−1コートジボワール、ウルグアイ2−1イングランド、日本0−0ギリシャ
コロンビア2−1コートジボワール コロンビアの方が上か ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/20 21:40
オランダ3−2オーストラリア、チリ2−0スペイン、クロアチア4−0カメルーン
オランダ3−2オーストラリア 豪州大健闘も敗退 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/19 22:44
ベルギー2−1アルジェリア、ブラジル0−0メキシコ、ロシア1−1韓国
ベルギー2−1アルジェリア また逆転勝ち ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/18 22:19
ドイツ4-0ポルトガル、イラン0-0ナイジェリア、アメリカ2-1ガーナ
ドイツ4-0ポルトガル 一方的展開 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/17 22:09
スイス2-1エクアドル、フランス3-0ホンジュラス、アルゼンチン2-1ボスニア・ヘルツェゴビナ
スイス2-1エクアドル スイス劇的な勝利 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/16 22:06
コロンビア-ギリシャ、コスタリカ-ウルグアイ、イタリア-イングランド、コートジボワール-日本
コロンビア3-0ギリシャ ギリシャの看板に偽り ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/15 16:49
メキシコ1−0カメルーン、スペイン1−5オランダ、チリ3−1オーストラリア
メキシコ1−0カメルーン 変わらない印象 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/14 16:02
ブラジル3−1クロアチア 始まりました
 ようやく始まりました。  朝から生放送で見ていたので眠いです。  ブラジルが頭から固かったですね。緊張があったんでしょう。動きが鈍くてパスも回りませんでした。  一方、クロアチアは頭からがんがん来ました。7分にはヘディングシュート。絶好機だったんですが外れ。  先制点はクロアチア。11分、まさかのオウンゴール。オリッチのクロス、イェラビッチが蹴り損ねて回転がかかったボールがマルセロへ。マルセロは責められません。責めるとしたらオリッチにフリーでクロスを入れさせたことのほうでしょう。詰めに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/13 20:03
ブラジルW杯代表メンバー決定
GK: 川島・西川・権田 DF: 今野・伊野波・長友・森重・内田・吉田・酒井宏・酒井高 MF: 遠藤・長谷部・青山敏・山口 FW: 大久保・岡崎・本田・香川・清武・柿谷・齋藤・大迫 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/12 20:29
ドイツ3−0アイルランド、アメリカ2−0メキシコ、リトアニア0−1ボスニア・ヘルツェゴビナ
ドイツ3−0アイルランド ドイツ圧勝 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/14 17:03
W杯予選 イタリア2−1チェコ、フランス0−1スペイン
イタリア2−1チェコ イタリアは先制されても慌てず ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/06 18:16
W杯出場決定試合、フランス3−0ウクライナ、コロンビア3−3チリ
フランス3−0ウクライナ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/30 09:00
イングランド2−0ポーランド、スウェーデン3−5ドイツ
イングランド2−0ポーランド 苦労しながらイングランドW杯出場 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/22 18:35
クロアチア1−2ベルギー ベルギー強し
 この相手と日本が戦ったらどうなるか、と考えていた。特に来月戦うベルギーとはどうなるかと。  前半、ホームのクロアチアは盛んにサイドを抉った攻撃を仕掛けてきた。ベルギーは引きながらその攻撃に対応していた。  15分、攻め続けていたクロアチアだが、中盤にパスミスがあった。その奪われたボールがクロアチアディフェンスラインの裏へと送られた。ベルギーワントップのルカクが走った。あっという間に裏を取ってベルギーの先制。  38分、ルカクにボールが送られた時、ルカクの前に一人、横に一人クロアチアディフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/19 07:43
韓国0−1イラン イランの盛り上がる、韓国の盛り下がるW杯出場決定
 W杯アジア最終予選Aグループは、この試合の前に、韓国14(+7)、イラン13(+5)、ウズベキスタン11(+1)、カタール7(-4)、レバノン5(-9)、という状況にあった。国の名の後の数字が勝ち点、カッコ内が得失点差である。そして、韓国-イラン戦、ウズベキスタン-カタール戦が最終予選最後の試合となった。レバノンは残り試合がなく最下位が確定している。  2位までがW杯出場。3位はBグループ3位とのプレーオフ、それに勝てばその後の大陸間予選に回る。ウズベキスタンの立場で考えよう。3位以上は確定... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/21 19:15
ヨルダン2−1オーストラリア ヨルダンしてやったり
 AFCの記録によればこの日の気温は26℃。中東にしてはかなり涼しくなっていた。  この涼しさはオーストラリアに朗報だっただろうか。そうでもなかった。  ヨルダンが走れるようになったからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/13 23:01
イラク1−1オマーン どちらも勝てません
 9月にホームイラク戦があるので、イラクとどう戦うかという視点で見た。  オマーンもそうだが、選手個々に中東特有のバネがある。射程が見た目より長い。ミドルシュートに要注意だ。  他には、何かあったかな。  イランはジーコさんのチームらしく、ばらんばらんに選手が立っていた。個々に能力が高そうな選手はいるからそちらの警戒は必要だ。でも、「イラクサッカー」というスタイルには何も感じない。いや、スタイルが無いような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/15 20:31
ポーランド1−1ギリシャ、オマーン0−0オーストラリア
ポーランド1−1ギリシャ ユーロ開幕イベント沢山 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/09 20:56
日本のW杯招致落選について
 少しがっかりしています。  もちろん、日本が負けると思っていましたが、万が一の可能性はあると思っていたので。  万一と言っても日本が主張していた次世代W杯が受け入れられるという意味ではなくて。  いや、FIFAの人たちはローテクなサッカーに愛着があるらしいんで、あんなものに説得力がないことはわかっているんですよ。そうじゃなくて。  アメリカは90年W杯が暑くて過酷で最低だったと今でも言われている。カタールはさらに暑いし外で酒が飲めない。オーストラリアは大した市場がなさそうだ。韓国はヨー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/03 23:45
このサッカーは日本のスタンダードになり得るか
 日本代表は中立地でW杯16強という、これまでにない成果をあげた。それでは今後、このサッカーが日本のスタンダードになっていくだろうか。  屈強なセンターバックの前にパスを配給するのが得意なアンカーが立ち、ブロックを作り、まずここで奪うことから考える守備重視のサッカー。それが、今後日本のメインストリームとなっていくのか。  どうもそういう話にはなっていないようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/29 22:13
日本代表の幸運
 日本代表がベスト16に至るまでには、もちろん幸運もあった。  幸運の最たるものは、初戦のカメルーンが日本以上に絶不調に陥っていたことだろう。報道からは、カメルーンの英雄ミラとエトーの間の揶揄と反発、そして監督とベテラン選手達の間の確執が伝えられていた。それらの報道がどれだけ真実を伝えていたかは不明だが、そうした報道があるということ自体が良くない兆候だ。何十人もの男どもが暮らしていて何の問題もないということは難しいが、そうした問題は中で処理すべきことだ。外部の雑音があるということは内部の集中を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/24 19:05
代表選手のシステム対応能力について
 かつて岡田監督について、MVPの小笠原もJリーグ得点王の前田遼も起用しない、という批判があった。  その批判は単にスペック主義ではないか、と思ったことがある。CPUの処理能力が高ければいい、メモリがでかければいい、ハードディスクも大きいほうが。パソコンならそれでもいいが。いや、パソコンでも家電製品でも、使い勝手というものがあるだろう。  チャンスを与えなかったのならまだしも、小笠原も前田遼も一度は呼ばれている。能力はもちろん高いが、彼らは何か理由があって切られたのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/20 19:23
現実路線を導いた心理はどんなものだったのだろう
 日本がW杯16強となって、岡田監督の言動が好意的にみられるようになった。例えば早稲田大学で行われた講演、「岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは」。日付は12月14日で半年以上も前の話なのだが、最近になって盛んに読まれているようだ。  私も読み返してみた。  そこで岡田監督は、座右の銘でよく「人間万事塞翁が馬」と書く、と語っていた。確かにこれは毀誉褒貶の激しい岡田監督のためにあるような言葉だ。  他にフランスW杯予選で追い詰められた時の心境について、どん底に落ちると遺伝子にスイッチが入... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/13 23:22
スペイン1−0オランダ 面白かったほうの勝利
 いちおう、生放送で見ていました。  3分の1くらい意識が無かったんですが。  後でダイジェストを見たら、その場面がほとんど記憶にあるんですね。シュート場面とかはアナウンサーが叫ぶのでその時だけ覚醒するわけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/12 19:10
カメルーン戦以前の代表はなぜ不振だったのか
 今年になってから日本代表はずっと不振だった。  5/24の韓国戦後に起きたことは、 ・代表選手らのミーティング ・阿部アンカーシステムの採用、俊輔スタメン外とそれまでの代表コンセプトの破棄 ・本田ワントップ、岡崎スタメン外 ・カメルーン戦勝利  これらはみなさん御存じの通りである。だがそこを議論する前に、明らかにしなければならないことがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/11 19:56
岡田解任のタイミングはあったか?
 中立地でベスト16。良かった、嬉しい、だけではなくて、いろいろ考えてみようとしている。例えばここまでの経緯だ。  現在は岡田監督万々歳だが、W杯開始前、サッカーファンの間では岡田解任論が席巻していた。  さて私はというと、悲観論に陥ってはいたが、今年に入ってから「岡田やめろ」とは書かなかった筈である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/07/10 17:35
ドイツ0−1スペイン プジョルですかっ
 スペインはさすがにフェルナンドトーレスを諦め、ペドロ先発。ドイツは累積警告のミュラーに変わり、トロホウスキ起用。  ドイツはスペインをリスペクトしていた。持たせてむやみに飛び込まない。バイタルエリアの外で回させている。  一方のスペインもドイツのカウンターを警戒してか、慎重だ。足下足下でつないでボールを持つために持っている印象。スペインが時折シュートを放つが、ボールは中を固めるドイツにブロックされ、あるいは枠外に飛んでいく。  アンチフットボールをやらせたらドイツはスイス以上だろうな、な... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/08 21:40
ウルグアイ2−3オランダ ウルグアイ頑張りましたが
 レコバやシルバがW杯に出ていた頃、というと2002年だが、その時のウルグアイはマリーシアの塊とも言うべきチームだった。審判の見ていないところでは、ボールではない何か、何を蹴っているのやら油断がならなかった。マラカナンの悲劇(1950年)でも露骨な時間稼ぎをしたと聞いた。マリーシアの母国と言えばウルグアイだと勝手に思っていた。  ところが今W杯のウルグアイ代表は目だったマリーシアはなく、クリーンなチームだというイメージがあった。スアレスのハンドを見るまでは。  あれは究極のマリーシアだ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/07 22:33
アルゼンチン0−4ドイツ、パラグアイ0−1スペイン
アルゼンチン0−4ドイツ ドイツ強いね ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/04 17:18
オランダ2−1ブラジル、ウルグアイ1−1(PK4-2)ガーナ
 今W杯の決勝トーナメントでは、決勝(中三日対中四日)、三位決定戦(中二日対中三日)を除いて、対戦する二チームの当該試合と直前の試合との間隔を同じ日数にしている。オランダもブラジルも中三日。ウルグアイもガーナも中五日だ。以前のW杯では必ずしもそうではなかった。条件を出来る限り平等にする、というのはとても良いことだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2010/07/03 18:03
パラグアイ戦についていくつか
・四戦続けて同じスタメン。疲労度が気にかかる。松井と遠藤の顔に少し余裕がなくなっていたように感じる。 ・前半開始早々からパラグアイがポゼッション。「ふむ、これはパラグアイに持たせる作戦か」 守備意識の強いパラグアイに攻めさせるのはデンマーク戦と同様。相手の得意でないパターンに持ち込もうということか。 ・などと思っていたら、指揮官も選手も問題だと思っていたらしく、遠藤をトップ下にあげてパラグアイのボランチを抑えにかかった、とのこと。私はデンマーク戦と同様に、試合の流れを読めていない。 ・拮抗... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/02 21:27
スペイン1−0ポルトガル フットボールをしよう
 試合前に談合でもあったのだろうか。 「フットボールをしようぜ」と。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/01 20:25
日本0−0(PK3-5)パラグアイ 日本はもっと強くなる
 夜更かししたが、会社に行かなければならなかった。普段と同じ時間に起きた。  昨夜の雨はあがっていた。当たり前の朝だった。日本が勝とうが負けようが、朝はまたやってくる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/30 22:08
オランダ2−1スロバキア、ブラジル3−0チリ
オランダ2−1スロバキア 強豪国のマリーシア ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/29 22:12
ドイツ4−1イングランド、アルゼンチン3−1メキシコ
ドイツ4−1イングランド 勝つのはドイツ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/28 22:23
ウルグアイ2−1韓国、アメリカ1−2ガーナ
ウルグアイ2−1韓国 韓国、雨中に散る ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/27 18:43
スロベニア0−1イングランド、スロバキア3−2イタリア、ポルトガル0−0ブラジル
スロベニア0−1イングランド イングランドの幸運と実力 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/26 12:15
デンマーク1−3日本 安心という意外性
 前半途中で、日本が勝ちそうだと思った。その後、最後まで安心して見ていられた。  引き分けも負けもあり得るが、勝つ可能性もあると思っていた。ただ、先行・中押し・駄目押しまでして勝つなどという芸当を見せてくれるとは思わなかった。こんな日本を見たのはいつ以来か。格下のアジア相手か、対戦相手がベストメンバーを揃えてくれなかった親善試合でなければ見られなかったのではないか。だが、これはW杯本番だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/25 22:04
フランス1−2南アフリカ 孫を亡くした老人のような
 グルキュフに出されるべきレッドカードが、当初誤ってシセに提示された。シセは実年齢以上に年配に見える。その時のシセの嘆きぶりは、まるで孫を亡くした老人のようだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/24 17:59
ポルトガル7−0北朝鮮、チリ1−0スイス
ポルトガル7−0北朝鮮 途中まで名勝負 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/23 17:54
スロバキア0−2パラグアイ、イタリア1−1ニュージーランド、ブラジル3−1コートジボワール
スロバキア0−2パラグアイ パラグアイ完璧なる完封 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/22 18:10
ガーナ1−1オーストラリア、カメルーン1−2デンマーク
ガーナ1−1オーストラリア 今W杯で初めて見たことがふたつ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/21 18:05
オランダ1−0日本 この悔しさには覚えがある
 とても悔しい敗戦だ。  ただ、この悔しさは手も足も出なかったから生じたものではなく、力を出し切れなかったから感じたものでもない。  監督も選手達も手を尽くした。それでも手が届かない。  力の差を痛感した。これはまったく惜敗ではなかった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/20 12:12
ドイツ0−1セルビア、スロベニア2−2アメリカ
ドイツ0−1セルビア 一人減るということ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/19 12:07
アルゼンチン4−1韓国、ギリシャ2−1ナイジェリア
アルゼンチン4−1韓国 アルゼンチンにはイグアインもいます ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/18 21:35
コートジボワール0−0ポルトガル、ホンジュラス0−1チリ、スペイン0−1スイス
コートジボワール0−0ポルトガル レベルの高い引き分け ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/17 20:59
アルジェリア0−1スロベニア、セルビア0−1ガーナ、オランダ2−0デンマーク
アルジェリア0−1スロベニア 地味な試合 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/16 20:41
日本1−0カメルーン 勝利とはなんと嬉しいものか
 これはネタで書いた通り、神様以上だと岡田監督を崇め奉らなければならないかなと思った。  いや、本番まであとわずかという時期にスタメンもフォーメーションもコンセプトもガラガラポンした岡田監督、まるでマリノス監督時代末期みたいだったが、それによくぞ選手達がぶち切れずについていったものだと。そちらを褒めるべきかもしれない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/15 22:35
韓国2−0ギリシャ、アルゼンチン1−0ナイジェリア、イングランド1−1アメリカ
韓国2−0ギリシャ 韓国完勝 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/14 21:03
南アフリカ1−1メキシコ、ウルグアイ0−0フランス
 いよいよ始まった。  昨日、日本代表はオフだったらしい。オフに市民と交流などという、中津江村みたいな話はないようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/12 11:18
'86 アルゼンチン2-1イングランド、'70 ブラジル4-1イタリア
'86メキシコW杯準々決勝 アルゼンチン2-1イングランド ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/29 11:17
アルメニア1−2スペイン 至福と興奮の6分間
 塩野七生著「ローマ人の物語」を読むと、アルメニアという国が盛んに出てくる。ローマとパルティア、あるいはローマとササン朝ペルシャに挟まれた国。王位継承の度に他国に干渉され、時に一方の属国になり、大国に翻弄された。  大国に挟まれた歴史はその後も続く。オスマントルコとペルシアに、後にトルコとロシアに挟まれた。やがてはソビエト連邦に組み込まれた。ソ連邦が崩壊し独立したのは1991年。  独立後、W杯、ユーロ予選にそれぞれ4度ずつ参加して、4度とも予選敗退。FIFAランキングは99位。今回のW杯予... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/14 22:49
W杯で日本の入ったグループEについて
 グループEはオランダ・デンマーク・日本・カメルーンの4チーム。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/11 21:29
フランス5-0フェロー諸島、ポルトガル3-0ハンガリー
フランス5-0フェロー諸島 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/09 23:28
スロベニア3−0ポーランド スロベニアは侮らないほうがいいかも
 このW杯予選試合は9月9日に行われた。グループ3。この試合前の勝ち点は、スロバキア16、北アイルランド14、ポーランド・スロベニア11。北アイルランドが1試合多く消化していた。スロベニアもポーランドも勝たなければ二位以上に入れない、という状況だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/08 23:17
カメルーン代表について記憶を頼りに
 2007年8月22日にキリンチャレンジカップで対戦している。場所は大分・九州石油ドーム。  この時のメンバーと結果を書いてみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/07 21:28
W杯出場32カ国でラーメン
 今夜、W杯の抽選会が行われる。それで、というわけでもないのだが、出場国とラーメンの親和性について調べてみた。  調べ方。Googleの検索オプション、「フレーズを含む」を使用。「○○でラーメン」に32カ国の国名を入れて件数を調べるだけ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/04 18:29
欧州W杯予選 セルビア5−0ルーマニア グループ1位はだてじゃない
 セルビアはフランスが2位になったグループ7でトップ抜けした。この件に関してはフランスはよっぽど調子が悪いのか監督があれなのかと、フランス視点で語られることが多かった。セルビアのサッカーなどに興味を持っている人はあまりいなかったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/03 22:25
欧州W杯予選 スイス2−0ギリシャ 感想がない
 NHKでW杯予選をセレクトして放映しているので、順繰りに見ている。サッカーそのものを楽しむばかりではない。そこにはW杯出場国の真剣勝負があるわけだから、それらの国が日本と真剣勝負したらどうなるか、という視点でもみている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/02 23:32
欧州W杯予選からまた二試合
イタリア2−0ブルガリア ふたつのイタリア ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/27 21:39
欧州W杯予選から二試合
アイスランド1−2オランダ 意外に苦戦したオランダ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/25 18:34
ワールドカップ32カ国決定
・スロベニア出場、ロシア敗退  ロシア-ドイツ戦では、ロシアが敗れたとはいえ素晴らしかった。監督は言わずと知れた名将ヒディンク。間違いなくロシアが出てくると思っていた。  スロベニアはそんなに強いのか、という感想と、あのロシアですら出られないのかという思いが同時にある。欧州予選はレベルが高く厳しい。どこと比較してレベルが高いって? 決まっているだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/11/19 22:28
U-17 日本0−2メキシコ プラチナ暴落
 プラチナの先物取引は金よりも投機性が高いと聞いたことがある。プラチナ世代と言われたU-17日本代表は、高く持ち上げられた分だけ敗北時の暴落感も大きかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/31 14:40
U-17 日本3−4スイス 修正も反省もなく
 ブラジル戦の後は、勝てた試合ではないかと悔しがっていた私だった。だが、この試合では、てんで駄目だこりゃ、な気分だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/10/29 22:03
U-17 日本2−3ブラジル 勝てる試合だっただけに
 悔しい。勝てるゲームだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/27 20:18
J1第30節2試合と、欧州W杯予選1試合
鹿島3−0千葉 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/25 10:07
最近見たサッカーから
W杯予選 ブラジル0−0ベネズエラ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/21 20:03
最近見たサッカーから
W杯予選 ロシア0−1ドイツ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/13 18:59
イングランド5−1クロアチア イングランド強いね、とため息
 9/9の試合。なんだかんだと後回しにしていたが、ようやく見ることが出来た。  ウェンブリー・スタジアムは87,319人の観客を集めたそうで、まずそれに吃驚。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/21 06:29
デンマーク1−1ポルトガル サウダージ
 サウダージ(Saudade、サウダーヂあるいはサウダーデとも) は、郷愁、憧憬、思慕、切なさ、などの意味合いを持つ、ポルトガル語およびガリシア語の語彙。ポルトガル語、およびそれと極めて近い関係にあるガリシア語に独特の単語とされ、他の言語では一つの単語で言い表しづらい複雑なニュアンスを持つ。(Wikipedia) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/17 21:59
サウジアラビア0−0北朝鮮 守りきった北朝鮮
 パクチソンの得点で韓国−イランが1−1の引き分けとなり、北朝鮮はサウジアラビア戦を引き分ければグループ二位でW杯に出場できることになった。パクチソン様様である。  0−0でよい北朝鮮はひたすら守って守りきってしまった。あんな極端な守備シフトはなかなか見られるものではない。テセがシュートを打つ時、周りに北朝鮮選手が誰もいないのだ。  満場のサウジアラビア観衆はさぞ切歯扼腕であったろう。最終予選をもっとも楽しめたのがこの両国であったのは間違いない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/20 08:37
W杯アジア予選から
オーストラリア2−0ウズベキスタン ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/02 23:09
ブラジル0−0アルゼンチン これが最高峰か?
 欧州でユーロが、アジアでW杯三次予選が行われている頃、南米では世界最高峰にある二国の真剣勝負が切って落とされた。  のだが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/21 20:57
イタリア1−1(PK5−3)フランス ジダン、嗚呼、ジダン
 生放送で眠りかけつつ見ていた。  どちらがゲームを支配していたのか、どちらに決定機が多かったのかわからない。  記憶にあるのは、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/10 21:41
ドイツ3−1ポルトガル 予定調和的な勝利
 3位決定戦というと、モチベーションの問題がよく言われる。  3位にどれほどの価値を見出すか。それが勝敗の鍵を握ると。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/09 16:47
ポルトガル0−1フランス ポルトガルの自滅
 前半33分、カルバーリョがアンリを倒して得たPKをジダンが決めて1−0。  そして後半、ポルトガルは自滅した。  ハイライト番組を見れば、ポルトガルに多くの決定機があったことを知るだろう。7分、パウレタがサイドネットを揺らしたシュート。33分、クリスティアーノロナウドの強烈なフリーキック、名手バルテズが弾いたところにフィーゴが詰めてヘッド。ロスタイム、クリスティアーノロナウドの0.1歩早かった飛び出し(オフサイド)。  しかし、ハイライトはハイライトでしかない。  チャンスとチャンスの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/07 19:11
ドイツ0−2イタリア 熱戦・死闘・激闘は、PK直前に決着
 アルゼンチン戦とのPK戦、レーマンはスタッフにカンニングペーパーを渡されていて、相手の癖を知っていたのだそうだ。つまりGKの差と言うよりも情報戦の勝利だったらしい。  さて、ドイツ。決勝トーナメントに入ってから実力5割り増しの感がある。ホームというのはそれだけモチベーションを高めるものなのだろう。相手は伝統の堅守に積極的な攻撃性をプラスしたイタリア。  ところで、トーナメントに入ってから、グループリーグであれほど決まったミドルシュートが目立たなくなったような気がする。よくわからないが、守備... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/06 21:51
イングランド0−0(PK1−3)ポルトガル ブラジル0−1フランス
イングランド0−0(PK1−3)ポルトガル 最後はゴールキーパーの差  しっかり守りつつも隙を窺うという慎重な前半。44分、ポルトガル・ペティートが自陣ペナルティエリア前でラフプレーと見なされファウル。ペティート大いに嘆く。彼らもまたベッカムのフリーキックが恐ろしいのだ。しかし、ベッカムのキックは飛び上がったポルトガルの壁に当たる。  後半、イングランドに不運が次々に襲う。  7分、足を負傷したベッカムOut。レノンIn。  17分、ルーニーがカルバーリョの股間を踏んづけてしまう。私には... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/03 21:14
ドイツ1−1(PK4−2)アルゼンチン イタリア3−0ウクライナ
ドイツ1−1(PK4−2)アルゼンチン ペケルマン、賭けに敗れる  後半27分、アルゼンチン1−0の時、ペケルマン監督は司令塔リケルメを下げた。交替選手は同じ司令塔タイプのアイマールではなくカンビアッソ。走れないリケルメを下げて逃げ切りを図ったのは間違いなかった。さらに34分、クレスポを下げてクルスを入れ、FWをテベス一人にした。  逃げ切ろうとしたペケルマンの賭けは35分、クローゼのゴールで裏目に出た。  そして延長。ボールを支配し、ゴールチャンスを多く作ったのは、司令塔を下げたアルゼン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/01 19:40
ブラジル3−0ガーナ、スペイン1−3フランス
ブラジル3−0ガーナ 王者の復活  グループリーグ初戦・二戦とブラジルは本調子ではなかった。そこに日本戦での私の望みもあったのだが、日本戦でブラジルは復活してしまった。  私は今W杯で走るロナウドを初めて見た。それは単にボールを受けてからゴールまでの距離が長かったからだが。新記録達成おめでとう。ロナウドが走れればブラジルはさらに強力になるだろう。  さてガーナ戦。ブラジルの戦い方には驚いた。ガーナにボールを持たせていた。ハーフウェーラインまでガーナのディフェンスを呼び込んでおいて、ボールを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/29 20:06
イタリア1−0オーストラリア ウクライナ0−0(PK3−0)スイス
イタリア1−0オーストラリア オーストラリア、勝ち試合を落とす  オーストラリアは勝利まであと一歩だった。  イタリアは一人退場者を出していた。後半ロスタイムにあってオーストラリアはまだ二人交替枠を残していた。イタリア選手達は疲労で足が止まっていた。オーストラリアの猛攻に何度かイタリア守備陣はゴール前に釘付けになった。延長はもうすぐだった。延長の30分は明らかにオーストラリアの味方だ。そこでイタリアが押し切られるのは目に見えていた。  そんな流れに棹さして終了間際にグロッソがPKを得た。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/28 19:29
イングランド1−0エクアドル  ポルトガル1−0オランダ
イングランド1−0エクアドル アシュリー・コール、よく止めた  エクアドルは押し込んだ時間帯もあったが決定機は少ない。伝統国らしくイングランドが何度も好機を演出した。しかし体を張ってエクアドルが守る。エクアドル最大のチャンスは前半10分テノリオがゴールキーパーと1対1になりかけた瞬間。しかしトラップが少し長かった隙にアシュリー・コールが決死のスライディング。イングランドを救った。  ベッカムはなんだかんだ言っても素晴らしい。ただの美男子ではない。壁の頭を越してゴール左下隅。このコントロールが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/27 19:43
ウクライナ1−0チュニジア サウジ0−1西 トーゴ0−2仏 独2−0スウェーデン アルゼ2−1メキシ
ウクライナ1−0チュニジア チュニジア決死の粘り  チュニジアの特長がよくわからない、と以前に書いた。しかし、この試合でチュニジアは雄々しく粘り強く戦った。敗れてなお印象に残ったのは彼らの頑張りだった。  グループHは勝ち点がスペイン6、ウクライナ3、チュニジア1、サウジアラビア1。得失点差で不利なサウジアラビアがスペインを相手に大勝することは考えにくく、ウクライナは引き分け以上、チュニジアは勝利で2位となる可能性が高かった。  前半はウクライナペース。チャンスを多く作り今にも点が入りそう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/26 21:13
瑞2−2英、パラグアイ2−0トリニダード・トバゴ、イラン1−1アンゴラ、葡2−1墨、蘭0−0アルゼン
スウェーデン2−2イングランド 38年、まだ続く  38年間イングランドがスウェーデンに勝てない理由として、スェーデン人のイングランド監督であるエリクソンは、次のように語っている。スウェーデンはイングランドサッカーが大好きで、プレミアリーグをとてもよく見ている。だから憧れのイングランドと戦う時には普段以上の力を出しているのだと。  なるほど、韓国が日本相手に普段以上の力を出すのもそういう理由だったのか(←絶対違う)。  前半早々オーウェン退場。芝に足を取られたらしい自損事故。膝が変な方向に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/24 06:58
サウジアラビア0−4ウクライナ、スペイン3−1チュニジア、コスタリカ1−2ポーランド
サウジアラビア0−4ウクライナ シェフチェンコ、シェフチェンコ  ピッチには22人の人間がいるというのに、アナウンサーはシェフチェンコばかりを連呼していた。  ウクライナはカリニチェンコのFKにシェフチェンコが合わせて3点目。シェフチェンコが長いドリブルから逆サイドに走り込んだカリニチェンコにパスして、カリニチェンコが押し込み4点目。あまりシェフチェンコ、シェフチェンコと連呼するものだから、1点目と2点目がどんなだったか忘れてしまった。  4点目が特に「ウクライナの矢」の異名そのままで素晴... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/22 19:40
フランス1−1韓国
フランスの凋落  アンリがやけに簡単に点を取ってしまったな、というのが第一に思ったこと。  アンリは最初オフサイドにいて、パスが出そうだな、という時に、すっとディフェンダーの間に割って入った。ボールが出てフリーで受けたら、あっさりとボールを流し込んだ。  スーパーゴールに人の目は向きがちだ。しかし、決められるゴールを当たり前のように簡単に決める。それが優秀なフォワードなのだ。もちろんクロアチア戦の柳澤が頭に残っているからこんなことを書いているのだ。  入ったかのように見えたビエラのシュー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/21 19:19
ポルトガル2−0イラン チェコ0−2ガーナ 伊1−1米 スウェーデン1−0パラグアイ
ポルトガル2−0イラン アジアの実力  日本がアジア杯で引き分け、最終予選で1勝1敗だったイランがどこまでやれるかは、日本の、およびアジアサッカーの実力を知る上で良い指針となるだろう。  そのイランはメキシコとポルトガルに敗れた。どちらも世界で五指には入らないが十指には入るレベル。そこに健闘はするが及ばない。日本も恐らくその辺りのレベルだろう。  ダエイが外れたのはしかたがないだろうが、個人的に寂しい。  それにしてもデコのミドル。炸裂ミドルが目立つ大会だ。そんなにボールで違うものなのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/19 19:09
蘭2−1コートジボワール アンゴラ0−0メキシコ 独1−0ポーランド 英2−0トリニダード・トバゴ
オランダ2−1コートジボワール こういう試合が好きだ  この対戦は本当に面白い。ボールが滞ることなく流れる。汚いプレーも少ない。  1点差を受けて後半はコートジボワールが攻め、オランダが守る、というよりもいなす展開となった。どうなるんだろう、というワクワク感。しかしオランダが最後までいなし続けた。  C組は死のグループにしてはあっさりアルゼンチン・オランダで順当に決まった。コートジボワールは他のグループならリーグを突破できる力があったのに残念だ。Aグループあたりなら1位か2位だったろう。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/18 06:44
エクアドル3−0コスタリカ チュニジア2−2サウジ アルゼンチン6−0セルビア・モンテネグロ
エクアドル3−0コスタリカ 躍動感のあるエクアドル  南米3位のエクアドル。北中米3位のコスタリカ。まずワールドカップでなければ日本で観ることなどないカード。私が全試合観戦に拘っているのは、こうした試合を見逃したくないからだ。  エクアドルはプレーに躍動感があって、ブラジルともアルゼンチンともパラグアイとも違うサッカーをする。どことなくブラックアフリカ的。私はでかい選手を並べたサッカーはあまり好きではないが、バネが跳ぶようなサッカーは結構好き。  それにしても2点目のテルガドのゴール。まる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/17 06:48
イタリア2−0ガーナ
噂通り攻撃的なイタリア  ともに攻め合った好ゲームとなった。そしてイタリアが攻め勝った。  イタリアと言えばカテナチオ。思い出すのは日韓ワールドカップのクロアチア戦。1−0で余裕の試合運びだったイタリアは、ネスタの突然の怪我退場の後、カテナチオががたがたになって1−2と逆転負けを喫した。イタリアの守備は個人の能力に負うところが大きく、誰がDFをやっても堅いというわけではなかった。  さて、四年後のドイツ。カンナバーロとネスタのセンターバックコンビは今回も健在。しかし、イタリアはカテナチオを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/16 19:16
アメリカ0−3チェコ ウクライナ0−4スペイン
アメリカ0−3チェコ 上には上  日本に快勝したアメリカ相手に、チェコが完勝。上には上があるものだ。  コラーが早く復帰しますように。彼を見ていると、今は亡きアンドレ・ザ・ジャイアントを思い出す。一時期新日本プロレスで「人間山脈」と呼ばれていた(「大巨人」とも呼ばれた。こっちは当たり前でつまらん)。人間山脈・コラーの復活を願う。  さてチェコ、というと、札幌オリンピックのアイスホッケー決勝戦がソ連対チェコスロバキアだった。私は学校の作文で、この試合について 「ソ連が勝ちましたが、チェコス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/15 19:37
アンゴラ0−1葡 韓2−1トーゴ 伯1−0クロアチア 仏0−0瑞
アンゴラ0−1ポルトガル かくありたし  ポルトガル前半4分のゴールによる1点を守りきって勝利。  かくありたいものだ。  ポルトガルの監督はブラジルで優勝経験もある名監督、ルイス・フェリペ・スコラーリ。  かくありたいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/14 18:36
オランダ1−0セルビア・モンテネグロ
最強の盾? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/12 19:42
イングランド1−0パラグアイ、トリニダードトバゴ0−0スウェーデン、アルゼンチン2−1コートジボワー
イングランド1−0パラグアイ ひたすら守り合い  認めたくないものだな。自分自信の若さ故の過ちというものを  あれから八年。ベッカムは三度、フリーキックの名手としてW杯に現れた。  前半3分、そのベッカムの鋭いフリーキックがパラグアイ・ガマーラの頭に当たり、パラグアイには不運な1点。  パラグアイが不承不承前に出てきて、イングランドが加点するという展開になるかな、と思ったら、先行されてもパラグアイは堅く守り続けた。  イングランドはベッカム・オーウェン・ルーニーといった選手の攻撃面がよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/11 17:54
ドイツ4−2コスタリカ、ポーランド0−2エクアドル
この日は強いドイツ  問題はその実力を常に一定に出せない事!!  これはHide's Mailからなのだが、ドイツも似たようなものかと。日本戦と違って、ドイツ選手が走る走る。コンディション調整がうまくいったのだろう。  そしてシュートが正確。  ラームの先取点は、ここしかないというゴール右上に突き刺さったし、フリンクスのミドルシュートも素晴らしいコントロールだった。あのスピードのシュートをあの距離から入れられる日本人選手がいるだろうか。  もちろんこれでドイツ優勝候補、などとは言わない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/10 16:40
ジダンのヘディング 仏W杯決勝フランスーブラジル戦
 昨日、ジダンのプレーの記憶があまりにも乏しいのに気づいた。その乏しい記憶の中で、薬缶を蹴っていたCMを除いてもっとも鮮明に覚えていたのが、仏W杯決勝フランスーブラジル戦のヘディングゴールだった。  ジダンはその試合で二度、コーナーキックからヘディングでゴールを決め、勝利を決定づけた。  そのジダンのヘッドを思い出してみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/29 06:35
ジダンの思い出……がない
 ジダンがW杯後に引退するという。  そこで、ここ十何年で最高の選手の一人と讃えられるジダンのプレーに思いを馳せることにした。  …………  …………  ほとんど記憶にない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/28 18:21

トップへ | みんなの「ワールドカップ」ブログ

折り返して逆サイド ワールドカップのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる