折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 天皇杯3回戦 東京V1−0関学大 関西学院大健闘も及ばず

<<   作成日時 : 2018/07/13 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ワールドカップも佳境だが、天皇杯も行われている。この試合は西が丘で観客1668人を集めた。
 関学大は鈴鹿を下した後、G大阪を破って勝ち上がってきた。残留争い中のクラブはカップ戦で思わぬ弱さを見せることがあるから、東京Vのほうが強敵かもしれない。一方の東京Vは富山を下しての勝ち上がり。

 ワールドカップと違うのは選手の表情で、いかにも暑そうだ。いや、モドリッチだって暑そうだったのだが、ロシアの気温がいくら高くても東京の蒸し暑さとは質が違うだろう。
 W杯と違うところはもう一つ。天皇杯の映像を見ると人が点のように見える。ズームの違いか、サッカー的な距離感か、単に体格差なのかはわからない。

 互角の戦いだった。東京Vでは関学出身の森俊介が右ウィングから盛んに仕掛けて目立っていた。関学は暑い中で良く走っていたが、前半の決定機はあまり多くなかった。
 得点は43分、東京Vやや遠目のフリーキックから。梶川が蹴ると見せかけて近くの林昇吾にパス。林が強烈なミドルシュート。それを弾いたところに平が押し込んだ。

 後半は関学大が攻めに攻めて後半だけでシュート9本。あわやという場面も多く、夏だが東京Vの心胆を寒からしめた。しかし最後はGK柴崎が立ちはだかってそのままゲームセット。
 良い試合だった。お互いが真剣に勝とうとする試合は、何であれ面白い。世界だ日本だ関係ない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天皇杯3回戦 東京V1−0関学大 関西学院大健闘も及ばず 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる