折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS U-21 日本1−1カナダ 勝つのが下手

<<   作成日時 : 2018/06/04 22:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本の三試合を見ると、サッカー的なうまさの順番で行ったら
ポルトガル>トルコ>カナダ
だった。ボール扱いのうまさとそれを集団で生かす戦術的な部分でという話。
 だが日本はポルトガルに勝ってトルコに負けてカナダと引き分けた。どうも納得がいかない。

 このカナダ戦に関する限り、ボール扱いのうまさとそれを集団で生かす戦術的な部分では日本のほうが上だった。
 そもそもカナダは何本シュートを打てたのか。前半初瀬がプレッシャーをかけられパスをかっさらわれゴールを奪われたシュート以外、前半にカナダのシュートは無かった。後半もカナダからほとんどシュートを打たれていない。カナダの攻撃は、奪ったら日本のディフェンスラインの裏、あるいは3バックの横からクロス、ぐらいしかバリエーションがなかった。プレスも前半の得点後こそ積極的だったが、後半は萎んでいた。
 しかし日本は勝てなかった。

 もちろんゴール前で相手が密集している時に点を取るのは難しい。だがもうちょっと落ち着いてシュートを打ってみても良いのではと思った。フリーなら相手が寄せてくる直前までボールを持ち出してみるとかシュートの前に一拍置くとか。
 恐らく決定力云々とまた言われるのだろう、その決定力とはゴール前での落ち着きだ。落ち着くとは何か。空間があるならその空間を使い時間があるならその時間を使う。そういうことだろう。

 切れ込んでディフェンス三人を置き去りにした三苫のシュートは見事だった。ただ、あれほど難しいシュートが決まるなら、もっと簡単そうなものが決まってもよいのに。
 つくづく勿体ない代表だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
U-21 日本1−1カナダ 勝つのが下手 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる