アクセスカウンタ

<<  2018年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
日本0−2ガーナ こんなものではないの
 オシム監督の頃のガーナ-日本戦を思い出した。場所も同じ横浜国際。  日本代表は圧倒的にポゼッションをしていた。ガーナは立ち位置だけを決めて身体能力だけで守っているように見えた。何度もあった日本のチャンスはそのガーナディフェンスに跳ね返された。そしてワンチャンスをものにされて敗れた。  この試合にも似たところがあった。日本はボールを持っていた。チャンスもあった。そして敗れた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/31 18:58
U-21 日本1−2トルコ 試合が下手な日本
 トゥーロン国際初戦。  試合前には様々なことを心配していた。森保監督のサッカーは日本の中では特殊な部類にある。その森保サッカーをこのU-21が出来るのだろうか。しかもその森保監督が日本代表コーチに行ってしまった。横内監督代行で大丈夫なのか。監督のいないところでモチベーションは保てるのか。代行の手腕はどうだろうか。  始まってみれば、試合前の懸念は払拭された。日本は3-4-2-1のフォーメーションを使いこなしていた。しっかりパスを回して攻撃しシュートに持ち込むことが出来ていた。守ってもマーク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 22:22
CL決勝 Rマドリード3−1リバプール なんということか
なんということか(1)  リバプールとエジプト代表のエース、サラーがセルヒオラモスに腕固めのまま引き倒されて故障。30分にララーナと交代。セルヒオラモスはファウルにすらならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/27 17:42
日テレ2−0仙台L(生観戦) 日テレ強し
 中央線で信号機故障。高尾まで電車は動いたのだけれども、かなり遅れて出鼻を挫かれた。余裕をもって出発し本来試合開始1時間以上前に着くはずが、どうにか20分前ぐらいで到着した。  場所は味スタ西。よく間違えられる味フィ西は最寄り駅本蓮沼のいわゆる西が丘。味スタ西は味の素スタジアムの近所。などというと、味スタのバクスタから見えるアレかという人がいるかもしれない。それはアミノバイタルフィールドでそれも違う。  味スタ西は飛田給駅から歩いて歩道橋を上がり、味スタなら右に行くところで左に降りる。そこで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 22:34
木曜映画サイト 好きな女優さんは誰ですか
 若かったころ女の人に、好きな女優さんは誰ですか、と聞かれることがあった。  私は女優の誰かを贔屓にする、ということがなかった。薬師丸ひろ子なら全部見る、などということもない。しかたがないから直近で最も印象に残った人の名前を言ったりした。 「『事件』という映画の松坂慶子とか」  大岡昇平原作の「事件」は野村芳太郎監督作品。この映画で被害者役を演じた松坂慶子は色っぽくて好きだった。ただ、同じ松坂慶子でも「夜の診察室」が好きだったわけではないし、「愛の水中花」が好きだったわけではない。  ち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 18:50
湘南1−0磐田 決める時に決めないと湘南相手なら
 磐田の控えに俊輔。怪我上がりの彼は後半のどこかで出てくるだろう。どんな状況で出てくるか、それがひとつの焦点だった。  湘南は野田がセンターフォワードでスタメン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/20 11:10
G大坂0−0浦和 お互い点が入らない
 W杯が近づいて、NHKはその宣伝に熱中している。壮行試合ガーナ戦のメンバーも決まった。ということでガンバには東口、レッズには槙野と遠藤航が代表に選ばれています、とアナウンサーは盛んに語っていた。  正直、私はどうでもいい。W杯に向かう日本代表という物語が頭の中で焦点を結ばない。皆さん頑張って行ってらっしゃい、行った行った、さあ飯でも食うか風呂でも入るか、もうこっちには関係ない、みたいな。  ただ、中島が入っていないのだけは納得いかない。マリ戦ウクライナ戦で唯一点を取り、最も点を取りそうな選... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/19 17:33
追悼、西城秀樹
 子供の頃、西城秀樹が好きだった。少年の私の目から見ても彼は格好良かった。マイクスタンドを振り回す仕草などずいぶん真似したものだ。  分類するなら歌謡曲なのだろう。だが勢いよく歌い踊る姿は、後にロックンロールを参考にしたものだと聞いた。私が中学以降にビートルズに代表される洋楽を盛んに聞くようになったのも、西城秀樹の曲に親しんでいた影響があったからかもしれない。  高校の頃、芋煮会で友人たちとYMCAを歌い踊ったのも懐かしい思い出だ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/05/17 19:58
仙台1−3広島、横浜M1−1G大阪
仙台1−3広島 広島強し  広島が首位を快走している。その広島の試合をNHKーBSで放映するのは今年初めて。仙台の戦いぶりもさることながら、広島がなぜ首位にいるのかに興味があった。  試合開始から30分ほどはむしろ仙台が優位だった。セカンドボールはほとんど奪えていたし、蜂須賀・関口の両ワイドがボールを運んで何度も好機を作っていた。守備ではパトリックをタイトにマークして仕事をさせなかった。12分には奥埜が角度のないところからシュート。幸先よく先制した。  しかし30分くらいから広島が盛り返し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/13 12:05
甲府2−1栃木 甲府ホーム初勝利
 甲府は上野監督となってから山口戦で引き分け。その後アウェー熊本戦で勝利、ルヴァン杯札幌戦で勝利。新監督上々の立ち上がりである。  この試合、前半早々の5分、湯澤のクロスからバホスゴール。千葉戦でも同様に得点しており、甲府の得点パターンのひとつとなってきたようだ。  17分にはバホスの裏抜けからのゴールがあった。これで2-0。これだけバホスの得点が続くと夏に引き抜かれるのではないか。むしろ心配になってきた。  ところが好事魔多し。この得点時にバホスが足を痛めて動けなくなった。筋肉系のような... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/12 18:24
ねじ式甲府式
「まさか、こんなところにチバクラゲがいるとは思わなかった。  ぼくはたまたま、中銀スタにサッカーをしに来たチバクラゲに左腕を噛まれてしまったのだ。当然、静脈は切断された。真赤な勝ち点が、とめどもなく流れ出した。  ぼくは出血多量で昇格どころか降格するかもしれない。一刻も早く、新監督を捜さなければならないのだ。  しかし、不案内なこのJ2で、新監督を捜すのは容易なことではない。しかも切断された血管の切口と切口がずれないよう右手で、くっつけて合わせていなければならないので走りまわることができな... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/09 18:14
湘南1−3仙台(生観戦) 仙台が左側に残る
 BMWスタジアムの周囲ではゆるきゃらが沢山出ていてあちらでもこちらでも記念撮影が行われていた。客寄せは大切。  風は強い南風。昼間は暑かったが試合開始の午後4時頃には太陽が雲に隠れて涼しくなってきた。私の席はメインスタンドの右端近く。コーナーフラッグの斜め後ろ。  試合前に順位表が大型ビジョンに映し出された。土曜日の結果を受けて仙台も湘南も右側、つまりJ1下位にいた。どちらも勝てば左側、上位になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/07 20:10
川崎F0−2F東京、鹿島1−0浦和、名古屋1−1横浜M
川崎F0−2F東京 頑張る永井  得点者の橋本、森重、それにつながるキックを蹴った太田を差し置いて永井がヒーローインタビューを受けていた。ロンドンオリンピックの頃よりもハンサムになった気がした。その頃よりも年齢を重ねて肌が滑らかになったのではないか。  彼はあれほど頑張る選手だっただろうか。もともと走り回る献身的な守備には定評があった。ただF東京に移籍してからは時々快足を見せる印象しかなかった。よく走る選手、よく頑張る選手も、環境によってはどう走ってよいか、どう頑張ってよいかがわからなくなる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/06 08:06
CL準決第二戦 Rマドリード2−2バイエルン あんなミスをするのだね
 バイエルンミュンヘン1-2Rマドリードの第一戦を受けての第二戦。Rマドリードにとっては1失点以下に抑えれば良いという簡単なお仕事。と思ったら簡単なゲームでは全くなかった。  開始早々の3分、キミッヒがこぼれ球を押し込んでバイエルン先制。キミッヒは右サイドバックなのになぜそこにいる。菅井か。これでバイエルンはあと1点あげれば2戦合計で勝利となる。  ところが11分のRマドリード。左サイドからマルセロがクロス、ファーサイドでベンゼマが頭で合わせて同点。ベンゼマが中央に走り込もうとしていたのにク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/04 15:35
名古屋0−0C大阪 名古屋連敗を止める
 名古屋はここまで8連敗。なぜそれほど連敗したのか、そしてこの試合でその連敗は止まるのか、に興味があった。  一方のC大阪は杉本が怪我で離脱。このところの連戦でどうしても怪我人は出やすくなる。なかでも代表選手は疲労が溜まっているだろう。清武も23分に怪我で途中交代した。清武は復帰後3試合連続で先発だったそうで、無理をしたからかと思う。  瑞穂は大雨だった。ピッチ上は水が張った状態だったらしい。一般に雨だとボールが繋ぎにくくトラップ・シュートも不正確になりがちで点は入りにくい。この試合も浮かせ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/03 08:05
西野監督でいいのか(文中敬称略)
 原則論からいったら最低だ。  基本、技術委員長は監督を評価する立場だ。それに監督の首を切ったら次の監督を探す立場でもある。だから、技術委員長が監督になるというのは、自分でやりたいから監督の首を切ったと思われても仕方がない。もしそうなら公私混同も甚だしい。  技術委員長が監督になると、次の技術委員長が監督を評価しにくいということもある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/01 18:09

<<  2018年5月のブログ記事  >> 

トップへ

折り返して逆サイド 2018年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる