折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS CL準決第二戦 Rマドリード2−2バイエルン あんなミスをするのだね

<<   作成日時 : 2018/05/04 15:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 バイエルンミュンヘン1-2Rマドリードの第一戦を受けての第二戦。Rマドリードにとっては1失点以下に抑えれば良いという簡単なお仕事。と思ったら簡単なゲームでは全くなかった。
 開始早々の3分、キミッヒがこぼれ球を押し込んでバイエルン先制。キミッヒは右サイドバックなのになぜそこにいる。菅井か。これでバイエルンはあと1点あげれば2戦合計で勝利となる。
 ところが11分のRマドリード。左サイドからマルセロがクロス、ファーサイドでベンゼマが頭で合わせて同点。ベンゼマが中央に走り込もうとしていたのにクロスが来たら、あ、こっちだわ、とファーに逃げる動きをした。それが結果としてマーカーを引き剥がしていた。
 前半は1-1で終了。

 後半開始直後の46分、バイエルンのトリッソがGKウルライヒにバックパス。そのボールが弱く、慌ててウルライヒが蹴ろうとしたら「スカ」。ベンゼマがかっさらってゴール。
 第一戦でもバイエルンは横パスをかっさらわれるミスをしていたが、このミスはさらに酷かった。バイエルンミュンヘンともあろうものがあんなミスをするのかと思えば感慨深い。
 そこで気落ちせず、バイエルンは攻撃。63分、日本ではお馴染みのハメスロドリゲスがシュート。弾かれた所を詰めてゴール。2-2の同点に追いついた。
 このままならRマドリード勝利だが、バイエルンが1点取ればアウェーゴール数で上回りバイエルンが決勝に進出する。

 そこからはRマドリードが必死に守った。前半からセルヒオラモスが頭脳的なパスカットを見せ、モドリッチが前から献身的な守備をしていた。モドリッチという名前を聞くたびに早野さんなら何と言うかなと思うのだが、清水解説者は何も言わないのだった。
 最後の砦はナバス。二度ほどビッグセーブを見せた。2-2で逃げ切って試合終了。

 ちなみにCロナウドはこの日絶不調。何度か絶好機を逃していたが代わりにベンゼマが活躍した。Rマドリードが決勝進出。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CL準決第二戦 Rマドリード2−2バイエルン あんなミスをするのだね 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる