アクセスカウンタ

<<  2018年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
清水2−1柏、横浜M3−0鹿島
清水2−1柏 シーン、パタパタパタ、シーン  前半は攻める柏、守る清水で推移した。柏は中川がちょこまか動き回ってクリスティアーノ、という有力な形があった。だが清水が厳しくボールホルダーに詰めてよく守っていた。0-0でずっと続くのかなという気配がした。  それが38分テセ、40分クリスティアーノ、41分北川。パタパタパタと点が入った。  テセはコーナーキックからヘッド。点が入ってからなら、なぜテセをフリーで飛び込ませるのかと言える。だがあの迫力でテセが飛んでくるとは予測できなかったのだろう。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/30 13:26
甲府1−1千葉(生観戦) ラストワンプレーで
 この日の甲府の最高気温は26.8℃。日が差している間はシャツ一枚でも暑いくらいだった。だが午後6時の試合開始の頃には日が南アルプスに落ち、風もあってシャツの上にジャケットを着ていても寒かった。知ってはいたのだが、改めて盆地の寒暖差を感じた。  ここまで甲府は2勝4分4敗。中銀スタジアムではまだ勝利が無い。吉田監督が三連勝を約束した後の愛媛戦では引き分け。クラブは愛媛戦後に吉田続投を明言したが、もはや負けられないではなく勝たなければならなかった。  一方の千葉は3勝1分6敗。こちらも状態が良... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/29 15:57
CL準決第一戦 バイエルン1−2Rマドリード 怪我もあれだが
 バイエルンミュンヘンには、試合中にロッベンとボアテングを失うという不運があった。ただ、そろそろシーズンが終わるという時期は怪我人が多いものでもある。怪我人が出るのは不運だが怪我人が重なるのは不運ではない。バイエルンミュンヘンにはロッベンとポアテングを酷使しなければならない事情というものがあったのかもしれない。よく知らないが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/27 22:29
鳥栖0−2川崎F 点が取れない鳥栖
 鳥栖はイバルボその他が怪我で出られず、小野裕と田川がフォワード。前半はその鳥栖が有利で、小野裕が何度かあわやゴール、の場面を作っていた。だが、小野裕は横浜Mにいた頃から点を取るのは得意ではない。小野裕の横か斜め前あたりに得点力のある選手がいれば良いのだが、田川も得点力はあまりない。川崎Fは押されていたがソンリョンらが守って0-0に留めていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/26 19:41
ハリルホジッチの解任時期に関して
(2)なぜこのW杯本番の約2か月前に解任したのか(文中敬称略)  ハリルホジッチ監督のサッカーには賛否両論があった。否の論者は私とは相容れないが、それはそれで一つの意見として尊重する。  なお、ハリルを代えろとブレずに言い続けていたのは武田修宏と杉山茂樹だ。二人ともそのサッカー論に納得できないことが多かったので、私は二人の文章をハリルとは関係なく読まないことにしている。  二氏の他に、ハリルホジッチ監督を解任すべしと一部スポーツ紙が声高に論じていた。それはスポーツ紙の記者が、というよりも、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/23 19:59
G大坂1−0C大阪 絶不調ガンバが勝つ
 連戦が続いている。C大阪はこの大阪ダービーのためにACLのメンバーを落としたという。その落としたという表現がどうか、ACLグループリーグ敗退にどれほどの影響を与えたか、については議論があるかもしれない。ただ、C大阪のユン監督が真剣にガンバに勝とうとしていたことは容易に想像がつく。  一方のG大阪はここまで絶不調。ここまで1勝1分6敗の最下位。もともと今年はフォワードの得点力が低くないかなと私は危惧していた。だが、蓋を開けてみたらフォワード以前に中盤が駄目でフォワードにボールが渡らなかった。ク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/22 15:50
女子アジア杯 日本1−0オーストラリア 圧倒されながらの優勝
 正直、アジアチャンピオンになるのは厳しいと思っていた。特にこのところ勝てていないオーストラリアと戦うのは大変だろうと。  5位以上は間違いないからW杯出場は堅い。もしグループリーグで韓国より上に行ければ、準決勝では勝てるだろう。だから2位は有り得る。その程度と予想していた。  それがオーストラリアに勝って優勝するとは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/21 18:53
ハリルホジッチ氏解任に関して
 この件に関する論点は主に3つある。分けた方が話をしやすい。以下敬称略。 (1)ハリルホジッチを解任して良かったのか (2)なぜこのW杯本番の約2か月前に解任したのか (3)新監督が西野でいいのか ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/19 21:07
女子アジア杯 日本3−1中国 実力差通り
 前半に日本が張り切ってプレスをかけ続けたせいで、さすがに後半足が止まった。後半開始直後に二度中国に好機があった。ゴール前に抜け出したのとファーのポストに当てたのと。あれどちらかが入っていたら後半開始直後に1-1になったわけで、結果はどうなったかなと思う。  結局、勝てるかどうかはそうした好機が決められるかどうかなのだ。決められなかった中国は日本よりも弱く、実力差通りの結果になった。ただ日本の危うさは危うさとして反省しておくべきである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/18 21:08
仙台0−0川崎F 散文的な感想
 もっとも印象に残ったのは西村がクロスに合わせ損ねた場面。柳沢の真似をするのは柳沢くらい偉大なフォワードになってからにしてくれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 18:02
甲府0−1松本(生観戦) 甲府は何をして勝ちたいのか
 梅桃桜の季節は終わり、ハナミズキが満開だった。空は概ね曇りなのだが時折太陽が覗いて、暑かったり涼しかったりを繰り返した。  私の席はバックスタンドアウェー側。この日アウェー側ゴール裏は完売。メインスタンド自由席にもバックススタンド自由席にも松本のユニフォームを着た人が多数いた。松本の皆さんは熱心だ。観客数は9,659人。  試合前の着ぐるみショーで、ヴァン君が紙で顔を隠しては顔を出す、というのを延々とやっていた。あれは誰をターゲットにしていて何が面白いと思っているのだろうか。赤ん坊相手のい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/15 15:07
女子アジア杯 日本1−1オーストラリア W杯出場成る
 まず、レギュレーションの話から。  この試合までに日本はベトナムに4-0、韓国と0-0。オーストラリアは韓国と0-0、ベトナムと8-0。ともに勝ち点4。  アジア杯のレギュレーションでは、勝ち点が同じ時には当該国との勝敗、得失点、得点が、3試合を通してのそれらよりも優先される。つまり、ベトナムとの試合結果はいったん棚上げになる。  3戦目、韓国がベトナムに勝ち、日本とオーストラリアが引き分けだったら、日本・オーストラリア・韓国の勝ち点は同じ。この時、日本とオーストラリアが0-0なら、当該... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/14 21:04
CL ローマ3−0バルセロナ まさかの
 バルセロナホームでバルセロナが4-1で勝利してからの第二戦。ローマはバルセロナに3-0で勝たなければならない。他には4-1で延長戦、5-1、6-2で勝ち。  できるわけがないだろう、相手はバルセロナだぞ。私はそう思った。大抵の人がそう思ったに違いない。  それがまさかまさかの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/13 20:57
神戸2−3浦和 浦和の体力勝負
 監督が代わって浦和が連勝。大槻監督の見た目の話題もあって賑やかな状況となっている。  話題はともかくサッカーはどうか。仙台戦を現地で見たが、負けた仙台はもちろん勝った浦和も結構グダグダだと思っていた。  浦和は前半プレスをかけてきて、仙台が受けそこなった。その後浦和がガス欠したが、どうにか守り切った。勝った浦和も内容が良かったとは言えなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/12 19:38
女子アジア杯 日本0−0韓国 ハリル的な韓国
 韓国の、特に前半のサッカーを見ていて、ああこれはハリルホジッチのやりたがっているサッカーだなと思った。韓国は日本のボールホルダーにプレスをかけてボールを奪っては素早いカウンターで日本のゴール前に迫っていた。  相手陣内で奪えばショートカウンター、自陣内で奪えばロングカウンター。日本のセットプレーの時は奪われた瞬間からカウンターに入られる。日本の好機の筈の日本のセットプレーで、かえって嫌な気分になるくらいだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/11 20:44
女子アジア杯 日本4−0ベトナム もっと取れた
 まず気になったのはベトナムゴールキーパーの手袋のでかさだった。自分の身体の大きさを少しでも補おうとしていたのだろうか。ただ、あれだけ手袋がでかいと手の感触が伝わりにくいのではないか。彼女のファーストタッチで、取れるだろうというボールを手で叩き落としていたのを見て、やはりこのGKはレベルが高くないと思った。横山の先制点は、日本のGKなら3人のうちの誰であっても止められただろう。  GKに限らず、ベトナムの選手は個々のレベルがあまり高くはなく、日本が1対1でしばしばボールを奪えていた。それでいて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/10 18:06
甲府1−1水戸、湘南2−1鹿島
甲府1−1水戸 判定と本間の試合  主審は清水修平氏、副審は西村幹也氏と村井良輔氏。  前半甲府のジネイが倒された場面。48分バイアーノの得点となったが、水戸の岸本がライン上にいた場面。62分甲府の窪田が水戸の黒川に倒されたと判定された場面。これらは得点に絡んだあるいは絡みそうだった場面だが、他にも審判が選手に詰め寄られる場面が多い試合だった。双方ともに判定には不服が多かっただろう。  是非は書かない。いちいち検証していると何十分かかるかわからないからだ。  判定を除けば、この日のヒーロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/09 18:14
浦和1−0仙台(生観戦) 大槻監督に初勝利プレゼント
 まず柏木について。彼はチームに問題があると問題があるよという発言を浦和で最初に上げる。その発言のしかたについては批判があるところだ。ただ彼は炭鉱のカナリアみたいなところがあって、滅多やたらにそうした発言をしているわけではない。だいたい彼が何か言った時には、問題が修復不可能になっていることが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/08 13:37
CL バルセロナ4−1ローマ ローマは頑張ったが
 ようやくフジテレビもチャンピオンズリーグを放映する時期になった。準々決勝の第一戦である。バルセロナホームのカンプノウで行われた。  解説は清水氏。彼の解説は真面目に聞いているととても勉強になる。しかし陰々滅々たる気分に陥りたくはないので真面目に聞く気にならない。というか、どこかのクラブで清水さんを監督に雇ってくれないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/06 22:23
木曜映画サイト 映画館の上映スケジュールが早く決まらないものか
 私は映画をシネコンで土曜か日曜に観ることが多い。いや私に限らずそうした人が一般的だろう。  観る度に疑問に思うことがある。  翌週の土日の上映スケジュールがわからない。それは翌週の、早くて火曜日、遅くて木曜日ぐらいにならないと発表されない。  なんとかならないだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/05 18:50
日本女子7−1ガーナ女子 最終予選に向け景気づけの勝利
 日本女子代表は4月6日から女子W杯予選を兼ねたアジア杯(ヨルダン)に臨む。このガーナ戦はその壮行試合という位置づけになる。  1点取った後、ガーナのアイヤムに同点弾を食らった。中島がハイボールを無理してクリアしたら、その後にボールを奪われてシュートを打たれてバーに当たってそれを押し込まれて、というもの。これはGK池田とDF中島との間の連携が悪かった。池田が声をかけて中島が何もしていなかったら、池田がボールを取って何も起きなかった。ここは反省点である。  反省点が一か所しかない完勝だった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 18:12
C大坂2−1湘南 最後は杉本の決定力
 C大阪はこの試合までJリーグで勝利が無かった。清武、ソウザに加えて山村が怪我。蛍、ジンヒョン、杉本は代表帰り。蛍とジンヒョンは先発したが、杉本はベンチスタート。湘南は目立った怪我人はないようで、代表とも関係なし。アナウンサーはハードワーク対決と言っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/01 06:11

<<  2018年4月のブログ記事  >> 

トップへ

折り返して逆サイド 2018年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる