折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 女子アジア杯 日本0−0韓国 ハリル的な韓国

<<   作成日時 : 2018/04/11 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 韓国の、特に前半のサッカーを見ていて、ああこれはハリルホジッチのやりたがっているサッカーだなと思った。韓国は日本のボールホルダーにプレスをかけてボールを奪っては素早いカウンターで日本のゴール前に迫っていた。
 相手陣内で奪えばショートカウンター、自陣内で奪えばロングカウンター。日本のセットプレーの時は奪われた瞬間からカウンターに入られる。日本の好機の筈の日本のセットプレーで、かえって嫌な気分になるくらいだった。

 だがその韓国の攻撃が90分続くわけもなかった。
 つまりハリルホジッチが求めるサッカーを90分間しようとするのなら、体力走力を高めなければならない。普段はクラブでプレーをしている代表選手が、得手勝手に体力を高めることは容易でない。しかし、合宿が長期に及ぶW杯なら可能だろう。もちろん体力を高める前提として、体脂肪率は下げなければならない。ハリルホジッチが言っていることは何も間違っていない。

 試合は結局スコアレスドロー。前半の韓国にシュート精度が無かったように、後半の日本にもシュート精度がなかった。アディッショナルタイムの岩渕のシュートは返す返すも惜しかったが惜しいシュートを100発打ったからといって1点も入らない。

 これでトーナメント進出のためにはオーストラリア戦で勝たなければならなくなった。現在のオーストラリアは日本の実力を追い越している。韓国はオーストラリアとスコアレスドローに持ち込んでいるが、負けずにすんだのはハリル的な弱者の戦法がうまく行ったからだろう。日本はどうするのか。
 正直言ってどうもうまくない気がする。この韓国戦にしても、相手が走っている時は苦労しました、こっちが走っている時は点が入りそうでした、それ以上の戦術を日本代表からは感じなかった。
 地力でも戦術でも勝てないならばどうすればいいのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女子アジア杯 日本0−0韓国 ハリル的な韓国 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる