折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS F東京1−1浦和 オリンピックの陰で

<<   作成日時 : 2018/02/25 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年のJリーグはいつの間にか始まっていた。これがサッカーファン以外の人々の実感ではないだろうか。開幕戦なら通常NHKは総合、BSで2試合か3試合流して盛り上げてくれる。しかし今年はBSで一試合のみ。それもオリンピックとオリンピックに挟まれていて、1試合くらいなら流してやろうかという番組表になっていた。オリンピックは置いてサッカーを観たかったら、DAZNに入れってことだ。
 ちなみに今日東京マラソンでは日本記録が出た。卓球チームW杯では男女の決勝がある。実はサッカーに限らず、オリンピック以外にも様々なスポーツが行われている。

 さて試合。正直、エンターテインメントとは遠い試合になった。オリンピックと同等あるいはそれ以上に魅力的、とは言い難い。
 F東京の長谷川新監督だが、彼はこれまでチームを立ち上げる時にはまず守備の構築から入っていた。今回もそうで、F東京はきっちりとした4-4ブロックを作って浦和の攻撃を跳ね返していた。しかし攻撃は形にならない。攻めあぐねる浦和、反撃しないF東京、の時間帯が長く続いた。

 後半試合は動いた。F東京の先制点は斜めに飛び出した東に、ちょうどここ、というスルーパスを送った高萩が見事。簡単なシュートでもなかったがゴール左隅に流し込んだ。東はF東京に行ってから、攻撃に絡むがなかなか得点に絡まないイメージがあった。開幕戦ゴールは何かのきっかけになるかもしれない。
 浦和の得点はコーナーキックから。ボールが前の選手を通り過ぎて槙野のところに落ちてきた。これも簡単なシュートではなかったが槙野がお見事。

 その後も固い試合だった。72分に前田遼に代わって久保建が出てきた。盛り上がったが論評をするには時間が短い。彼についてはすぐに直接見る機会があるからその後に書きたい。
 次節F東京は味の素で仙台と戦う。私も観戦予定だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F東京1−1浦和 オリンピックの陰で 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる