折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 引退した選手にひとこと(2)

<<   作成日時 : 2018/02/16 18:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平山相太
 Jリーグで12年間プレーしJ1で168試合33得点、日本代表でも4試合3得点、と聞けば結構いい選手だなと思うかもしれない。だが彼は平成の怪物と言われた男だ。終始物足りないと思われ続けてきた。
 大学ではなく直接Jリーグに来ていたら、あのままオランダに留まっていたら、入団したのがFC東京でなければ、そしてベガルタで怪我をしなかったら。たらればの多いサッカー人生でもあった。
 平成のサッカーファンは平山に夢を見た。それは見果てぬ夢で終わった。


小松塁
 私もサッカー場放浪記が好きで。
 2008年、当時J2のC大阪で32試合16得点。これは、と期待されたのだが、結局それがキャリアハイだったのだろうか。だが2015年北九州での41試合18得点のほうが点は多い。となれば私が見ていなかっただけで、長く活躍したと言っていい。
 お疲れ様、なのだろう。J2で活躍した時期が長く、知名度のわりにじっくりと見ることがあまりなかった。こうした選手は、あれ、もう引退したの、と思いがちでもある。


盛田剛平
 広島にラーメン大好きなディフェンダーがいる、という話は聞いていた。彼が甲府にやってきたのは2012年。この年、甲府はJ2で優勝してJ1に昇格する。そして、盛田がいた最後のシーズン2016年は15位。彼がいる間、甲府がJ2に落ちることはなかった。
 圧巻は2014年。フォワードに転向した盛田は29試合出場5得点。だが得点数以上に貢献度が高かった。この年の甲府は盛田にボールを送ってキープしている間に押し上げるという、彼がいなければ攻撃そのものが成り立たないサッカーをしていた。
 ゴールを奪ってヒーローインタビューの時、「ラーメン屋」と掛け声がかかったのも懐かしい思い出である。
 ちなみに盛田お勧めの某ラーメン店に行ってみたのだが、あまり自分の好みの味ではなかった。どうもプロサッカー選手とスポーツに縁遠いおじさんでは味覚が違うようである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
引退した選手にひとこと(2) 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる