折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 大学女子サッカー選手権決勝 早稲田1−0神奈川 早稲田堂々の3連覇

<<   作成日時 : 2018/01/20 11:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 試合は1/14(日)に行われたのだが、出かけていたり体調不良があったりで、一週間近くたってからようやく見ることが出来た。
 早稲田はこの大会、いわゆるインカレ2連覇中。皇后杯ではINAC神戸を破っている程の強豪。一方の神奈川は2年前にインカレ決勝で早稲田に敗れている。王者相手にリベンジ戦となる。
 会場は西が丘。観客は4060人。

 序盤から終盤まで早稲田が優位だった。つないでシュートまで持っていく力がまず違う。さらに守備でも早稲田はチェックが鋭く、そこで奪えなくともサイドに追い込んで絡めとる戦術にも秀でていた。攻守とも隙が無い。
 得点は20分、早稲田右からのフリーキック。松原が蹴ったボールをゴール正面で河野が足で合わせた。そのシュートは右に外れたが、ボールの行く先にエース中村みづきがいた。右足で蹴り込んでゴール。ボールがそこにこぼれてきたのはたまたまだが、たまたまを得点にするのは容易ではない。お見事。
 追い掛ける神奈川だが前述の通り攻撃がなかなか攻撃にならない。ペナルティエリア内に遠方から放り込んであわや、を狙ったが惜しくも合わない場面があったぐらい。前半は1-0で終了。

 高倉女子代表監督が来ていた。ひとりでも有望な若手を見つけたいところだろう。実際の所、女性は男子よりも体が出来上がるのが早いので、出るべき人はこの年代で出てきてもらわないと、というところはあるだろう。
 後半は神奈川が積極的に攻めようとした。しかしなかなかゴール前で形にならない。やはり早稲田の方が優位で、何度も決定機があった。それが早稲田の得点にならなかったのはひとつには神奈川大ゴールキーパー平木の奮闘による。何度か印象的なビッグセーブがあった。ただ、GKの活躍が目立つのは内容の差を示してもいる。シュート数は早稲田25に対して神奈川4。正直、1点で済んだのは神奈川にむしろ運があっただろう。負けた方に運があったというのも変だが。

 試合は1-0でそのまま終了。早稲田は3連覇。得点差以上の完勝だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大学女子サッカー選手権決勝 早稲田1−0神奈川 早稲田堂々の3連覇 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる