折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS PO決 名古屋0−0福岡 名古屋J1復帰

<<   作成日時 : 2017/12/05 18:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 J1昇格プレーオフ決勝。年間順位は名古屋が3位、福岡が4位。よって引き分けなら順位が上の名古屋が昇格となる。
 メンバーを見るとよく知られた名前がある。名古屋は田口・寿人がスタメン、控え(!)に楢崎・八反田・玉田。福岡はスタメンに駒野・山瀬、控えに北斗・城後・坂田がいる。名古屋の現エースはシモビッチ、福岡はお馴染みウェリントン。ちなみに名古屋の風間監督、福岡の井原監督はともに筑波大出身とのこと。同じ大学を出ても志向するサッカーはかなり違う。

 試合開始直後は福岡の前からの守備が強烈だった。松田力が懸命に走り回っていた。19分、山瀬のシュートがクロスバー、その跳ね返った球を仲川が押し込もうとした場面は特に惜しかった。しかし名古屋GK武田がセーブ。この武田という選手は楢崎をサブに追いやるくらい優れたGKなのだろうか。J2の試合はほとんど見ていないのでよくわからない。
 後から考えればこの前半に福岡は点を取っておきたかった。

 前半40分くらいから名古屋が押し返した。そして後半を通して名古屋優勢の展開になった。
 53分名古屋、寿人に代えて玉田。元日本代表に代えて元日本代表。元日本代表と言えば福岡の駒野も元気で前へ行けばクロス、戻れば守備にと活躍していた。
 名古屋はシモビッチ・玉田らがゴールに迫り、福岡が隙を突いて反撃しようとする展開になった。福岡は序盤から良く動いていた松田に代えて石津。そして実藤に代えてウォンドゥジェ、三門に代えて城後と攻撃的采配。一方、引き分けでもJ1昇格となる名古屋はアディッショナルタイム、シモビッチに代えてイムスンギョム、ガブリエルシャビエルに代えて永井と試合を閉めにかかった。
 名古屋が守りに入って福岡はパワープレー。しかしそれを名古屋は守り倒した。風間監督も、こんな時にはこんなサッカーをするのか。
 試合終了。名古屋J1復帰。

 思えば昨年あわやの降格時、名古屋は次々と退団者が出てどうなることかと思われた。リーグ前半もなかなか順位が上がってこなかった。しかし風間サッカーが浸透したのだろうか、リーグ終盤に入って快進撃。自動昇格には届かなかったが福岡等をかわして3位まで上がった。この3位という順位が引き分けでも昇格ということで、最後にものを言った形になった。

 名古屋昇格おめでとう。何よりも昨年からのジェットコースターに耐えた名古屋サポーターを祝福したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PO決 名古屋0−0福岡 名古屋J1復帰 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる