折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS E-1 日本2−1中国 Jリーグ対リッピを制す

<<   作成日時 : 2017/12/13 18:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 試合を終えて、中国の選手、誰いたっけ、というと名前があまり出てこない。一番印象に残ったのは山本脩が腕を絡めて倒してしまったウェンジャオか。個人で突出した選手はいなかったと思う。
 それでいてなかなか点が取れなかったのは、中国の守備組織が優れていて崩そうとしても水際で止められることが多かったからだ。Jリーグのアタッカーがリッピ監督の守備組織をなかなか上回れなかった結果である。

 序盤から日本のテクニックと中国のフィジカルの対決になった。それで主として日本が攻める展開になったのだが、ガタイのいい男どもがゴール前を固めるとシュートがなかなか入らない。
 30分、大島に代えて井手口。大島は肉離れらしい。あのUAE戦以来で期するものがあっただろうが、どうも彼は運がないというかハリルホジッチ監督との星回りが悪すぎるようだ。
 中国は右サイドから攻め込む場面が多かったが山本修が水際で何度も止めていた。

 後半開始後しばらくしてから中国の時間帯があった。57分辺りで二度ほどシュートを打たれた。危ういなと思ったが東口が止めたりボールが枠外に行ってくれたりした。
 日本の攻撃では伊東純が効いていた。右サイドバックの植田も本職ではないというのにオーバーラップ、ワンツーでの抜け出し、さらにクロスと、サイドバックらしい働きをしていた。あれで結構ユーティリティ性のある選手だったのだ。知らなかった。

 75分、その伊東純に代えて川又。小林悠が右サイドに回った。ここから流れが日本に引き戻された。
 日本の先制点は川又のシュートを中国GKが防ぎ、そこを小林悠がボールをかっさらったところから始まった。小林悠のシュートはいったん止められたがこぼれ球を再度小林悠が、いや、あれだけ体が斜めになりながらよく決められるものだなと。体幹をどう鍛えているのだろう。
 その後昌子のロングシュート。昔小笠原があんなシュートを決めていたのを思い出した。

 最後は前述の通り山本修がPKを与えてしまった。前半から何度も中国選手とやりあっていて最後にミスをしてしまったか。山本修は大いに反省してさらに一皮むけてほしい。32歳だが人はいくつでも成長できるものだ。
 ということで昌子のあれが決勝点。打ってみるものだ。
 さて次は韓国戦。W杯予選で韓国は相当苦労したようだが実際はどうであろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
E-1 日本2−1中国 Jリーグ対リッピを制す 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる