折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS U-19女子アジア選手権決勝 日本1−0北朝鮮 勝てる試合を勝ち切る

<<   作成日時 : 2017/11/05 15:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 U-19女子アジア選手権はこの年代のアジアチャンピオンを争うと同時に、U-20W杯の出場権もかけて行われた。出場権は上位3ヶ国に与えられるから、決勝に進出した時点で日本も北朝鮮も出場権をすでに確保していた。
 この放送は録画で結果を知ってから見たのだが、両者の特徴の出た興味深い戦いだった。

 試合開始時点から両者の体型を見て、日本のほうが厳しい練習を積んでいる、と思った。女性は男性よりも脂肪の付き具合が外から見てわかりやすい。明らかに日本のほうが体を絞って来ていた。
 だが、前半はどちらも元気だから持久力の差は見えなかった。ボールは日本のほうが持っていた。読みからのインターセプト、ボールの奪い合いでの体の入れ方、パスを繋ぐテクニックで日本が優っていた。しかし、決定機は北朝鮮に多かった。前からボールを奪って、あるいはバックパスをかっさらってのドリブルやスルーパスから日本ゴールを脅かしていた。日本は慌てて戻ってどうにか防いでいた。

 後半に入ると日本が優位に変わった。前半ボールを持って北朝鮮を走らせたことと、もともと持久力に優っていたことから北朝鮮が攻撃に出られなくなっていった。
 50分、植木が左サイドからボールを右に動かして対面のディフェンダーをかわし右足シュート。これがファーサイドのサイドネットに刺さった。日本先制。
 その後もしばらく日本が攻撃する時間帯が続いた。林のミドルシュートは惜しくもバーに嫌われた。北朝鮮は79分二人同時に交代をしたが日本優位は変わらず。ようやく終了間際になって日本のゴール前に押し込んだが、日本はそのゴール前で体を張ってゴールを許さなかった。そのまま1-0で試合終了。

 危ない場面もあったが、結局日本が勝てる試合を勝ちきった。日本はアジアチャンピオンとしてU-20W杯に望む。今から楽しみである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
U-19女子アジア選手権決勝 日本1−0北朝鮮 勝てる試合を勝ち切る 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる