折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 浦和1−1神戸 神戸が引き分けに持ち込む

<<   作成日時 : 2017/10/16 17:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 開始4分、神戸GKキム スンギュのフィードを受けた小川が宇賀神を振り払うようにして浦和GK西川と一対一になりシュートを決めた。あっという間だった。
 19分、右サイド奥に走り込んだ柏木がマイナスのクロス、そのクリアボールを宇賀神がシュート、ゴール前で矢島がコースを変えて同点になった。

 前半、解説の山本氏は神戸の守備を褒めていた。一対一で厳しく対応している、興梠に仕事をさせていない、などと言うのだ。だが前半のシュート総数、枠内シュート数は浦和が多かった。私は浦和が有利であるように思えてならず、山本氏は違うゲームを見ているのかと思った。

 後半、山本解説と私の印象が一致してきた。神戸の足が先に止まり、浦和優位の展開になった。神戸はビルドアップが出来ず、低い位置でボールを奪ってロングカウンターをする以外に攻め手が無くなった。神戸は浦和をファウルで止める場面も多く、リズムが悪くなると山本氏は指摘していた。
 それでも神戸は浦和の得点を許さず、どうにか引き分けに持ち込んだ。

 話題のポドルスキは中盤で組み立てに加わっていた。正確なサイドチェンジ兼ロングフィードを何度も蹴っていて攻撃の起点になっていた。後半アディッショナルタイムに一度シュートを打っていたが、それは阿部がかろうじてコーナーに逃げた。
 やはり一流選手だ。一度ぜひ生で見たいと思った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浦和1−1神戸 神戸が引き分けに持ち込む 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる