折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリア戦、サウジアラビア戦の代表選手発表

<<   作成日時 : 2017/08/24 22:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

GK 川島、東口、中村
DF 長友、槙野、吉田、酒井宏、酒井高、昌子、植田、三浦
MF 長谷部、山口、高萩、井手口、小林、柴崎、香川
FW 浅野、久保、本田、乾、武藤、原口、岡崎、杉本、大迫

 一番驚いたのは、秋田がテレビ東京の解説者として質問をしていたことだったりする。質問内容はセンターバックに怪我人が出たら経験の少ない植田・三浦を出すことになるが大丈夫か、というものだ。ハリルホジッチ監督はもちろん大丈夫だと答えた。私はと言えば、大島みたいなことになるなよと願うばかりである。
 27名も選んだというのも驚きだった。通常こうした時は23名選んでけが人が出たら補充していくものだ。かなり保険をかけている、慎重だという印象を受けた。さて、ハリルホジッチ監督は日本に来た当初から慎重な人だっただろうか。監督自身がプレッシャーを感じてナーバスになっている気がする。

 怪我が無ければスタメンだが怪我明けで、その中で出られる可能性のある選手は呼んでいる。吉田、長谷部、香川、本田、大迫といった選手たちだ。手元で見たい気持ちはわかるが、手元で見たからと言って正確にわかるのかという懸念がある。イラク戦ではコンディションを読み切れていなかったのではと疑っている。今回はそこを失敗しないで欲しい。
 ところで今野がいない。仮に長谷部が怪我しても代わりは今野ではない。G大阪-柏戦を見る限り、今野は全く目立っていなかった。だから今野よりも他の、例えば高萩のほうがいいと考えたのだろう。

 岡崎の2連続ゴールは嬉しいニュースだ。ただ、彼をセンターフォワードにした時と大迫の時では、点の取り方が全く変わってくる。岡崎をどこのポジションで起用するのか、本田・大迫が仮に出られなくなったら誰が前でボールをキープするのか。それが武藤なら、杉本ならどうなるのか。そのあたりが気になる。
 久保と原口に良いニュースが無いのは残念だが、乾の調子が良さそうだし私はサイドアタッカーについてあまり悲観的になっていない。

 W杯予選ではオーストラリアに勝ったことがない、と西野委員長もハリルホジッチ監督も発言していた。そんなに気にしなくてもよいのにと思う。このブログで何度も書いていが、2011年のアジア杯以降、日本はオーストラリアに3勝3分(うち1勝は延長勝利)で何年も負けていないのだ。なるほどオーストラリアはコンフェデ杯でいい試合をしたが、日本の個々の選手たちの国内外での活躍を思えば何ら憶するところはない。堂々と勝利に向かって進んでいただきたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーストラリア戦、サウジアラビア戦の代表選手発表 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる