折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS G大阪3−1C大阪 なにはともあれファンウィジョ

<<   作成日時 : 2017/07/31 18:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 まずファンウィジョだ。漢字表記だと、黄 義助。え? 義助か。その漢字を見ると一気に親しみを感じる。6月に城南から加入したばかりのフォワード。無理矢理にでもシュートに持ち込もう、というプレーが多かった。見た目はその辺の兄ちゃんだが、あまり日本人にいないプレースタイルだ。こうした選手が一人いると、うまくすれば前への推進力になる。下手を打つとただのエゴイスト。このファンがガンバでは最も目立っていた。
 彼のヘディングシュートが同点弾になった。この得点にはマテイヨニッチと木本の間にクロスを送った藤春をまずほめなければならない。ただ、このウィジョが得点したことがガンバに勢いを与えたのではないか。

 逆転弾である弦太のヘディングについては、ゾーンで守るC大阪に対して後ろから入ってきた弦太、そのゾーンディフェンスの泣き所的な解説があるようだ。それはそうなのだろうが、だったらマンツーマンにしろよという話だろうか。コーナーキックに対するゾーンディフェンスは増えることがあっても減ることがない。となれば実はマンツーマンの泣き所のほうが大きいのだろう。
 何を言いたいかというと、コーナーキック解説の難しさだ。決まるのは一瞬だし。決められたほうは情けなさが残り、決めたほうはボーナス感がある。それで納得のいく解説を聞いた記憶があまりない。

 今回はG大阪の勝利。0-0の前半を見る限りではC大阪優位に見えたので、実力差はそれほどない。ただ、解説しづらいところで勝敗が決まったな、という試合だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
G大阪3−1C大阪 なにはともあれファンウィジョ 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる