アクセスカウンタ

<<  2017年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
コンフェデ杯 ドイツ4−1メキシコ ドイツ圧倒
 まず電光石火のゴレツカの2得点。2点ともワンタッチシュート。1点目はゴール左隅へナイスコントロール。2点目はメキシコGKオチョアの動きを良く見て左側を抜いた。これが6分と8分。  その後はメキシコが必死に攻撃したが、人数をかけて守るドイツをどうしても崩せず前半終了。エルナンデスのシュートなど惜しかったが、クロスバーの上。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/30 22:37
コンフェデ杯 チリ1−1オーストラリア、チリ0−0(PK3-0)ポルトガル
チリ1−1オーストラリア そんなにオーストラリアが良かったか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 22:16
コンフェデ杯 ポルトガル4−0ニュージーランド、ドイツ3−1カメルーン
ポルトガル4−0ニュージーランド ポルトガル圧勝ではあるのだけれども ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 22:13
G大阪1−1川崎F 堂安ラストゲームは引き分け
 堂安は風呂ー人間に行く。誰でも思いつきそうな当て字だが、これは書かずにいられない。  それなら堂安祭りになるのかなと思ったが、試合ではそれほど活躍したわけでもなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/26 20:45
コンフェデ杯 ドイツ1−1チリ、ロシア1−2メキシコ
ドイツ1−1チリ レベルの高い戦い ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/25 21:31
コンフェデ杯 メキシコ2−1ニュージーランド、オーストラリア1−1カメルーン
メキシコ2−1ニュージーランド メキシコ逆転勝利 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/24 17:09
コンフェデ杯 ドイツ3−2オーストラリア、ロシア0−1ポルトガル
ドイツ3−2オーストラリア 辛くも逃げ切ったドイツ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 22:32
天皇杯2回戦 仙台2−3筑波大 期待に応えた仙台
 天皇杯2回戦、BS-1で放映されたのがこの試合。ジャイアントキリングを期待されているということか。  まずこの日の仙台のメンバーを見ていこう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/22 18:37
コンフェデ杯 ポルトガル2−2メキシコ、チリ2−0カメルーン
ポルトガル2−2メキシコ 予測は試合中でも難しい ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/21 18:21
コンフェデ杯 ロシア2−0ニュージーランド 実力通り
 ロシアがポゼッションし、決定機も遥かに多く、実力通りにロシアが勝利した。  ただニュージーランドはフィジカル勝負で当たりが強く、時折繰り出すカウンターもいくつかは鋭い時があった。ロシアが31分に先制したのだが、それまでは苦しんでいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 19:10
甲府0−0柏(生観戦) 緊迫感のあるスコアレスドロー
 昼間は暑かったが、日が落ちて温度はひゅるひゅると下がってきた。長袖一枚ぐらいでちょうど良かった。  代表の中断期間が明けJリーグが帰ってきた。例年通り降格圏より少し上にいる甲府は、中銀スタジアムに首位柏を迎えた。柏は8連勝中。  私の席はバックスタンドアウェー側自由席。柏のチャントがよく聞こえる。どうして「わたしの青い鳥」とか「君はファンキーモンキーベイビー」で応援しようなどという発想ができるのか。聞くたびに感心している(褒めている)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/18 14:09
ベルギー女子1−1日本女子 良くなった日本だが勝つのは難しい
 前半の日本を見て、パス回しがスムーズになったなと思った。誰がどこでボールを持っていたら誰が顔を出して誰が開いて、といったことが自然にできるようになっていた。この試合では3バックに挑戦したそうだが、挑戦というほど違和感はなかった。  といってもパス回しが良いから勝てるというものでもない。前半8分に綺麗に崩して横山がシュートを放ったがクロスバー。それ以外は横山のミドルシュートがどうかといった程度で、攻めているようでもなかなか決定機は作れなかった。  一方のベルギーはケイマンのスピードが脅威。一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 19:35
イラク1−1日本 面白くなった
 中国の主審はなかなかファウルを取らなかった。イラクも日本も平等に取らなかったので、どちら寄りとも思わない。ただ、好機を多く作ったのは日本の方で、だから、あれはPKではないのかという判定も日本の攻撃時のみだった。そうした意味では、平等だが残念な判定ではあった。  副審のオフサイド判定は正確だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/14 22:20
トゥーロン国際決勝 イングランド1−1(PK5-3)コートジボワール
 コートジボワールはU-20W杯に出ていないがイングランドは出ている。しかもあちらでも決勝戦に進出している。サッカーの母国では、若手がかなり育っているようだ。それから両国ともこのトゥーロン国際ではU-20で出場とのこと。  このトゥーロン国際でイングランドは日本と戦っているが、この試合のスタメンはほとんど違うという。また、試合内容でも日本戦のイングランドは攻められっぱなしだったが、コートジボワール戦は違っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/11 15:49
オランダ女子0−1日本女子 横山のミドルシュート
 オランダとの対戦というと今年3月のアルガルベ杯以来である。あの時は2-3で日本が敗れている。  オランダ女子代表というと、7番右サイド俊足のアタッカー、ファンデサンデンの髪型が気になって仕方がない。この日は横分けピッチリで、フレディ・マーキュリーのようだと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/10 18:05
日本1−1シリア 親善試合で良かった
 シリア, you're breaking my heart, You're shaking my confidence daily.  それはシリアじゃなくてCecilia. サイモン&ガーファンクルの曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/08 19:52
トゥーロン国際 日本1−2イングランド PKPKさようなら
 日本はシュート20本。イングランドはシュート3本。日本の20本のうち決まったのは1本。イングランドの3本のうち2本はPK。  日本の打っても打っても入らないシュートを見ていると、このU-19代表選手たちはなんなのかと。パス回しだけうまくて、わざとシュートを外しているのかと思った。そう言えば1990年代、日本のフル代表がこんな感じだったかな、とレトロな懐かしさまで感じた。  相手のゴールキーパーが素晴らしいセービングをした、というわけではない。単に枠内に飛ばないのだ。伊藤など何本枠外ミドルシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/07 18:10
柏1−0浦和 なにはともあれ中村航
 日本代表に選ばれたということでBS-1は中村航に注目していた。  浦和は済州とACLで延長戦を戦ってから中三日。疲労の影響は当然あるだろう。シャドウの一角には武藤ではなく、今季初先発の高木が入った。  ちなみに浦和と済州のいざこざについては不愉快になるので一切記載しない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/06 20:03
CL決勝 Rマドリード4−1ユベントス 勝つだろう勝った
 Rマドリードの監督はジダンだが、彼はユベントスとRマドリードでプレーしていた。  出来すぎだ。思えばオフサイド判定など今年のCLはRマドリードに有利だった話題が多かった。これはやはりジダンが勝つ流れではないのか。だから終わってみたら「ああ、やっぱり」といった感想を持った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/05 20:06
ヤクルト2-11西武(生観戦) せめて惜敗にしてくれないか
 試合前に新宿で映画「メッセージ」を見た。たいていサッカーや野球の観戦でしか街には出ないので、出たついでに映画を見るということを時々やっている。 「ばかうけ」と「イカスミ」の映画と書いても間違いではない。しかし、映画の内容は重いものだった。宇宙人とのコンタクトものなのだが、それよりもこの主人公が○○の○○を知った上でどう生きていくのかが気になった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/04 13:31
トゥーロン国際 日本1−1アンゴラ もったいない引き分け再び
 トゥーロン国際は12か国が参加している。4チームずつ3グループに分け、それぞれのグループ1位と、2位の成績上位1チームが決勝トーナメントに進む。 つまり、2位でもトーナメントに進めるとは限らず、1位かおそらく2位でも勝ち点6がないと2位の中の1チームになるのは難しい。  そこで日本は2引き分け。グループ1位のイングランドはすでに2勝。決勝トーナメント進出が困難になったのは間違いない。勝つことよりも経験を積むことが重要な大会だが、それならできるだけ試合数を多くしたいところだから残念な結果だ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/02 22:27

<<  2017年6月のブログ記事  >> 

トップへ

折り返して逆サイド 2017年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる