アクセスカウンタ

<<  2017年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
バイエルンミュンヘン2−2マインツ 武藤嘉紀の奮闘
 久しぶりに寿司じゃないほうというか、じゃないほうじゃないほうの武藤を見たくなった。彼、武藤嘉紀は今シーズンしばらく怪我で出られなかったが、1月22日のケルン戦から復帰している。このバイエルン戦の3試合前のライプツィヒ戦ではゴールし、その後3戦連続で先発した。  しかし、残留争い中のマインツが首位のバイエルンミュンヘンとアウェーで対戦といったら、それはバイエルンが圧倒して勝つだろうと思っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 19:59
浦和3−2札幌、鳥栖1−0神戸
浦和3−2札幌 札幌健闘す ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/24 18:55
甲府1−1C大阪(生観戦) 甲府引き分けに持ち込む
 甲府市街のソメイヨシノは散った。咲いていたのは八重桜とハナミズキだ。私にとって今年最初の中銀スタジアムは暑かった。  自分の席はメインスタンド自由席アウェー側。中に入ると係員が席を詰めてくださいと言っていた。商売繁盛でなにより。入場者数は11,038人。昨年よりも1000人ほど増えたような気がする。甲府がそれほど勝っているわけではないから、吉田監督のサッカーが面白いと気に入られているのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 09:47
CL レスター1−1A.マドリー レスターと岡崎の冒険の終わり
 Aマドリー1-0レスター、の第一戦の後に行われた第二戦。レスターホーム。26分にアトレティコのサウルが先制点。あのクロスがファーに飛んだ場面は印象的だった。レスターの隙と言えば隙なのだが、ファイナリストはそこを狙うのかと。フクスが、「え? こっちに来るの?」という顔をしていた。  レスターはここから3点を上げなければベスト4に勝ち上がることは出来ない。絶望的である。レスターに3点が取れるものか。  後半開始から岡崎は交代で退いた。よく知っている日本人選手もいなくなった。それからレスターは1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/21 22:32
F東京0−1浦和、仙台1−4鹿島
F東京0−1浦和 浦和が守り切る ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 19:37
甲府0−2新潟 コーナーキックから2発で新潟初勝利
 甲府はウイルソンが右足ハムストリングを痛めて欠場。ドゥドゥの右斜め後ろから堀米が出てくる布陣。対する新潟は2分4敗とまだ勝利がない。恐らく残留を争うであろうこの2クラブとしては重要な一戦である。  前半開始から新潟が激しいチェックをかけてきた。甲府を押し込んでセットプレー、となると新潟のほうが明らかに高身長の選手が多くて有利。  新潟の先制点は11分。コーナーキック。ファーで折り返し、中に原輝綺が飛び込んできた。原は市立船橋出身のルーキーで初ゴールとのこと。これから有名になるかもしれない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/16 18:02
木曜映画サイト 小泉今日子と薬師丸ひろ子
「あまちゃん」が放映されていたのは2013年上期だからもう4年前だ。  あの連続テレビ小説で小泉今日子と薬師丸ひろ子が共演していた。それであの当時、この二人を比較した人たちがいた。どっちが上なのか、とかそういう類のものだ。  それが何年経っても引っかかっていた。彼女たちと似たような時代を過ごした者として、単純な二人の比較はできない、と書いておきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/13 19:14
日本女子3−0コスタリカ女子 攻城戦を制す
 コスタリカは守りの堅い好チームだった。4-4-2のブロックを乱すことがなかった。そして虎視眈々とカウンターを狙っていた。  おおむね日本がボールを持っていたが、このコスタリカを崩すのは容易ではなかった。試合は攻城戦の様相を呈していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 19:05
川崎F1−1甲府、横浜M2−1磐田
川崎F1−1甲府 勝てたかもしれない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 17:27
浦和7−0仙台(生観戦) 記録的屈辱的大敗
 4/11(火)に浦和はACLの上海上港戦がある。そのためこの試合は金曜日開催となった。私は有給休暇を取って見に行った。  私は10日前に日本-タイ戦で同じ埼玉スタジアムに来たばかりだ。だが、この10日の間に関東地方の気候は激変していた。日本-タイ戦ではオーバーコートにマフラーの真冬仕様だったというのに、この浦和-仙台戦ではセーターにジャンパーだけで十分だった。公式記録によれば日本-タイ戦の気温は10.6℃、浦和-仙台戦は19.1℃。スタジアムに行く途中で満開の桜を見た。これもこの10日の間に... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/08 18:49
[問題] 次の○○を埋めよ
 ○○で○○すると批判される。  特に、○○が○○すると○○だと非難されるようである。  しかし、○○は○○の規則に反しているわけではない。  ルール通りの○○なのになぜ○○などと言われなければならないのか。  そもそも○○に対応できず○○るほうが問題なのではないか。  だいたい、同じ○○の勝負である○○で、○○ばかり非難するのはおかしい。  それほど○○が嫌だと言うのなら、規則を変えて○○を○○すればいいのだ。  それをどう実行するかはともかく、現状では○○もまた○○の一部である... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/06 19:32
大宮0−1鹿島 大宮の何が間違っているのか
 鹿島がこの試合までに3連勝しており、大宮相手に勝って4連勝、と聞いても別に不思議はない。鹿島は昨年度の優勝クラブであり、今年も優勝候補だからだ。しかし、この敗戦で大宮が開幕5連敗、というのは何かおかしい。大宮は昨年5位。それにメンバーを見る限り、それほど勝てないクラブとは思えない。となれば大宮では何か歯車が狂っているのか。あるいはどう狂っているのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/04 19:18
新潟2−3G大阪 最後は地力の差とかなんとか
 新潟はここまで2敗2分、G大阪は2勝2分。新潟は残留を争い、G大阪は優勝を争うとみなされている。恐らくはG大阪が優位に試合を進めて勝つ、というのが一般的な予想であろう。そして結果の点数を見ただけならば予想通りと思われるかもしれない。記録では新潟のシュート数4に対してG大阪は10。内容でもG大阪が圧倒し新潟が2点取ったのは大健闘だとされても不思議ではない。  だが、サッカーは実際に見てみないとわからない。途中までは、新潟が勝ってもおかしくない内容だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/03 19:06
サウジアラビア1−0イラク どちらも隙ありだが
 日本−タイ戦の数時間後に行われていた試合。何日も経っているが、年度末に忙しくてようやく見ることが出来た。  昨年9月のイラク−サウジアラビア戦は、イラクが序盤攻めに攻めたが終盤PK2発でサウジが逆転勝ちした。サウジの老獪さ、一方でイラクの若さと試合運びの悪さが目立っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 11:22
風媒花(エイプリルフールネタ)
   風媒花 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/01 07:29

<<  2017年4月のブログ記事  >> 

トップへ

折り返して逆サイド 2017年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる