折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS たまに書いている木曜映画サイトについて

<<   作成日時 : 2017/02/09 18:50   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 そもそもなぜ木曜なのか。
 今はシーズンオフだが、シーズン中サッカーは代表戦でもない限り、土曜日や日曜日に行われる。それを見た上で感想を書くのは土曜日から月曜日ぐらいまでになることが多い。
 それで火曜日あたりは、書くことは書いたから今日は書かない、書かない一日は楽でいい、といった気分でいる。それが木曜日くらいまでくると、なにか書くことないかなという気分になってくる。それでサッカー界でなにかしらの話題やなにかしらのネタを書こうとする。だがサッカー界になにかしらの話題があるとは限らないし、十何年もサッカーブログを書いているとなにかしらのネタはほとんど書き尽くしてしまっている。
 だが、サッカーの試合と試合の間の一週間、何も更新がないのはなんとなく寂しい。読者がそんなリクエストをしているわけでは全くないが、書いている自分が寂しい気分になる。

 そこでなぜ映画なのか。
 私は年にテレビで100本くらい映画を見ている。そう書くと結構な数で相当な映画ファンのような気もする。ただ、通常の映画ファンと違うのはその映画を分割して見ていることだ。
 何度か書いたが、私は膝が良くない。良くないので大腿四頭筋を中心とした筋肉トレーニングをしている。これが四十分くらいかかる。毎日やっている。
 この四十分間、暇なのでサッカーや野球といったスポーツ、あるいは旅番組などを見ながらやっていた。それがある日、「そういえば俺は以前、映画を見るのが好きだった」ということを思い出した。というわけでここ数年は録画した映画を観ながら筋トレをしている。
 たいていの映画は2時間で終わるから、3回に分割して見ることになる。一般に映画は一気に見られることを想定して作られているので、邪道な見方である。冒頭の場面が伏線になっているサスペンス映画など、観終わるころには冒頭など忘れている。はてあれはなんだったのかしらんということになる。ベンハーなど6回に分けて観たから、主人公が奴隷から解放された後半に入ると、そもそもこの人はなんで奴隷になったんだっけ、ということになる。
 とはいうものの、年に百本も映画を見ていると、なにかしら思うことはある。思うことがあれば書いてみようかということにもなる。

 ちなみに東京12チャンネル(現在のテレビ東京)でやっていた木曜映画劇場とは関係ない。そもそも宮城県で東京12チャンネルは映らなかったし、この番組には思い入れも何もない。
 題に木曜映画サイトと書いているのは、書いたのはサッカーではありませんよ、とわかりやすくしているだけにすぎない。

 というわけでたまに映画のことを書いていても毛嫌いしないで読み流していただければ幸いだ。
 もちろんここは基本サッカーブログ、ないしはサッカーを中心としたスポーツブログであって、映画を中心にする気などない。
 映画を文章化する人はサッカーを文章化する人よりも多いようで、とんでもない熱意の人がごろごろいるのだ。そこに割って入る気などさらさらないのである。
 もっともサッカーブログでも、私はゴロゴロの中に割って入ってなどいないが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も映画を1本120分通して見ることの方が少ないです。昔小倉優子さんが「映画は30分ずつに分けて見る」と話しておられて,共演者の人に笑われていたのを覚えています。でもそういう人って意外に多いですよね。映画館で見るしかなかった昔と異なり,まとまった時間の取りにくい現代人にフレキシブルな選択肢を与えてくれる便利なツールが今は色々あるわけですから,それらを上手く活用していくのはいいことだと思います。どんな映画がお好きですか?面白い映画があったら紹介してくださいね。
カルロッタ
2017/02/09 19:32
分割して見る人が実は結構いるのかもしれませんが、やはり短期記憶が蒸発しないうちに見終わるのが本道だろうなとは思います。「あれはなんだったのか」と映画関連サイトを当たってネタバレのあらすじを読んで「ああそうだったのか」というのは何か変かなと。
最近見て面白かったのは「ゴッドファーザー」の三部作です。やはり傑作と評判の高いものは傑作だなと、当たり前の感想を持ちました。
水谷秋夫
2017/02/09 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
たまに書いている木曜映画サイトについて 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる