折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟0−1広島 勝ち点30の意味

<<   作成日時 : 2016/11/06 11:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 新潟がよく勝ち点30で残留したと思ったので、J1が18チームになってからの15位と16位の勝ち点を調べてみた。

年__05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16
15位_39 42 35 38 39 38 36 40 37 36 34 30
16位_35 27 32 37 34 36 33 39 25 35 28 30
 ちなみに16位がJ1J2入れ替え戦に回っていたのは08年まで。

 残留には勝ち点40が必要、などと言われるのは、2012年に勝ち点39で降格した神戸の例があるからだ。ジェフ奇跡の残留は2008年で、この時の勝ち点が38と今年より8も高い。何かを間違って降格したクラブの例としては、2007年の広島32、2010年のF東京36、2012年のG大阪38などがある。いずれも今年なら残留している勝ち点だ。
 勝ち点ではなく得失点差で残留降格が分かれたのも今年が初めてだ。そしてやはり、勝ち点30は15位としては歴代最低だった。つまり、今年はJ1が18チームになってから、もっともレベルの低い残留争いだったことになる。
 今年、残留にふさわしい勝ち点を得たのは36の磐田から上のクラブだ。勝ち点31の甲府と勝ち点30の新潟は、来年も実力が変わらず似たような勝ち点しか取れなかったら、今度は降格する可能性が高いと考えられる。

 それでは新潟と甲府の来年はどうなるのか。
 シーズン中に吉田監督から片渕監督に変わった新潟は、最初から片淵監督なら来年は大丈夫と思っているのだろう。
 一方の甲府は、このままのサッカーでは駄目だと新潟の残留争いを招いたとされる吉田氏を新監督として招聘した。これがどういう未来を導くのか、甲府の来季を注意深く見守っていかなければなるまい。

 この試合は、21分、新潟のパスミスを咎めて高い位置でボールを奪った広島が先制した。ウタカはこれで神戸のレアンドロと並んで得点王となった。
 問題はその後だ。新潟はあえて攻撃的に出ることはなかった。さらなる失点を防ぐことを重視し、0-1のまま試合を終わらせた。新潟は名古屋がリードされていることを知っており、名古屋との得失点差が逆転されることがないように戦った、と報道にあった。
 なんという割り切り、なんという度胸だろう。2点差で名古屋が負けているなら、その2点差を名古屋が追いついたらどうしよう、と不安にならなかったのだろうか。もし名古屋が引き分けて降格したら、新潟はどれだけの非難を浴びていたか。名古屋に追いつく力はない、という割り切りなど自分にはとても持てない。
 これが片渕監督の発想というのなら、彼は自分の想像の外にある人物である。来年の新潟がどうなるか、これも注意深く見守っていかなければなるまい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新潟0−1広島 勝ち点30の意味 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる