折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年J2展望検証

<<   作成日時 : 2016/11/22 18:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 展望はこちら
 今年のJ2展望もぼろぼろ外れた。本当にJ2は世界一難しいリーグだ。金があるから勝てるとは限らない。
 以下はイタリック体で書いてある所が予想で、クラブ名の左に書いた数字が予想順位。北から順番に書いてある。

10札幌
 奈良・前俊・古田らが去り、増川が来た。これから来る人もいそうだし不確定要素はある。ただこのクラブは野々村社長が一番目立っている。その社長の顔を見ていると、この顔に騙されてはいけない、と警戒心を抱いてしまう。警戒しつつ前年と同じ順位とした。


 結果:1位
 コンサドーレ関係者以外でここを当てた人はいない(断言)。増川、都倉ら実績のある選手に、もともと有望だった若手がうまく融合したのだろう。四方田監督はよく知らないのだが、岡田武史氏や田嶋幸三氏と繋がりのある人なのか。そもそも野々村社長に首を切られなかったのだから、よほど優秀なのだろう。

5山形
 順当な降格をしたクラブはそう簡単に一年でJ1復帰が出来ない。ボムヨン、ロメロ、中島、萬代、山崎といったお馴染みの選手も去った。だがJ2では上位の戦力だし、石崎監督の力量を持ってすればプレーオフ圏内には留まるのではないか。


 結果:14位
 ここは戦力以前に社長交代がどうだったのかという話がある。交代の是非はわからないが、フロントとサポーターが違うことを言っているクラブはたいていよろしくないことになる。
 石崎さんは、昇格もするけど降格もする人だった。降格の後に昇格というのはまた違う難しさがあるのだろう。

21水戸
 J1から次々と強力なクラブが落ちてきて年々レベルが上がっていくJ2にあって、実力が変わらないということは順位が落ちるということを意味する。水戸は長くJ2にいて他クラブサポーターにも愛されている存在だが、実力が上がっている証拠を見出せない。下から二番目ぐらいの苦しいシーズンになるのではないか。


 結果:13位
 水戸ちゃんは偉大だ。甘く見てはいけない。

22群馬
 水戸と同様に群馬も苦戦するだろう。昨年は下から3位。石川大ら思い入れのある選手が加入してきたがここも実力が上がってくるようには思えない。心苦しいが、予想はどこかを最下位にしなければならない。


 結果:17位
 思っていたよりもしぶとかった。石川大はいつの間にかレンタルで相模原に行っていたのか。

4千葉
 J2クラブの中では屈指の資金力があるのに、いったい何年繰り返すのか。昨年は名将・関塚を擁しながらプレーオフ圏外に沈んだ。それが今年は総取っ替えかと思うほど人の出入りが激しい。これが吉と出るか凶と出るか。どちらに転ぶとしても極端なことが起こりそうだが、プレシーズンマッチも好調のようだし良い方向に転ぶと予想する。


 結果:11位
 名将・関塚監督が首になるとは。J2は一寸先が闇だ。
 そもそもプレシーズンマッチの好調さに騙された。たいていのクラブの選手は自分がレギュラーか控えか誰がライバルか誰が怪我したら誰が代わりに出るか、シーズン前から大体わかっているものだ。だから立ち位置を理解したうえで選手は開幕にピークを合わせてくる。
 ところが千葉のように総取り替えをしたら誰がレギュラーなのか本気でわからない。すると選手はどうしたか。監督にアピールするためにプレシーズンマッチにピークを持ってきてしまったのではないか。それで本番ではピークを過ぎてしまったのではないか。

13東京V
 このクラブは予想が難しい。経営はある程度安定してきたようだが、強さが試合ごとに不安定だ。昨年の8位をどう見るかだが、出来すぎではないか。真ん中より少し下ぐらいの順位で収まると予想する。


 結果:18位
 思ったよりも下だったのはともかくとして、全力さんの活躍がクラブよりも目立っていたのはどうなのか。選手達は頑張ってサポーターよりも目立つようにしよう。

20町田
 川崎Fではさんざんだった相馬監督だが、町田は水に合っているのだろうか。入れ替え戦を制して見事な昇格劇だった。人気者の谷澤や個人的に思い入れの深い中島にも活躍してほしいものだ。今回はJ2に生き残ると予想する。


 結果:7位
 相馬監督は本当に水が合っているのだろう。中島裕希14得点は自己年間最多得点とご立派。

15横浜C
 このクラブはその出自がどうこうよりも今やカズがいるクラブとして有名。昇格とか降格とかよりも安定してカズがいることが重要、そんな気さえする。だから順位予想は昨年の実績と同じ。


 結果:8位
 思ったよりも上だった。カズは来年もやるつもりでいるらしく、それがニュースになっていた。

3松本
 昨年J1では残念ながら16位で降格。その後、岩上ら有力選手が去った。だがJ2では戦える戦力であるし、反町監督もJ2のまま松本を去る気もないだろう。自動昇格を窺うもプレーオフ圏、ぐらいと考える。


 結果:3位
 どんぴしゃりだと却って書くことが無い。

17金沢
 昨年はよもやの大躍進と思わせて終盤失速。12位に終わった。今年は、J2で誰も金沢を知らない、というアドバンテージはない。いくらか順位を落とすだろう。


 結果:21位
 昨年の成績はなんだったのかというほどの急降下。なにが悪かったのか? 私は知る由もない。

1清水
 降格した時は集中砲火的な批判を浴びたものだ。それらはまだ記憶に新しい。だが放出選手は最低限。新監督は名将にして昇格請負人の小林伸二。これは1位を予想せざるを得ない。


 結果:2位
 1位が誰も当てられない札幌だったのだから当たったことにしてくれ。
 テセ大前はタイプが全然違うだけに相乗効果が高かった。あとは小林監督畏るべし、と。

14岐阜
 ムキムキの資金力を誇りながら昨年はあわやの20位。ラモス監督が不確実性の人だし、金の使い方はどうなのかと思わなくはない。ただ、本来の力を引き出せば上位も可能。そこを足して二で割った気分で14位。


 結果:20位
 ラモス監督が去っても強くならなかった。下から3番目は意外。実はそれほどムキムキではなかったのだろうか。

7京都
 かつてエレベータークラブと言われ、J2では豊富な資金力。実際に豊富な戦力。なのに昨年17位。J2の難しさを如実に示したクラブ。だが立て直しに成功した石丸監督であれば、プレーオフにこの戦力であと一歩ぐらいまで持っていけるのではないか。でも石丸監督は愛媛での順位(17位、19位)を再現しただけという気もするので自信はない。


 結果:5位
 あと一歩ではなく、プレーオフ出場。石丸氏は優秀な監督だったようだ。さて、短期決戦ではどうであろう。

2C大阪
 蛍がいなくなったが柿谷も来るし、普通にやれば自動昇格だろう。その普通が昨年は出来なかったわけだが。


 結果:4位
 蛍が戻って来て柿谷が怪我して。それはともかく普通にやるのはむずかしい。プレーオフ圏だし大熊氏がそんなに悪い監督とも思わないのだが、サポーター的には4位で満足はできないのだろう。

9岡山
 赤嶺が移籍してきた。G大阪では全く合わなかったが、ここなら活躍するだろう。昨年の11位よりも順位は上昇すると見る。プレーオフ圏内にいよいよ入るか。いや、残念ながら届かないくらいで。


 結果:6位
 届いたよ、プレーオフに。赤嶺は4得点か。押谷が頑張った。もちろん岩政先生も。

19山口
 J3を圧倒的に駆け抜けた実力は無視できない。J2で生き残るだろう。だが、その実力は全く見ていないのでこのあたりの順位でどうかと。


 結果:12位
 思ったよりも強かった。J3で圧倒すればJ2の真ん中ぐらいなのか。

18讃岐
 ほとんど見ていないクラブを予想していいのかという話だが、他のクラブの順位を埋めていったらここに落ち着いた。全く自信なし。


 結果:19位
 惜しい。

12徳島
 小林監督も去って仕切り直しの年となる。新戦力で期待するのは渡大生。ただ、小林氏のような名将が率いない場合、中位ぐらいで終わりそうな気がする。


 結果:9位
 小林監督でなくてもこれぐらいの力はもともとあったのだろう。

8愛媛
 昨年プレーオフ圏内へ躍進した理由がどうしてもわからない。千葉で5位、愛媛で5位の木山監督は名将なのか。昨年より順位を下げたがあと少しでプレーオフくらいにしておく。


 結果:10位
 本来の実力通りだと思うのだけれども。木山監督は山形に行くそうで、来年の山形は面白そうだ。

11北九州
 ここの資金力と観客動員力を鑑みれば柱谷兄は相当優秀な監督なのだろう。だが一昨年の4位も昨年の7位も出来すぎではないか。というわけで中位の11位。


 結果:22位
 いいたいどうしたんだろうか。柱谷兄は辞めるらしい。

6長崎
 高木さんの長崎は6位デフォルトでいいです。
 上本には頑張ってほしい。もちろん養父も。


 結果:15位
 長崎の6位は隔年らしい。

16熊本
 ここは監督が変わる、それは未確定要素だ。申し訳ないが新加入選手を見ていて大いに実力が上がるとも思えない。昨年の13位よりも若干順位を落とすと予想する。


 結果:16位
 熊本は震災前は素晴らしいサッカーをしていた。プレーオフ圏に入るのではないかと思っていたくらいだ。震災後の苦難と堂々とした戦いには頭が下がるばかりだ。予想順位がどうとか、ここでは意味をなさない。


 来年はJ2の順位予想をやめるつもりでいる。J2を見ていないのに予想は無理だ。J2を見ていないのに検証はさらに無理だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年J2展望検証 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる