折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本2−1サウジアラビア(生観戦) 勝てて良かった(ホッ)

<<   作成日時 : 2016/11/16 22:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 車窓から見る山梨の山は紅葉の盛りだった。だが山を降りて高尾-西八王子間の銀杏並木を見るとまだ少し緑が混じっていた。昼は暖かかったが、夜は北風が入って急速に気温が下がる筈、と天候を読んでいた。だが、思ったほど寒くはならなかった。
 日本代表戦を見に行くのはシュートを打ちまくって外しまくりセーブされまくりだったシンガポール戦以来である。あの日は試合後に大雨に遭ったが、まさか今の季節にゲリラ豪雨はあるまい。
 浦和美園駅は混雑していて駅を出るだけで時間がかかった。試合開始20分前ぐらいに埼玉スタジアムに到着した。私の席はメインスタンド2階席アウェー側。眼下のサウジアラビアサポーターの応援が賑やか。

 GK:西川、DF: 長友・森重・酒井宏・吉田、MF: 清武・蛍・長谷部、FW: 原口・久保・大迫

  噂通り、本田・香川・岡崎は先発を外れた。代わりに大迫・清武はともかく久保には驚いた。オマーン戦での印象があまりなかったからだ。それから長友。アモーレ浮気疑惑報道は冗談にしても、怪我をしていたのではなかったのか。いや、大した怪我ではなかったのだろう。
 サウジの選手名は覚えにくいのだが、3番はオサマ ハウサウィ。彼の名は覚えておこう。

 試合開始。

 コイントスで勝ったサウジアラビアがエンドを変えて、前半は自分の座っている側が自陣になった。私の席は端に近いので敵陣ゴール前はよく見えない。だからボールを持っているのが久保なのか大迫なのか原口なのかわからない。
 代わりに長谷部の動きがよく見えた。ポジショニングがいい。守る時はプレスを容易にかけられる位置にいるし、ボールを持てばびしばし縦パスを通していた。キャプテンマークは伊達ではない。
 日本代表戦の観客席はJリーグよりも賑やかだ。ボールを奪っただけで歓声、シュートを打ったら大歓声。
「あそこでシュートを打つよりも、横にフリーの奴がいたんじゃね?」
などと醒めた目で見ている私は少数派のようだ。といっても本当に惜しい場面もあり、あああれは大迫が打っていたのかと今になって録画で確認している次第である。
 前半、サウジアラビアの決定機が二度ほどあった。日本の好機はつないでつないで、あ、チャンスだ、というものだ。だがサウジの好機は唐突に来る。ドリブルで持ち込んだり、日本のディフェンダーの脇にボールを通したり。だが、サウジの選手はあまりシュートや連携がうまくない。外してくれた。
 前半は0-0と思っていたら、清武が、この時は清武とわかったのだが、シュート。サウジディフェンスの体に当たった、駄目だね、と思ったらハンドの判定でPK。録画で見ると、ボールを受けた3番、ハウサウィはノーマルスピードの再生だといかにもハンドをしたような腕の動きをしている。だが、コマ回しだと胸にしか当たっていないように見える。サウジの激しい抗議にも判定は覆らず。
 前半は1点リードで終了。

 後半開始。久保に代わって本田。大歓声。
 エンドが変わって、一番よく見える選手が本田になった。本田は目立つ。ボールを持てばなかなか取られない。相手へのプレスは本当にプレッシャーになって守備に利いている。後半になってサウジがボールを持つ時間が増えたが、それは本田のせいというよりも、リードしているのに無理をする必要はないという判断によるものだろう。
 観客58420人とアナウンスされた。
 サウジのプレーは乱暴で清武が削られた。中東のチームが乱暴になるのは思うようにいかないからというのもあり、怪我さえなければ悪いことではない。
 64分、清武に代えて香川。大歓声。ネット上では香川のことを悪く言う人が多いが、埼スタはネット上にあるわけではない。ところでロンドン世代の台頭がどうのと言う人は、香川がロンドン世代ということをご存じなのだろうか。ちなみに香川のプレーは目立っていなかった。コーナーキックを蹴っていたなというぐらい。
 80分、日本に追加点。長友が本田とのワンツーで抜け出し、低いクロス。香川が触ってその裏にいた原田が決めた。現場で見ていた時は、「香川がトラップし損ねた、あ、裏に原田がいた、やったー!」と思ったのだが、録画でよく見ると、香川は原田にボールを渡す動きをしていた。日本2-0サウジ。

 あとは試合を閉じればいいだけだ。しかしサウジは当然前に出てきた。90分、サウジがここぞという時にペナルティエリア内に何人も入ってきた。自分の席からは誰か(長友)がかきだしてその後にサイドネットにボールが行ったように見えただけなのだが、判定はゴール。録画で見ると入っているっぽい。
 一点差に詰め寄られた。アディッショナルタイムは3分。ハウサウィが大迫を転がして警告2枚目退場。大迫に代わって岡崎が入ってきた。前で走り回ってプレッシャーをかけようということか。
 93分たっても試合は終わらない。サウジがヘディングシュート。西川が抑えた。まだプレーは続いた。5分以上経った。
 終わった。
 勝った。

 勝てて良かった。ほっとした。後は大急ぎで山梨県に帰るだけだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本2−1サウジアラビア(生観戦) 勝てて良かった(ホッ) 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる