折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS リオOL 日本1−0スウェーデン 勝ちました残念でした

<<   作成日時 : 2016/08/11 13:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 コロンビア-ナイジェリア戦は見ていない。ただ一般論として、一位通過を決めていながら本気で戦う国は多くない。ドイツみたいに、
「どこが相手だろうが、俺たちは勝つのだ」
とか、ブラジルみたいに、
「どこが相手だろうが、俺たちのサッカーは凄ぇんだぜ」
という国は少ない。なお、上記の二ヵ国はW杯で優勝回数が多い。恐らく偶然ではない。
 となれば、日本がグループリーグで敗退した理由はナイジェリア戦の敗戦とコロンビア戦の引き分けによる。せめて引き分けられなかったか、なんとか勝てなかったのか。
 一番痛かったのは○○のアレなのだろうけれども、私も責任を回避したがる日本人なので個人名は書かない。このあたりのメンタリティは、負けそうな試合を引き分けに持ち込み勝てそうな試合で勝つことには向いていないのかもしれない。

 スウェーデン戦の日本は見事だった。ほとんどの時間でゲームを支配した。そしてスウェーデンの好機を希少なものにした。左サイドで崩して大島のクロス、矢島が押し込む得点も素晴らしかった。矢島は交代選手であり、手倉森監督の采配も当たっていた。得点後の守備も危なげなかった。
 欧州相手ではあまり驚くことは起きない。ここで足が出てくるの、ここからシュートを打ってくるの、ということは少ない。日本は勝つべき試合で勝てた。
 試合ごとに日本のサッカーは良くなった。選手起用も当たるようになり、このオリンピックに向いた向かなかった選手も見えてきた。それだけにもう少しなんとかできればグループリーグ突破が出来たのにと残念でならない。今になってオーバーエイジ選手の選び方や終わった試合のことを云々してもあまり意味は無いのだけれども。
 ただ、メダルが取れるチームでは元々無かったかな、とも思っている。

 これを糧にして、か。次のW杯にはこの試合のメンバーが何人か入ってくるだろう。だが、このリオ世代が中心になるのはさらにその先の2022年カタールW杯だ。
 案外、マナウスの暑さを体験したことがカタールで役に立った、ということになるかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リオOL 日本1−0スウェーデン 勝ちました残念でした 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる