折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS リオOL ブラジル1−1(PK5-4)ドイツ、ナイジェリア3−2ホンジュラス

<<   作成日時 : 2016/08/22 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 オリンピックが終わった。
 日本人選手の活躍が楽しかった。
 と言っても、寝ている間に終わったものが多い。日本人がメダルを沢山取ったが、それを取っている瞬間は見ていないものがほとんど。だが大抵のオリンピックがそうだと言えなくもない。

決勝 ブラジル1−1(PK5-4)ドイツ ネイマールのオリンピック

 2年前にブラジルW杯準決勝でブラジルはドイツと戦い、1-7の惨敗を喫した。
 その試合にエース・ネイマールの姿はなかった。準々決勝で大怪我をしたためだ。
 さて、ブラジルには悲願があった。まだオリンピックで優勝をしたことがないのだ。
 ネイマールは自国開催のリオデジャネイロオリンピックにオーバーエイジで出場した。
 その直前のコパ・アメリカには出場せずオリンピックに賭けていた。
 グループリーグ最初の2試合はスコアレスドローで批判も浴びた。
 3試合目から得点力を取り戻し、ネイマールキャプテンのブラジルは快進撃。
 決勝の相手はあのドイツ。
 26分、ネイマールは直接フリーキックを決めて先制した。
 しかし、ドイツも粘る。59分、ブラジルは左サイドを突破され、そこに注意を向けた瞬間にクロス。フリーになっていたマイヤーに決められた。同点。
 試合は膠着状態。延長戦でも決着はつかなかった。
 PK戦。ドイツ5人目ペーターゼンのキックをブラジルGKウェバートンが止めた。
 ブラジルの5人目はネイマール。ここで決めればブラジル勝利。

 こうした話は読み飽きただろうか。
 しかし、所詮サッカーそのものは文章に出来ない。サッカーを書くことは、畢竟そのサッカーにまつわる物語を書くことだ。それにこのオリンピック決勝でピッチに立った22人、監督を含めても、誰でも知っているのはネイマールただひとりだ。
 となれば、この決勝戦はネイマールの物語で、もういいのではないか。
 それほどこの物語の筋書きが出来すぎなのだ。私はもう諦めた。

 ブラジルの5人目はネイマール。
 そのPKキックが決まった。
 ネイマールのオリンピックは、ブラジルの金メダルで幕を閉じた。おめでとうネイマール。


3決 ナイジェリア3−2ホンジュラス からくも逃げ切る

 一応、3位決定戦も見た。
 今更ながらナイジェリアのミケルは頭のいい選手だなと。危ないところ、敵から見ればいてほしくない所に立っている。キープ力があるし、腕一本伸ばすだけでもうボールが取れない。キックも強烈。
 他にはエゼキエルという名前の選手が気になった。その名前は旧約聖書にあるから、先祖がそこから取ったのだろう。調べてみるとナイジェリアはキリスト教徒とイスラム教徒がいるらしい、などと。
 3-0まではナイジェリアがあっさり勝ちそうだった。ホンジュラスはエリスの快速が脅威だがエリス本人のシュートが決まらない。と思ったらエリスが囮になって1点、セットプレーから2点目。ナイジェリアが慌てて時間稼ぎをしていた。
 思わぬ展開だったがナイジェリアが辛くも逃げ切って銅メダル。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リオOL ブラジル1−1(PK5-4)ドイツ、ナイジェリア3−2ホンジュラス 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる