折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 栃木1−0秋田(生観戦) 熱狂のグリーンスタジアム

<<   作成日時 : 2016/07/25 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東北出身の私にとって、宇都宮は東京方面に行く時に通り過ぎるところだった。しかし、人が住む所であればどこでもそれぞれの生活がある。歴史ある地方都市でもある。そしてここにもサッカークラブがある。午後5時開始ならその日のうちに山梨に帰って来れる。
 と、いうことで行ってきた。
 着いたら昼飯の時間。餃子でビール。某有名店で30分並んだ。読書がはかどる。猛暑の日でなくて良かった。餃子は旨かった。ビールもうまい。
 試合開始まで時間があったので少々観光した。宇都宮と言えば釣り天井、ということで城址公園に行った。もっとも釣り天井は創作であり、実際にあったのは本多正純の失脚である。徳川秀忠には家康に重用された古参の譜代大名は煙たかったのだろうか。公園では櫓と一部の土塁が復元されていた。
 その後、二荒山神社に参拝した。こうした神社は地元のサポーターが必勝祈願などをしているのだろう、恐らく。

 グリスタへは宇都宮駅東口からシャトルバスが出ている。東口のバス停ではなく、その先の広場のような所にバスは停車していた。ここからバスで30分。
 外で買った唐揚げとビールを持って中に入った。風があって試合時間の頃には涼しくなってきた。
 栃木SCはこのところ8連勝。観客が多い。席をつめてくださいと係員が繰り返していた。観衆8586人。J3でこれだけ集まるとは大したものだ。
 私の席はメインスタンドアウェー側。秋田のゴール裏を見ると段ボールサポーターが並んでいた。噂に聞いたことはあったが実物を見たのは初めて。

 栃木
GK: 吉満、DF: 広瀬・尾本・菅・山形、MF: 古波津・廣瀬・本間・宮崎、FW: 大石・上形

 福岡のイメージが強い山形は栃木に来て5年目になる。長く新潟で活躍した本間もいる。宮城県出身の佐々木勇人はベンチスタート。話題のロボはベンチ外。

 秋田
GK: 松本、DF: 深井・新里・下田、MF: 日高・河田・山田・浦島、FW: 前山・呉・田中

 水戸、町田、長崎などでプレーした下田がいる。秋田が地元だそうだ。ベンチには清水のレジェンド、甲府でも活躍した伊東輝がいた。オシムがジェフ監督の頃に通訳だった間瀬秀一が、秋田の監督を務めている。

 試合開始。

 栃木は4-4-2、秋田は守備時は5バックになった。目立っていたのは栃木の38番宮崎。右サイドをドリブルでゴリゴリと何度も進んで好機を作った。シュートも打ったが惜しくも外れた。秋田の左サイドは明らかに彼に手を焼いていた。
 概ねボールは栃木が持っていてチャンスも多かった。しかし双方点は入らず前半終了。

 後半も栃木の勢いが良く、コーナーキック3連続など秋田を押し込んだ。と、思ったら今度は逆に秋田がコーナーキック3連続など押し込んだ。吉満のセーブや尾本のクリアなどがあってどうにか栃木は失点せずにすんでいた。
 75分、宮崎に代わって佐々木。宮崎に惜しみない拍手。
 80分、廣瀬に代わってジャーン。ジャーンいきなり中央をドリブル。シュートは空に飛んだがここから流れが変わった。栃木の連続攻撃。こぼれ球が次々と栃木に出て中央からサイドから次々と秋田ゴールに迫った。
 そして試合終了が近づく89分、右サイドから栃木が崩した。秋田GK松本が釣り出された。佐々木のクロスに頭で押し込んだのがジャーン。観客が次々に立ち上がった。グリスタ歓喜。
 ほどなく試合終了。これで栃木9連勝。
 栃木としては最高に盛り上がった勝ち方で、これを見た観客は次も見たいと感じただろう。一方の秋田には心理的に堪える敗戦となった。

 宇都宮駅で御用邸チーズケーキを買って帰途に就いた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
栃木1−0秋田(生観戦) 熱狂のグリーンスタジアム 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる