折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡2−3鳥栖 鳥栖が走り勝つ

<<   作成日時 : 2016/07/23 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 このダービーについての因縁をよその土地に住む人がどう評したらいいのか悩む。
 例えば、違う世界線のJリーグではベガルタよりも先にモンテディオが出来ていて、仙台のサッカーファンもスポンサーも山形に行っていたところ、後からベガルタが出来て、人も金も持っていきました、みたいな話を想像したらいいのだろうか。いや、それであってるのかどうかよくわからない。
 福岡も鳥栖もそれぞれに苦境があったクラブだが、このダービーをJ1で行えたというのは両者にとって喜ばしいことではないだろうか。と、無難なことを書いておこう。

 前半はどちらも守備意識が高く、両チームともなかなかシュートに入れなかった。後半勝負だな、とは思った。後半に入れば守備は緩んで互いに隙が出てくる。そこを突いた時に決定力の差が出るだろう。それなら、恐らくは豊田のいる鳥栖の勝つ可能性のほうが高そうだ。
 この予想は半ば当たり、半ば外れた。

 先に隙を突いたのは福岡。50分、金森がドリブルで抉ってクロス。それをカットしようとした福田がオウンゴール。福田の裏には平井がいたから福田が無理に足を出したのは仕方がない。となれば、実質金森のゴールだ。
 さて、福岡が残り40分も守りきれるのか、と思ったが、それは簡単ではなかった。59分、吉田豊、甲府に4年いたので個人的に懐かしい名だ、のクロス。ファーに入ってきた鎌田が力強いヘディングのゴール。同点に追いついた。

 ここからは鳥栖が走り勝った。こぼれ球への反応が速くボールを次々に奪っていく。たまに福岡がカウンターに入れそうな場面もあったが、その時は戻りが早い。鳥栖は明らかに福岡を圧倒していた。
 福岡は68分に坂田を入れるなど、どうにかして流れを呼び戻そうとしたが焼け石に水だった。勢いのままに76分、87分と鳥栖が得点。アディッショナルタイムに福岡が1点返したがタイムアップ。

 結局、同点以降は走力で優る鳥栖が得意のパターンに持ち込んで勝ちきった。現状では順位同様に鳥栖が上、と思わざるを得ない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福岡2−3鳥栖 鳥栖が走り勝つ 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる